世代問わず

ある業界誌の記事で、今回のコロナ禍において、住宅に対する価値観が大きく変化した家族が、今、一生懸命に家づくりを行っているという内容が。

外出自粛が強いられた事で、家の中での生活が殆どを占めた時間。

この時間を経験した事で、いかに住み易く、居心地の良い家・空間が、生活する上で重要なのかに気付いたとうユーザーが増加した・・・という話。

その通りと、迷わず言えるが、それでは何故?今までその部分の遡及を上手に出来ていなかったのか・・・という反省も自社の場合多くあるかと。

居心地や住み心地はの「良さ」は、個人個人それぞれが感じる事ではあるが、年を重ねるにつれて、その部分が増してくように感じてもらえる家づくりが理想だ。

老若男女問わず、「やっぱり我が家はいい」と素直に言葉にしてもらえる家。

目指す頂は高いが、そこに携わる事は、一つのやりがいでもある。

家族に愛される家でなければ、そもそも資産価値は生まれないかなとも。

画像は、「バックトゥザフューチャー」

1985年公開のハリウッド映画。

僕は劇場で3作とも観た。

あれから35年。

先日TVで3部作放送されたので、家族4人でドップリと。

10歳のチビから51歳のオヤジまで、同じ価値観でみれる35年前の作品。

下のチビには物語の性質上、[マーティ]がのび太で、[ドク]がドラえもんに見えるらしいので、とても面白かったそうです (;^_^A

年代問わず愛される映画は、いつまで経っても錆びつきませんね(^ε^)♪

それでは、また。

No.5111
★幣社公アプリのダウンロードは、こちらから★

↓ ↓ ↓

b

c

★モデルハウスのご案内はこちらです★

↓ ↓ ↓

1

You may also like