大事にしている事

 

弊社の住宅は、工業化製品のように、均一化された精度かと言えば、厳密には違います。

ほぼ全てが現場での製造過程において、現場製作。

すなわち「手造り」。

この「手造り」の価値をどう捉えるかは、十人十色だと思います。

一見、精度も品質も均一化されている方が、良い物だろうと思います。

しかし、それは何を製造するかで変わるかと。

僕らが提供する住宅の考え方を、実際の工程に当て込んでいくと、工場で生産した資材を、そのまま現場で取り付けるという箇所は、水周りの設備機器等や、窓、玄関ドアくらい。

建築資材の代表的な例でいう、外壁材は左官という技術ですし、断熱材は、セルローズファイバーという現場施工しか出来ない工法。

何故?かと問われれば、健康に過ごせる空間を徹底的にこだわると、現場施工以外のものしか選択肢として無いというのが結論。

結果、「手造り」という訳です。

自動車にように、ラインで流れて機械製造する事も出来ないので、「精度」や「品質」に疑問を持たれる方も居て不思議ではありませんが、今時の住宅は、家電製品や自動車と同じように、その住宅のスペックを数値化できる仕組みもあるので、そこが心配という方にはお勧めです。

しかし、あのメルセデス・ベンツの最高級車のエンジン部分も、今では認定された職人の手造りです。

左官や塗装など、微妙なセンスやタッチなど、やはりいい物は手造りじゃないと、出来ないという結論もありだと感じています。

「下町ロケット」の「佃品質・佃プライド」の世界観ですねσ(^_^;)

それでは、また。

No.4867

★幣社公式アプリのダウンロードは、こちらから★

↓ ↓ ↓

b

c

★モデルハウスのご案内はこちらです★

↓ ↓ ↓

1

You may also like