冬景色堪能

こんにちは。

相陽建設、現場監督の稲崎絵梨香です。

 

一ヶ月ほど前の話になりますが、白川郷に行ってきました!

学生の頃よりいつか行きたい、と思っていた念願の場所でした。

 

車が好きな友人に運転してもらい、早朝に出発しました。

運転が上手ではありますが、雪道で大丈夫かな、と個人的に心配でした。

しかし、今年は暖冬。

道すがら雪がちらほら降ることもありましたが、雪も少なく所々地面が見えていました。

「もしかしたら現地でも雪が無いかもしれない・・・」

と、道中話していました。

 

現地に着いて、展望台となっている駐車場から、いざ白川郷を見下ろしました。

雪が完全に無いと言うわけではありませんでしたが、急勾配の茅葺き屋根である為、屋根の雪はありませんでした。

それでも、山のふもとに広がる光景は、いつも自分たちが見ている光景とは違い、

どういった暮らしをしているのか、近付くにつれ想像が膨らみました。

 

近付いてみると想像以上に大きく、屋根には溶け切れていない雪がまだ少しありました。

天候はとても過ごしやすく、日向にいると暖かさをも感じました。

しかし、日陰にいるとぐっと気温は下がり、まだしっかり冬でした・・・

いざ、見学できる「神田家」というひとつの家屋に入りました。

四階建てとなっており、一階は窓のある南面は暖かな陽射しが差し込んでいました。

一階の居間には、中心に囲炉裏があり、明るさとしては囲炉裏が一番明るいくらいでした。

だからこそ、囲炉裏のありがたみというか、そこに人が集まるのかな、と私もしばらく火の動きを眺めていました。

二階以上も窓が少なく、非常に暗い印象でした。

よく考えてみれば、屋根の面積が相当あるので、暗いのは当たり前か、というところではあります。

夜は囲炉裏を囲ってすぐ寝るような生活になりそうです。

囲炉裏の居心地は良いですが、常に煙たく、焼肉以上に服が臭くなってしまうので、洗える服で行くことをお勧めします。

 

Continue Reading

雪のち晴れ

こんにちは。

相陽建設、現場監督の稲崎絵梨香です。

 

最近、天気予報で関東も雪マークが見られるようになって来ました。

そして、私も先日目と肌で雪を感じました。

現場近くの山が雪を被って白くなっていました。

なかなか関東の市街だと雪を見ることも少ないので、積もったな~と目にすると、少しテンションが上がります。

とうとう私の初現場もそろそろお引渡しです。

晴れが続いているので、雪で行けなくなる・・・なんてことがこのまま無い事を祈っています。

 

Continue Reading

季節限定されない

こんにちは。

相陽建設、現場監督の稲崎絵梨香です。

 

先日、お休みに鎌倉へ行ってきました。

主に美味しいものを求めて食べ歩きをしていたのですが、さすがにお腹もいっぱいになるものです。

さて、どうしようか。となると、大抵海に行きます。

私の友人は、「山より海派」が多く、私もその一人です。

山派の友人からすると、冬の海は寒いイメージが強く、やはり夏=海という季節限定な感じがあるそうです。

正直寒さはありますが、日が落ちる前であれば陽の暖かさもあります。

冬の海は泳いでる人がおらず、そのままの海を楽しめます。

しかも人が少ないので、好きなように海を楽しめます。

個人的には、海は季節限定されないです!

時間帯によって景色が変わるので、小腹がすくまでの時間つぶしに海へ行きましょう!

お昼と夕方、長谷駅付近の海の写真を共有致します。

Continue Reading

寒いからこそ!

こんにちは。

相陽建設、現場監督の稲崎絵梨香です。

 

関東で初雪も見られたりなど、近頃はより一層寒くなってきました・・・

朝が本当に冷え込むので、これ以上ない防寒対策になりつつあります。

後はマスク、手袋、帽子くらいでしか防寒対策ができず、まだ遠いであろう春を待ちわびています。

寒さに弱い私は、温泉が大好きです。

最近家ではシャワーのみということもあって、お湯に浸かれることから、以前より温泉好きが増しました。

そして、年始は楽しみにしていた箱根温泉旅行へ行ってまいりました。

箱根は初めてではないのですが、混雑状況が激しいこともあり、いつもは箱根神社に行くので精一杯でした。

今回は、ロープウェイや遊覧船を用いての観光となり、有名どころではありますが、箱根の見所を共有させていただきます。

 

3年前に小規模な火山活動が起こった、大涌谷。

私は初めて行く場所だったので、大自然の偉大さに感動し、なんだかカッコいいと感じました。

硫黄の香りに覆われ、周りでは黒たまごを皆揃って食べていました。

ゆでたまごのぱさつきが苦手で私は食べなかったのですが、味はやはり普通のゆでたまごのようです。

ロープウェイから見下ろすと、作業するような足場があり、異国の光景のように思いました。

それほど、見慣れず私は興奮してたんだなと感じます。

 

そして、大変嬉しいことに天気に恵まれ、美しい富士山を眺めることができました。

観光で天気が良いのは本当に重要で、写真も青空と太陽光が一番です!

富士山は綺麗に見えてこそですね!

 

楽しみにしていた温泉は、想像以上に温まることができ、お風呂の種類も多かったので、熱すぎるお湯でのぼせることもなく入りやすかったです。

温泉が好きすぎて、4回も温泉に入ってしまいました・・・

冬だとのぼせても温度調整がすぐできるので、冷たい風が心地よかったです。

湯冷めには要注意ですが・・・

寒いからこそ、どう楽しく過ごすのか、この冬も乗り越えていきます!

Continue Reading

好きな季節は・・・

こんにちは。

相陽建設の現場監督、稲崎絵梨香です。

 

最近は朝と夜にグンッと冷え込んできて、寒さをどう凌ぐか・・・というところです。

色んな方と暑さと寒さについて話すのですが、私は寒さのほうが苦手です。

寒いと体が強張り動けなくなります。

どんなに運動をしても、無理に動かしている為か、喘息持ちの私はすぐ呼吸困難になることもあります。

夏の暑さも辛かったですが、むしろやる気になってアドレナリンが出てくる感覚になるので、暑さのほうが耐えられます。

なぜだかは不思議ですが、寒さにめっぽう弱いので、これからの押し寄せてくるであろう寒波が怖くてたまりません・・・

 

そんな私の好きな季節は、秋です。

もう過ぎ去ってしまいましたが、美味しいものがあって、夏の暑さから過ごしやすくなって、何より景色が鮮やかになる部分が大好きです。

秋は色んな場所へ旅行へ行きたいのですが、春と秋のいい時期にまとまったお休みがないので、遠出はできませんでした。

よって、今年の秋は国立にある昭和記念公園へ行ってきました。

もうすっかり冬ではありますが、過ぎ去ってしまった大好きな秋の写真を共有させてください・・・

私が訪れた日は、イチョウが全体的に黄色く色付いていました。

まだ少しは青い部分もありますが、いい時期だったと思います。

上も下も一面黄色で、思わず走り回りたくなりました。

しかし、足元に気をつけないと大量の銀杏も落ちているので、要注意です。

また、園内にある日本庭園の紅葉も見事でした。

緑、黄色、赤が色混じり、少し早い時期ではあると思いますが、鮮やかさが際立っていました。

池に建つ橋や休憩室が水面に写ると、空間が広がっているようで不思議な感覚になります。

昔の時代では、和歌だったりでよく見られるような、お互いに遠くから眺めたりなどあったのかな、と思いながら、拝観しました。

また、一年後となってしまいましたが、季節折々の風景は本当に美しいです。

時期があるゆえ、大事な瞬間を逃さないよう、タイミングの大事さを痛感する日々です。

Continue Reading

ご報告です!!

こんにちは。

相陽建設、現場監督の稲崎絵梨香です。

 

前回の投稿から一ヶ月以上が経ってしまったという、久々の投稿となります。

年末の忙しさに目の回るような周りを見て、何かお手伝いできることを伺いつつ、根本的解決へ繋がるには、と現場監督をしながら自分なりに考える日々でした。

そんな中、ようやく社内で作業できる時間がつくれたので、遅くなりましたがご報告させていただきます。

以前話していた二級建築士試験発表が、先週の12月6日にありました。

当日、発表は09:30だったのですが、現場での確認検査があったので、結果が出ている中なるべく考えないように仕事に就いていました。

現場でお昼休憩となったので、緊張の中、資格学校からの電話に出ました。

結果は・・・

【 合格 】

でした!!!!!

電話の第一声で、「おめでとうございます」という言葉をいただいて、少々戸惑いつつも、安心感と喜びの感情が溢れました。

本当に頑張って良かったな、と感じるばかりです。

社会人一年目というのは、経験が全く無いのでどれ程時間が取れるのか、予想も付きませんでした。

それでも周りの方が協力してくださったり、様々な声掛けをいただいたからこそ、合格できました。

この場をおかりして、皆様に感謝の言葉を贈りたいと思います。

いろんな場面で気にかけてくださり、小さな事でも励みになりました。

本当にありがとうございました。

ただ、“設計”をいつかやるからには、個人的にまだまだだと感じました。

高みを目指し、再来年一級建築士を取得したいと考えています。

実務経験が必要なので、二年後の為に勉学を積み重ねていく所存です。

Continue Reading

担当現場、工事再開です!

こんにちは。

相陽建設、現場監督の稲崎絵梨香です。

 

以前ブログでも載せていましたが、担当現場が夏から始まっています。

しかし、職人不足で工事が進められず、工事が止まっていました。

そして、やっと本日工事再開となり、不安と嬉しさでいっぱいです。

それでも嬉しさのほうが勝っているように感じます。

 

基礎だけの状態であった現場に、初めて木材が搬入されました。

大工さんが加工すると、木くずが舞い木の匂いが香ってきます。

そんな時、木が好きだな、と改めて思います。

基礎の上には気密性の高い黒いパッキンが外周部には隙間なく、室内部は荷重のかかる部分に短いパッキンが敷かれて、その上に土台と呼ばれる木材が乗ります。

そして、大引、根太、床、・・・と、家の構造材が組まれていきます。

 

今までは土台敷きをまじまじと見ることがなかったので、担当現場ということもあり、大工さんの仕事ぶりを間近で見ていました。

二人の大工さんで進めているのですが、お互いの順序がもう決まっているようで、少し目を離せば、どんどん次段階へと進んでいました。

黙々と働く姿は、まさに職人技で、目の当たりにするとかっこよくて惚れ惚れします。

早い作業に見えますが、木材は重く、加工済みの木材は替えがきかないのでミスはできません。

集中力と力仕事は、相当な体力の消費だと思います。

職人さんがなるべく工事を進めやすいよう、段取り命の現場監督、頑張ります!

 

Continue Reading

念願の秋晴れ

こんにちは。

相陽建設、現場監督の稲崎絵梨香です。

雨も少し見られますが、秋晴れが続いていてとても嬉しい最近です。

秋と言えば、紅葉なのですが・・・

さすがにまだ色付くのもちらほらあるかな?程度です。

そんな紅葉前である10月では、コスモスやススキが綺麗です。

休暇で山梨に行きまして、写真を撮りましたので、少しばかり共有させていただきます!

こちらは、富士山が見える温泉地からの景色。

見事な雲海により、生憎見えませんが、一羽の鳥と雲に飲まれる山々はかっこよかったです。

こちらは、見たままですが山とススキです。

少し時期が早かったのか、まだ開ききっていないススキが多かったです。

それでも、風に揺れるススキは秋を感じさせてくれました。

こちらは、花の都公園にてコスモスです。

台風の影響で花が倒れてしまっているものが見受けられました。

写真の周りに花が少なかったり、低く横に倒れているのが写真でもわかります。

強く綺麗に咲いている花が数本である状況でした。

工事現場でも台風の被害が何件か出てしまいました。

災害大国である日本では、いかに乗り越えるか、被害を抑えられるか、に尽きると思います。

あらゆるところで感じる被害を見て、危険を察知し準備することの徹底に励まなければ・・・と、改めて感じました。

Continue Reading

雨ばかりの秋

こんにちは。

相陽建設、現場監督の稲崎絵梨香です。

ようやく猛暑が終わったと思ったら、ずっと雨ばかりの秋がやってきました。

梅雨がなかったからでしょうか。

秋雨と台風とで、憂鬱な日々です・・・

秋晴れの心地よい日を待っていますが、いつの間にか冬になってそうで怖いです。

 

さて、今回は雨の日の現場についてお話します。

雨が続いて、基礎コンクリートがなかなか乾いてくれません・・・

基礎の上部には、土台・大引き・根太・柱・梁・・・と木材が立ち上がります。

木材からは大工さんのお仕事なのですが、基礎部分が濡れていると木材で蓋をしてしまう関係で必ず乾かさなければなりません。

いわゆる床下ということになるので、完全に蓋をしてしまう前に綺麗にコンクリートだけの状態にします。

その為にも、掃除としてスポンジで水を吸ったり、ほうきでごみを掃いたり、現場監督の仕事です。

ただ、雨が続くと外壁もまだないので雨が入ってくるばかりです。

ブルーシートを張ったりもしますが、酷い雨には敵いません。

今回は、上棟も終わり、仮床を並べて部材も上に載ってしまっている状態なのに、長い大雨により基礎に水たまりができていたので、床下に潜る事となりました。

初めての床下はとても寒く、さらにコンクリートなので這っている事で、身体が冷えるばかりでした。

こんなところに業者さんは入り込んでるのか・・・と、改めて大変さが身に沁みました。

身長も低く小柄な為、入りやすさは上でしょうからお役に立てて良かったです。

ずっと入ってるにはさすがに身体中が懲りそうですが・・・

K様邸

また、こちらの現場では瓦が緑色です。

白い壁に緑の瓦が、とても好きな組み合わせなのでこれからが楽しみです。

無事に完工できるよう、そろそろ台風も来ないところです・・・

K様邸

Continue Reading

木のいい香り

こんにちは。

相陽建設、現場監督の稲崎絵梨香です。

 

今回は、現場のことについてお話しようと思います。

家づくりには様々な工程がありますが、「上棟」という大きな工程があります。

大抵一日で終わるのですが、 本当におめでたい日で、吉日でなければ施工しません。

内容は、構造の主要の部分である柱、梁、屋根部分までを組み立てていくものです。

家全体の形が分かる骨組みを組むので、倒れないように一気に組み上げなければならないので、非常に大変な作業です。

大工さんも何人かの方に集まってもらい、大型車で木材を吊り上げながらの大掛かりな作業は、圧巻です。

それと同時に、危険極まりない作業でもあるので、私はいつも見守っていたり、ごみ拾いなどの雑務でしか手伝えることがありません。

安全に、スムーズに、気持ちよく作業できる環境づくりが私の仕事です。

 

上棟すると、より細かい窓や筋交いなど、大工さんがつくり上げていきます。

上棟してすぐはとてもいいにおいが広がっていて、深呼吸ばかりしています。

無垢の木材だと触り心地も暖かく、思わず触ってしまいます。

個人的に、小屋裏や下屋の屋根下地が好きです。

閉ざされてしまう空間ですが、外からの雨風を凌ぐために美しく並べられた姿がたまりません。

T様邸 T様邸M様邸M様邸

Continue Reading