災い転じて的に。

様々な場面や場所等での自粛要請が継続中の現在、これまでの通常業務や日々の暮らしぶり等に変化を求められて約1か月。

災い転じて福となすとまでは言わないが、今回の自粛要請からの産物として、様々な分野での「デジタル化」は、やはり必須なんだろうなと感じています。

自社に関しては、在宅業務すら実行しておりませんが、やれば出来る分野は多くあったはず。

何も会社のデスク上でなければ出来ない業務ばかりでもなく、オンラインでできる環境にすればできる事ばかりのような気もしてます。

物造りが基本ですので、現場在りき思考は基本線ですが、その管理の仕方も、今やオンラインで出来る範囲は多岐に渡る事が出来るのかとも。

これには、まず考え方として、自社の場合全ての職種ではありませんが、報酬の単位を「時間」から「成果」にシフトする事が必要なんだろうなとも思います。

会社に出勤して、「定時」を境に残業や代休等の決定根拠も、全て「時間」評価なので、この思考から抜け出せないと、オンラインは無理なのかなとも。

何はともあれ、変化する機会であるのは、間違いないような気がしてます。

仕事の場合、大きな失敗もせず、そんなに正しくない方法や手法を選択したとしても、成果が出ちゃう、出ちゃったみたいな事もあったりするので、そこからのチャレンジは、普通に考えれば難易度高めですが、まだもう少しこの環境は継続させられそうな気もしてるので、収束する前に何か手を着けてみたい。

それでは、また。

No.5013
★幣社公アプリのダウンロードは、こちらから★

↓ ↓ ↓

b

c

★モデルハウスのご案内はこちらです★

↓ ↓ ↓

1

You may also like