缶詰

本日OFF日。

週末少年野球は、第5日曜日なので定期休養日。

この「第5日曜日」は、1年通じて意外と少なく、4回のみ。

ある意味、希少な日ですが生憎の雨日。

チビ達は、とっとと遊びに出かけ不在になり、僕はというと珍しく終日在宅でした。

のんびりし過ぎて、返ってリフレッシュできていないかもしれませんσ(^_^;)

明日から後半戦。

このところ続いている週末雨日から脱却してほしいなと(〃∇〃)

今週も、どうぞヨロシクお願い致しますm(_ _)m

それでは、また。

No.4781

★幣社公式アプリのダウンロードは、こちらから★

↓ ↓ ↓

b

c

★モデルハウスのご案内はこちらです★

↓ ↓ ↓

1

Continue Reading

ここから

本日OFF日。

週末少年野球1日目は、中1の長男の公式戦を観戦に球場へ。

彼の公式戦を観るのは半年ぶり。

普段は3年生以下の野球を見ているせいか、中学生の野球の精度が超新鮮(^ε^)♪

やっぱり野球はオモシロイですね♪

画像は、長男がチームから頂いた背番号。

長男曰く、「悔しい」と。

この悔しさが血となり骨となるかも、自分次第。

彼にとっては、中学野球も最高のスタートラインに立てたかなが、父の感想。

野球の背番号は、例えれば偏差値のようなもので、IQではない。

この数値は、己の努力の質と量で、いくらにでも変動させられるもの。

制限時間内のゲームです。

父としては、また彼の目標に対して付き合える事が嬉しいだけですけどσ(^_^;)

それでは、また。

No.4780

★幣社公式アプリのダウンロードは、こちらから★

↓ ↓ ↓

b

c

★モデルハウスのご案内はこちらです★

↓ ↓ ↓

1

Continue Reading

『土間』のある家です♪

今月末は、「完成見学会」です。

ご案内させて頂く現場は、もちろん完成しておりますので、空気感や清涼感を感じて頂きながら、ご自身がそこに住まわれるとしたら、という目線で動線や配置、使い勝手等をご体感頂ければと思いますが、完成までの工程プロセスも気になるところかと。

そこも公開させて頂いております  (^_^)v

是非、覗いてみて頂き、家づくりの参考にして頂ければ幸いです (*v.v)。

それでは、また。

No.4779

★幣社公式アプリのダウンロードは、こちらから★

↓ ↓ ↓

b

c

★モデルハウスのご案内はこちらです★

↓ ↓ ↓

1

Continue Reading

働き方・考え方

約100名参加での安全大会も無事に終了。

4~5年前より、審議や議事に対する決裁が非常にスピーディになりました。

各協力業者の方に、折角お集まり頂くので、ある程度の時間を費やして議事や講座の時間を作るという価値観は今は昔。

目的は、各議案の決裁と次年度の計画に対する共有と決議。

やるべき事の理解が得られる時間はより短い方が、その生産性は高い。

という文化や思考が、この分野では徐々に浸透してきた感が感じられる会議でした。

次は、本家本元の社内ですね(T▽T;)

働き方改革は、ポジティブな施策と捉えて取り組んだ方が面白いと思う (^ε^)♪

それでは、また。

No.4778

★幣社公式アプリのダウンロードは、こちらから★

↓ ↓ ↓

b

c

★モデルハウスのご案内はこちらです★

↓ ↓ ↓

1

Continue Reading

研ぎ澄ま・・・せたいσ(^_^;)

週中の水曜日。

頭もカラダもキレが足りないので、今宵はジムで汗をひたすら搔いて帰ろうかと。

菊池です。

明日は年一の安全大会という弊社主催の施工部門の年次総会。

これが終わると、2019年も折り返し。

これからの半年間は、2020年の事業計画を遂行させるために費やす時間が殆ど。

何事も、真剣勝負には心技体が研ぎ澄まされてこそ、目指す着地点に到達できるんだと思います。

前半、上手く折り合わなかった部分の修正と、その部分も補うアグレッシブな施策の実行がスタートダッシュのポイントですかね。

という事で、今宵は定時上がりで、カラダを虐めて心技体の「心」と「体」の修復に行ってきます (^_^)v

それでは、また。

No.4777

★幣社公式アプリのダウンロードは、こちらから★

↓ ↓ ↓

b

c

★モデルハウスのご案内はこちらです★

↓ ↓ ↓

1

Continue Reading

命日

彼の没後10年が経ったそうです。

随分と昔のような感じもしますが、今日はマイケルの命日という事で、勝手に思い出に更けようかと (-^□^-)

僕が当時、ブラウン管に釘付けになった映像BEST3です。

BEST3:1993年スーパーボウル ハーフタイムショー

彼の登場シーンに鳥肌 (〃∇〃)

BEST2:1997年 Billie Jean Live in Munich 

Billie Jeanと言えば、モータウンの映像ですが、僕はこっち。

BEST1:1983年 Thriller

1983年12月24日のクリスマス・イブに、TV番組『ベストヒットUSA』でフル尺で初公開された夜のあの衝撃は、今も忘れられません。

・・・なんで死んじゃったかなぁと(T▽T;)

今夜は呑もうと思います(T_T)

それでは、また。

No.4776

★幣社公式アプリのダウンロードは、こちらから★

↓ ↓ ↓

b

c

★モデルハウスのご案内はこちらです★

↓ ↓ ↓

1

Continue Reading

確認作業として有効です

 

手作りのパンだから美味しいのか、美味しいパンは手作りなのか。

結論は、手作りか否かがユーザーにとって重要な事ではなく、最も重要なのは「美味しいパンである事」。

僕らが提供する住宅は、「注文住宅」という分類にカテゴライズされる住宅を造っているので、云わばバリバリの手造り。

「手造り」という意味が、手間暇かけながら、時間を顧みずに、というような、丁寧に、慎重にというイメージで、捉えているので、僕にとってこのワードは基本ポジティブ。

しかし、裏側から見れば、時間を掛けて良い製品を造るというレベルはプロとしてどうなのか?という、ちょっと厳しめのイメージを実際存在し、そりゃそうだとも思う。

職人一人一人が心を込めて造るという形容は、云わば当たり前で、最も重要な事は、ユーザーが求めるレベル以上に出来ているのか否か。

まさに、「満足度>期待度」という構図を実現できている住宅か、どうかという事かと。

そのような事実を確認する作業としては、最も有意義な企画の一つが、「完成現場見学」という住宅の公開企画。

僕らが提供する住宅の良し悪しを、率直に感じて頂ける時間ですので、是非この機会をご利用下さいませ♪

それでは、また。

No.4775

★幣社公式アプリのダウンロードは、こちらから★

↓ ↓ ↓

b

c

★モデルハウスのご案内はこちらです★

↓ ↓ ↓

1

Continue Reading

夏に向かって♪

本日OFF日。

週末少年野球2日目というか、昨日は悪天候理由で休止したので、1日目かな σ(^_^;)

お天気は相変わらず、不安定という表現がピッタリの曇り時々チョット雨パラパラ状態。

子供たちはというと、そんな空模様などお構いなしに、グラウンドで今できるプレーをワイワイガヤガヤと(-^□^-)

今のチーム事情はというと、大人目線の悩みが入部を希望してくる子供の減少。

中小企業の悩みとほぼ一緒ですσ(^_^;)

そんな状態ではありますが、ご縁を持てた子供たちと、週末に一緒に野球を通じ自己成長するための時間を過ごす事は変わりません (^_^)v

8-9歳児たちと50歳のオヤジの熱い季節は、これからが本番。

夏の大目標はハマスタ制覇。

目標は、高くデカい方が楽しい♪

今週も、どうぞよろしくお願い致しますm(_ _)m

それでは、また。

No.4774

★幣社公式アプリのダウンロードは、こちらから★

↓ ↓ ↓

b

c

★モデルハウスのご案内はこちらです★

↓ ↓ ↓

1

Continue Reading

自然の摂理

本日OFF日。

週末少年野球1日目は、微妙なお天気に翻弄されながら、最終的にはお天気アプリに従って練習は中止に。

朝から土砂降りにだったりすると、迷わず中止のジャッジもできますが、降ったり止んだりみたいな時は、迷いますね(T▽T;)

中止のジャッジの後に、降り続く雨空を見てホッとしてみたりと、自分の判断を正当化したくて仕方のないような、ちょっとした情緒不安定かと思う時がありますσ(^_^;)

明日もまた微妙な天気なんですよねぇ~(゚_゚i)

とは言え、大自然は執着停滞しないので、従うまでなんですけど(T▽T;)

それでは、また。

No.4773

★幣社公式アプリのダウンロードは、こちらから★

↓ ↓ ↓

b

c

★モデルハウスのご案内はこちらです★

↓ ↓ ↓

1

Continue Reading

偶然か必然か

先日、ある書籍にこう書かれていた。

「やりたい事」というのは偶然という環境で出会った、触れた、感じた事から、そうなった事で、「できる事」というのは必然の上での事である。

どちらを選択しても正解はないが、どちらの選択をするかで、結果と未来は変わるかもしれないと。

確かに、そうだなと。

自分はと言うと、「できる事」を選択していく事で、結果的にやりたい事に繋がっている人生のような気もしています。

今のところ、そこに後悔はないが、何となく「やりたい事」をやっているように見える人を羨んだ目線の時もあったと思う。

しかし、思い起こせば、我が子には「できる事をキッチリやれ」というフレーズが多いが、他所の子や友人には「やりたい事」をやった方がいいよ、などというフレーズを使う事が多いような。

あまり意識した事は無かったが、本心と言ってる事が乖離しているなと気付いた時は、チョット凹みましたね(T▽T;)

「できる事をやれ」と言う大人より、「やりたい事をやれ」と言える大人の方が、無意識にカッコウイイとも思っていたんだと思いますσ(^_^;)

50歳にしても、学べる事は尽きません  (;^_^A

それでは、また。

No.4772

★幣社公式アプリのダウンロードは、こちらから★

↓ ↓ ↓

b

c

★モデルハウスのご案内はこちらです★

↓ ↓ ↓

1

Continue Reading