曖昧に

574

専有面積と付加価値面積

この両方が機能的に交わる事で、暮らし全体の質が変わると思います。

そのコツは、空間と空間を分断させない事。

図面上で表現した区割りが、実際には曖昧な繋がりになる事で、実際の面積より体感上、より広がりを感じる事になります。

食事をする場所、寛ぐ場所など、用途と空間を限定せず、食事をしながら寛げる空間構造がよろしいかと(-^□^-)

そんな空間を、住宅展示場内のモデルハウスでご体感頂ければ、よりご理解頂けるはずです。

ご家族皆様で、是非に\(^_^)/

それでは、また。

★幣社公式アプリのダウンロードは、こちらから★

     ↓ ↓ ↓

b

c

★モデルハウスのご案内はこちらです★

    ↓ ↓ ↓

1

★過去ブログ記事はこちらです★

    ↓ ↓ ↓

%e6%97%a7%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0

Continue Reading