「家」+「庭」

325

 

今週末は、4軒のお客様の敷地環境調査がありました。

この敷地環境調査、家づくりを進めるプロセスで、入口の部分ではありますが、非常に重要な工程です。

菊池です。

僕らが提供させて頂いている住宅は【注文住宅】であり、戸建住宅という分野。

集合住宅とは決定的に違うポイントが、”敷地”という資産の活用ができるという点。

この”敷地”という要素を、住宅という空間の要素とを分けて考える事自体ナンセンスなお話。

仮に、延床面積35坪の住宅空間を最大限に利用・活用する考えに終始し、敷地は駐車スペースに玄関までのアプローチという概念で家づくりをするぐらいなら、リビングの窓越しに望める高台からのビューを楽しめる集合住宅の方が、僕はいいかなと思うタイプ。

戸建住宅の最優位性は、敷地の活用が可能な事。

この事に気付けると、コストの考え方から、四季折々の暮らし方、楽しみ方などが溢れてきます。

そういう視点で、折角の家づくりを楽しみながらできる事も、注文住宅の優位性かと思います。

今週末は、そんな暮らしを実現しているお宅の見学ツアーを企画しています。

既に定員は超えていますが、この日程しか参加できない!というご家族の方は、遠慮なくご相談下さいませ。

それでは、また。

★幣社公式アプリのダウンロードは、こちらから★

     ↓ ↓ ↓

b

c

★過去ブログ記事はこちらです★

    ↓ ↓ ↓

%e6%97%a7%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0

Continue Reading