無料公開-その2-

11

 

一時は、福山雅治より売れたんです\(^_^)/

という事で、昨日の続きからどうぞ。

********************************

「立地」の比重を再考する


私の会社を訪れる、土地をお持ちでないお客様も、最初は皆さん一様に「まずは土地から」と考えられ、「できれば立地条件の良いところを」「通勤にも便利な駅の近く
がいい」と、土地に対するご要望から話をされます。

私自身も数年前までは、土地のないお客様に対しては「まずはご希望に添う土地を探さなければ」と、土地に対するご要望を最優先にお聞きし、それに合った土地を探すことに一生懸命でした。

なぜなら、家を建てるそもそもの場所である土地を買っていただかなければ、次のステップに進めないからです。

ところが……。

やっとの思いで理想の土地を購入し、いよいよ夢だった理想の家づくりを具現化するためプランの打ち合わせに入ると、お客様からもれてくるため息の多さ。

そして、私も何度も繰り返してしまう常套句、「それはご予算的に……」の言葉……。

そんな暗い打ち合わせを繰り返しながらも、私も始めの頃は「理想の土地を購入されたのだから仕方ない」と考えていました。

しかし、家を売るセールスマンの性でしょうか、いつの頃からか、この土地優先の考え方に疑問を感じるようになってきました。

「私がお客様に提案しているのは、家であって土地ではないはず。

お客様ご自身も、理想の土地が欲しくて我が社に来たのではなく、理想の家を購入したくて足を運んでくれたのでは」と……。

ここで着目していただきたいのが、生活の場である「家」と、その家が建つ「土地」との関係です。

皆さん、家を購入しようとしているからには、それぞれに予算は決まっています。

土地が駅の近くであろうと、遠くであろうと、「これ以上は出せない」という金額の上限が当然あります。

したがって、問題は「その中での土地と家との配分」ということになります。

立地にこだわる方の気持ちも、もちろんわかります。

「駅前に安いところがあれば……」と思うこともしばしばだと思います。

しかし、残念ながら「現実」はそうではありません。

当たり前ですが、駅に近い、利便性の良い土地は高価格です。

その高い土地を買ってしまえば、建物にかけられる比率は当然小さくなっていきます。

そうなると、当初はどうしても欲しかった設備を、どんどん落としていかなければならなくなります。

たとえば、Aさんのように「奥様の負担を軽くしようと考えた食器洗浄機付きのキッチンや、ご主人が恋焦がれた書斎、家族団欒のゆったりとした広めのリビングは諦めて、ベーシックなもので最低限の広さにしましょう」ということになってしまいます。

このように、土地にお金をかけすぎると、皆さんが最初に家に対して持っていた理想が、どんどんしぼんでいってしまいます。

そういう提案をしなければならないことは、私としても非常に心苦しいものでした。

机をはさんで、お互いにため息をもらしてしまう瞬間です。

 

寝起きするのは「家」

 

「広いリビングにはピアノ、最新の豪華なキッチン、装飾にもこだわって……」と、夢にまで見たマイホームが、気づいたら、ごくありきたりのものに。

なぜそうなってしまったのでしょうか……。

前の例のどこに原因があるか、聡明な皆さんはもう気づいていると思いますが、それは「まず土地ありき」、この考え方です。

「何をバカなことを言っているんだ、そんなことを言ったって、家を建てるんだから土地がなければ話にならないじゃないか」と思われるかもしれません。

もちろん、価値観は人それぞれです。また、勤務先の問題や「介護のためにどうしてもこの場所から離れられない」といったケースなど、さまざまな事情がありますから、その理解を抜きにしては、家づくりの話は進みません。

さらに、駅に近い分譲マンションや、建売住宅など、注文住宅以外の選択肢も現実にあります。

どれを選ぶのか、選択する権利は「住む人」にあります。

しかし、先に土地を決めてしまったがために後悔する結果になったお客様の話を聞くと、理想の家づくりのお手伝いをできなかった私たちにも、残念な思いが残ってしまうのは事実です。

ではいったい、後悔しない家づくりのためにはどうすればいいのでしょうか。

ここでちょっと考えていただきたいのは、実際に寝起きするのは「家」だということです。

皆さんが生活を中心に考えた時に、イメージされる家の「豊かさ」とは何でしょうか? 「立地」と言う方、「広さ」と言う方、「豪華な仕様」と言う方、それぞれだと思います。

しかし、「どのような土地がご希望ですか」と聞かれれば、「なるべく駅に近くて、利便性の良い土地です」と答えがちですが、「どのようなお住まいがご希望ですか」と聞かれれば、答え方は違ってくるはずです。

私は、土地からご自宅を検討されている皆さんにご提案したいと思います。

「土地ありき」の考え方から脱却し、豊かさを「立地」や「広さ」に求めるのではなく、「暮らしやすさ」「健やかさ」など生活の場面における豊かさに重きを置いた、「家優先の視点」から住まい探しを始めてみてはいかがでしょうか。

 

―――――続きは、また次回に。

★幣社公式アプリのダウンロードは、こちらから★

     ↓ ↓ ↓

b

c

★モデルハウスのご案内はこちらです★

    ↓ ↓ ↓

1

★過去ブログ記事はこちらです★

    ↓ ↓ ↓

%e6%97%a7%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0

Continue Reading

無料公開。

511

家を建てるためには、土地が必要です。

なので、土地をご所有されていない方は、土地を購入する事になります。

そして、土地を購入した後に、建物の契約をし、着工⇒完成⇒引渡しというプロセスを経て、ご入居されることになります。

しかし、これはマイホームに入居されるまでの手続き・手順であり、セオリーではありません。

何のセオリーかと問われれば、豊かな暮らしを手に入れる・実現するための。

2010年に、弊社の代表が土地から購入される方々が注文住宅で家づくりをされる際に、失敗しないための考え方を書籍にしましたので、内容をこのブログで公開していければと思います。

そこに書かれてある思考は、出版された時も、今も変わりません。

限りある「予算」の中で、豊かな暮らしを実現数するための家づくりが、失敗と成功という両極端な結果になってしまうは、何故なのか?

*******************************

土地に住みますか?家に住みますか?

まえがき

「家を建てる」-----その大きな決断は、誰にとっても勇気の要るものです。

しかし、同時にそれは、本当にやりがいのあることであり、得られるものの大きさも測り知れません。

これから新しく造られる家には、お客様の希望が詰まっています。

子供たちの成長を見守りながらここで過ごす多くの時間は、幸せなものであってほしい……。

この願いは、私たち「家を造る側」にとっても同じです。

私たちの手がけた家が、お客様を不安にさせたり、生活を苦しくさせたりするものであってはなりません。

冒頭に「勇気の要るもの」と書きましたように、家を買うには多くの決断をしなければなりません。

お金のこと、子供たちの教育のこと、毎日の通勤・通学のことなどなど、考えなければならないことは山ほどあります。

だからこそ、焦りは禁物です。

家づくりにはある程度、長期的な視点を持ち、時間をかけて取り組むことが大切です。

そして、悔いのない家づくりのためには、やはり多少なりとも知識が必要です。

知識をつけることで、後で「こうすれば良かった!」という事態は必ず避けられます。

特に現在は、インターネット上に多くの情報が存在していますし、家づくりのための知識や情報も簡単に得ることができる環境にあります。

その半面、あまりにも多すぎる情報がかえってお客様を混乱させてしまって、正しい情報や本当に必要な情報を取捨選択することが非常に難しくなっています。

それでも、多くの情報の中からこの取捨選択に成功すれば、家づくりを成功に導く大きな一歩となるのです。

この本は、自分の希望の詰まった家を建てたい、家族の個性を生かした家を建てたい、といった注文住宅思考の方に向けて書かせていただきました。

私が住宅会社を経営し、さまざまなお客様と接する中で気付いた、正しい家づくり成功の秘訣を伝えるべく、手がけた本です。

溢れる情報の中で迷いが生じたら、この本を参考にしていただければと思います。

家づくりのプラスになることはあっても、マイナスになる要素は全くないものと自負しています。

決して、今すぐ家を買いましょう、急いで建てましょうという本ではありません。

大きな夢の実現のためには、時には現実を直視し、立ち止まって深く考えることも重要です。

あせらず、ゆっくり納得の行く選択をしていただくために、この本をお役立ていただければ幸いです。

 

「第一章:「土地がない」のは成功への近道

私は住宅会社を経営していますので、当然の事ながら家づくりをお考えの多くのお客様と接します。

この第1章では、たくさんの接客の中でつかんだ結論である「家づくりの秘訣」とも言うべき発想、あるいは考え方をご紹介します。

その秘訣は、通常、皆さんが考える家づくりのプロセスとはまったく違う方法と言えるでしょう。

本の冒頭でいきなり結論から入るのは、一番大切なことを初めに伝えることで、この本を手にとってくださったすべての方が、悲しい“夢減の家づくりから解放されて、楽しく希望に満ち溢れた家づくりをしていただけるように、との思いからです。

では、これからその秘訣について説明しようと思います。

家づくりで必ず必要なものが「土地」です。

これは当然です。そのために多くの、土地を持っていないお客様は、まずこの土地を探すために、通常は不動産屋さんへ出向きます。

普通に考えれば当たり前とも思えるこの行動が、えてして良からぬ方向へと進展してしまうことがあるとしたら……。

ここでは、一つ例を挙げて説明していきましょう。

神奈川県北部S市在住で、ご長男の小学校入学を前に、家づくりを計画されているAさん。

奥様と2人で、テレビCMでも名の知られた不動産屋さんへと出かけました。

新居を建てる土地を探すためです。

Aさんの予算は4300万円。漠然とではありますが「土地2000万円、建物2000万円ぐらいかなあ。そのほかにもいろいろ費用がかかると聞いているから、3000万円ほどみておきたいな」と考えています。

「あのー、すみません、家を建てたいので土地を探しているんですが……」

「いらっしゃいませ、どのような物件をお探しですか?」ベテランの営業マンがにこやかに応対します。

「30坪以上で、できれば駅に近いところが良いのですが」

「少々お待ちください」

しばらくして、営業マンは二つの物件ファイルを手に戻ってきました。

「こちらは32坪、駅徒歩5分、そして、こちらが36坪、駅徒歩12分ですね」

気になるのはやはり価格です。

32坪の方が2450万円、36坪の方は2100万円。いずれも当初の予算をオーバーしてしまいます。

しかし現在、駅から徒歩7分の賃貸マンションに住んでいるAさんにとって、駅徒歩5分の物件は実に魅力的に映ります。

そんなAさんの興味を見透かしたかのように、ベテラン営業マン氏は「32坪、駅徒歩5分」の物件に絞って、いよいよアタック開始です。

「駅から5分で1坪70万円台の物件は、このあたりではなかなか見つかりませんよ」

「でも、だいぶ予算オーバーなんです。土地は2000万円ぐらいまでと考えていたもので……」

「新築でしたね……。建物もすべて含めて、いくらぐらいでお考えですか?」

「4000万円ぐらいまでなら……」

「それでしたら、建物の方を少し抑えればいいじゃないですか。私どもで、安く建ててくれる会社をご紹介することもできますよ。なにしろ住まいは立地が第一ですから」

「いやー、しかし土地と建物のほかにも、仲介手数料とか、登記費用とか、いろいろ経費がかかると聞いていますし」

「諸経費ですか、そうですねえ、このケースでしたら200万円もみておけば十分でしょうね。残りの1350万円で、十分立派な家が建てられます。何度も言いますが、とにかく住まいは立地が第一ですよ」

初めて家をつくるAさんですから、巧みな営業マンの言葉には、ついつい誘導されてしまいます。

呪文のように「立地、立地」と唱えられ、やがてAさんの心は、当初考えていた予算を450万円もオーバーする、駅から5分の土地に大きく傾いていきます……。

結局、営業マンの「こういうお買い得物件は、すぐに売れてしまいますよ」との案内で、現地の確認もほどほどに、Aさんは駅徒歩5分の土地を購入することになりました。

その後、予算内で理想のご自宅も建てることができ、家族幸せに暮らすことができました。

めでたし、めでたし。

……となれば良かったのですが。

実際には、不動産屋さんが「200万円あれば大丈夫」と言っていた諸経費でしたが、いざ建物を建てる前に土地の地盤調査を行ってみたところ、購入した土地は地盤が弱かったために、家を建てるには地盤改良をする必要があることがわかりました。

その費用は約150万円。結局、不動産屋の営業マンが言っていた諸経費を大きく上回り、350万円以上かかってしまいました。

その結果、当初建築費用として考えていた予算、約2000万円は、約1200万円しかなくなってしまったのです。

家を建てた後のAさんは、後悔することしきりです。

建築費を抑えたばかりに、奥様から熱いリクエストが寄せられていた食器洗い機付きの最新式キッチンは、ごくありきたりのものになり、Aさん自身が「家を建てるならば絶対に欲しい」と思っていた書斎もなくなりました。

子どもたちと一緒に過ごす広いリビングも、夢破れて手狭なものになってしまいました。

また、一度現地確認に行った時には、まあまあの日当たりのように感じたはずなのに、実際に住んでみると、少し離れたところに建っている高層マンションのせいで、夕方以外はほとんど日が当たりません。

それに、何もなかった時は広く感じた土地ですが、現実的には駐車場がギリギリのスペースしか確保できず、車の出し入れに今も苦労する始末……。

さらには、あれほど欲しかった駅徒歩5分という立地ですが、夜の遅い時間まで人の行き来が多く、高層階に住んでいた時には意識しなかった騒音も気になります。

もし不動産屋さんに勧められるままに土地を買ってしまわずに、もう少し落ち着いて考える余裕があったら……。

Aさんのケースを「悲劇」とまでは言いませんが、これは建てた後に後悔することになる、典型的な例と言うことができます。

 

―――――続きは、また次回に。

★幣社公式アプリのダウンロードは、こちらから★

     ↓ ↓ ↓

b

c

★モデルハウスのご案内はこちらです★

    ↓ ↓ ↓

1

★過去ブログ記事はこちらです★

    ↓ ↓ ↓

%e6%97%a7%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0

 

 

Continue Reading

「紙」もいい。

2

 

WEBサイトからの情報も、早くて便利で、手軽感満載ですので、家づくりを行う上では、今や欠かせないツール。

家づくりにのみならず、何の分野でも当てはまる最強ツールと言っても過言ではないかと。

菊池です。

それでも、意外と家づくりをされる方々の間では、紙媒体も根強い情報源で、雑誌によっては紙質も様々だったりするので、書店でお目当ての分野の書籍を探すのは、チョットしたレジャー感覚で楽しめた経験をされた方も多いはず(^ε^)♪

画像は「KINFOLK」というアメリカ発のライフスタイル誌。

食や暮らし、旅や趣味など、生活にまつわる様々な要素を写真でつづる雑誌なので、その写真からも家づくりにおいてのヒントや好みの参考になる写真が多くあるかと。

価格1500円の年4回の季刊誌なので、あまりポピュラーに流通していない感はありますが、大型書店に行けばバックナンバーも在庫していたりするので、よろしければ是非(≧∇≦)

それでは、また。

★幣社公式アプリのダウンロードは、こちらから★

     ↓ ↓ ↓

b

c

★過去ブログ記事はこちらです★

    ↓ ↓ ↓

%e6%97%a7%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0

★モデルハウスのご案内はこちらです★

    ↓ ↓ ↓

1

 

Continue Reading

元気になる方法。

476

 

今月の課題本は、こちら。

1「科学的に元気になる方法を集めました」

確かに集まってましたσ(^_^;)

社員の方々には、元気で居て欲しいという社長の意図だと思います(-^□^-)

今週も、どうぞヨロシクお願いしますm(_ _)m

それでは、また。

 

 

 

★幣社公式アプリのダウンロードは、こちらから★

     ↓ ↓ ↓

b

c

★過去ブログ記事はこちらです★

    ↓ ↓ ↓

%e6%97%a7%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0

★モデルハウスのご案内はこちらです★

    ↓ ↓ ↓

1

Continue Reading

今月は整理整頓(-^□^-)

467

今月は、役員・執行部の方々と、社員の方々が読む書籍が同じなので、今月の課題図書はこちらのみ。

1「小さな会社の儲かる整頓」

僕らのような建設業者には、もってこいの書籍です。

参考になる整頓術もそうですが、仕事に対しての思考も磨かれるヒントが満載でした\(^_^)/

また、画像もカラーで沢山掲載されているので、理解度も活字を読むより遥かに深い。

やっぱり、人に物事を伝えるのであれば、理屈よりビジュアルですねぇ~σ(^_^;)

それでは、また。

 

 

★幣社公式アプリのダウンロードは、こちらから★

     ↓ ↓ ↓

b

c

★過去ブログ記事はこちらです★

    ↓ ↓ ↓

%e6%97%a7%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0

★モデルハウスのご案内はこちらです★

    ↓ ↓ ↓

1

Continue Reading

課題図書

437

 

今月の課題図書は、この2冊。

1でんかのヤマグチさんが「安売り」をやめたワケ」

 

 

 

 

 

 

 

2「影響力の武器[第三版]: なぜ、人は動かされるのか」

 

 

 

 

 

 

 

課題図書という制度が始まって4年目に入った今年は、過去に読んだ書籍の読み返し。

まずは、弊社の近所でもある電化のヤマグチさんの本。

大変参考になった書籍です。

今年から開始した施策の「応援団」は、まさにこの本がルーツです。

役員限定の課題図書は、久々のP500超の「影響力の武器」

・・・そろそろ読み始めないと終わらない(゚_゚i)

それでは、また。

★幣社公式アプリのダウンロードは、こちらから★

     ↓ ↓ ↓

b

c

★過去ブログ記事はこちらです★

    ↓ ↓ ↓

%e6%97%a7%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0

 

Continue Reading

一気読みで。

 

346

今月の課題図書は、

51kzeBsu+2L1分間顧客サービス―熱狂的ファンをつくる3つの秘訣」

 

 

 

 

 

 

 

714-0E-vjrL

 

五感経営 産廃会社の娘、逆転を語る」

 

 

 

 

 

 

こちらの2冊。

最近の課題図書の方向性は、2冊の関連図書を読むことで理解がより深めるられるという意図です。

確かにその通りで、しかも短時間にがより個人的には効果アリかと(^ε^)♪

明日の休日に一気読みです(-^□^-)

それでは、また。

★幣社公式アプリのダウンロードは、こちらから★

     ↓ ↓ ↓

b

c

★過去ブログ記事はこちらです★

    ↓ ↓ ↓

%e6%97%a7%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0

 

Continue Reading

課題図書。

315

先月の課題図書。

1自分の小さな「箱」から脱出する方法」

2回読んで落ちた書籍。

僕は「箱」に入ってるなぁ~と、ちょっと凹みましたよσ(^_^;)

もう一回、読んでおこうと思える書籍でした。

そんな流れで、今月も関連書籍2冊。

 

 

 

2嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え

 

 

 

 

 

 

 

3まんがでわかる 7つの習慣」

 

 

 

 

 

 

 

過去の課題本の読み返しも悪くないですね(-^□^-)

それでは、また。

★幣社公式アプリのダウンロードは、こちらから★

     ↓ ↓ ↓

b

c

★過去ブログ記事はこちらです★

    ↓ ↓ ↓

%e6%97%a7%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0

Continue Reading

週一冊。

287

今年最後の課題図書。

%e5%9b%bd%e5%ae%b6%e3%81%ae%e5%93%81%e6%a0%bc「国家の品格」

 

 

 

 

 

 

 

%e7%ae%b1自分の小さな「箱」から脱出する方法」

 

 

 

 

 

 

 

また、来年度に採用する課題図書の選考を、休暇明けにするので、今回の休暇は良い読書期間になりそう(-^□^-)

例年になく、今回の年末年始休暇は長期間頂けたので、有意義な時間にしようと思います。

ここ数年は、通勤の電車内で、ほぼスマホを見ている事が多かったので、以前のように2017年は、週一冊を目安にしようかと。

それでは、また。

★幣社公式アプリのダウンロードは、こちらから★

     ↓ ↓ ↓

b

c

★過去ブログ記事はこちらです★

    ↓ ↓ ↓

%e6%97%a7%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0

 

Continue Reading

今月は宿題2冊。

234

読書の秋・・・に限らず、弊社では通年で強制的に、社員全員に指定本を読書してもらっています(^_^)v

ルールは強制でも、ここから得られるモノやコトは、必ずあるのでという根拠で(-^□^-)

菊池です。

今月の社員全員の課題本は、

1

これは役員もまだ読んでいないので、一緒にという事で。

ちなみに、役員・執行部の課題本は、

2

どちらも心に刺さるタイトルだなと \(^_^)/

この強制読書、読みっ放しは何の役にも立たないという事が、継続してきて気付けた社員が増えてきたと実感してます。

実際に行動できているかは別のお話ですが、僕らが積極的に実践していく事ですかねσ(^_^;)

思考が変われば行動が変わり、結果が変わる。

まさしくv(^-^)v

そんなキッケケが、読書でもいいと思います。

それでは、また。

■過去ブログ記事はこちらです

    ↓ ↓ ↓

%e6%97%a7%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0

 

★幣社公式アプリのダウンロードは、こちらから★

     ↓ ↓ ↓

b

c

 

 

 

 

 

Continue Reading