住まいと健康との関連性

 

「医師が薦める本物の健康住宅」2022年冬―春版

通称「医師本」と呼ばれている住宅雑誌です。

初発刊から、彼是8-9年継続的に出版されているのですが、今回の内容ほど医療に関わる専門家が、住宅に関連する記事について掲載されている号は初めてかなと。

また、これまで体調に不安や疾患等を抱えていらっしゃった方が、僕らが推奨する「健康住宅」にお住まい頂いてからの変化についても、詳細に記事にされておられます。

色んなコンセプトで家づくりをされているハウスメーカー、ビルダー、工務店が、各社のデザインや建材、工法等がメインで紹介されている住宅雑誌が多い中、この雑誌はタイトル通り、健康住宅という概念を、各医師の方々が実際に取得されたエビデンスを基に、タイトル通り「医師が薦める」という事を実証されています。

住宅に対する考え方は十人十色で、雨風凌げれば、ある一定期間さえ持てば、借りるぐらいなら買った方がとか、どれもこれも個人の価値観なので、ある意味全て正解かと思いますが、間違いなく言えるなと思える事は、しかしその結果、そこに住まわれた家族の健康が損なわれたという事実を、良しとする方は居ないはず。

故に、家づくりに関して「健康を担保できる」という事は、マストだという事。

そこは造り手の僕らがブレると、結果的に家を建てる事は家族にとって不幸な事となる。

という事だけは、信念として持ち続けたいなと思っています。

是非、一読頂ければ幸いです。

それでは、また。

No.5403
★モデルハウスのご案内はこちらです★

1

Continue Reading

我が社の場合

先月6月の課題図書。

DXで生産性最大化、少数精鋭で高収益! 地域№1工務店の「圧倒的に実践する」経営

今や、工務店はITを使いこなさないと、品質の良い製品を数多く造れないというのがスタンダードになるというか、既にそうなりつつあると言っても過言ではなく σ(^_^;)

各メディア主催の勉強会やらセミナー等のテーマでも、「DX」関連はドル箱なのは、現場を客観的に評価しても、そりゃそうだなと。

今回の書籍の著者は、評論家や専門家という類の方ではなく、現場第一主義の実践者。

工務店の社長である(^ε^)♪

理想や妄想ではなく、やって来た事を、そのまま結果を添えて公開している訳なので、実践すれば、全部とは言わないが、過半数の施策は自社でも実りそうだなと。

勿論、既に自社でも取り入れている施策もある訳ですが、「そこまでやる??」という、施策もあるなと感じるくらい。

あくまで予想ですが、そこまで実現できるというのは、社員の方々の理解もあるとは思いますが、絶対的なトップダウンかなと。

仮説⇒準備⇒実践⇒検証⇒カイゼン⇒実践を、設定期間内に実現に向けての検証を、まずは行う事だと思うんですが、これが・・・ねσ(^_^;)

現状維持派には、こんなに辛い事は無いようです(T_T)

なので、経営幹部から実践の要請と、経過の管理を徹底的に行う事で、我が社のDX化は先に進めるかなというのが、僕の結論です。

経費の削減アイデアと、業務効率・業績アップの施策アイデア創出は、社員からの吸い上げではなく、経営幹部の純然たる責務ですねσ(^_^;)

それでは、また。

No.5385
★モデルハウスのご案内はこちらです★

1

Continue Reading

捨ててこそ。

 

先月の課題本。

9割捨てて10倍伝わる「要約力」」

論理的思考をお持ちの方は、伝える力も持ち合わせている方が多いかなという肌感ですが、自身はというと、そうでもないなという自己評価ですσ(^_^;)

菊池です。

あるビジネス系YouTubeチャンネルでは、悩みや相談を持ち掛けてくる方に対して、ことごとく言われるダメ出しの多くは「話が長い」こと(T▽T;)

確かに、「ところで何の話???」という結論ほど寂しい事もなく。

その辺りのカイゼンがキッチリ出来てくると、話の先の結果も大きく変わるんだろうなと思いますね (^_^)v

自身の場合、話が長くなるケースは、ほぼ伝えたい本質を感情が上回ったケース( ̄_ ̄ i)

なので、伝えたい事の重要性が高ければ高い程、僕の場合は感情をいかに捨てられるかがポイントだと思っています。

・・・出来れば苦労しませんけど(T_T)

サクッと読めちゃう内容でしたが、実践でのハードルは高いなとσ(^_^;)

それでは、また。

No.5357
★モデルハウスのご案内はこちらです★

1

 

Continue Reading

脱・偏見と思い込み

 

YouTubeのあるチャンネルに出演している著者の動画を見てから、取り敢えず著書を読んでみようと思ってググってみたところ、著書が無かった今年の2月頃。

率直に「無いんだ・・・」という、意外な感想を持ったのを覚えています。

何故にそう思ったかと言えば、チャンネル内で話されている事の分かり易さが、勝手に僕の中でビジネス系の書籍を数冊出しているんだろうなという思い込みσ(^_^;)

人って思い込みと偏見の生き物ですねσ(^_^;)

菊池です。

無名の男がたった7年で 270億円手に入れた物語」

270億というキーワードは、僕に取っては天文学的な数字なのでフックしてませんが、7年で600店舗の直営店経営というのは、「りらくる」がFCだと思っていたので、そっちに興味津々。

読めば読むほど、組織運営をする上で、自身の常識的な思考とは、全く別次元のお話がテンコ盛りだったので、そりゃぁ、270億という数字が僕に取っては天文学的数字になるわなと納得。

「知ってるくせに、殆どの人がやらないので勝てるんです。」

・・・胸が痛いです(T_T)

「利益の追求以外、経営の目的はない」

利益の追求を言語化して表明する事を、何故かNGと思い込んでいるビジネスマンは恐らく多いですよねσ(^_^;)

利益を出せないビジネスは、会社も社員も家族も顧客も守れないので、優先順位一位で追求するべきファクターだと。

・・・・そりゃそうだ(T▽T;)

そんな様な事をお話されている著者の動画から書籍に入っているので、スゥ―と聴ける、読める体質になっている原因は動画。

やっぱり動画コンテンツはやらなきゃダメだなと( ̄_ ̄ i)

「知ってるくせに、殆どの人がやらないので勝てるんです。」

・・・一言も無いσ(^_^;)

それでは、また。

No.5341
★モデルハウスのご案内はこちらです★

1

Continue Reading

解決したいわー(^^;)))

 

マッキンゼー流のように、「●●流」とかいうキャッチフレーズは結構好きです (*v.v)。

菊池です。

「図解 マッキンゼー流 入社1年目問題解決の教科書」

結論としては、ここでのノウハウに沿った行動は殆ど出来ていないというのが、自身に対する評価です(T▽T;)

論理的思考で事に当たる重要性は、多くの図解でより分かりやすく掲載されているので、小難しいキーワードが出てきても、結果的に理解に到達できるかと。

図解や漫画は、やっぱり分かりやすく、結果的に時間を有効的に使えますね(^ε^)♪

更にこの手の書籍や「マッキンゼー流」というキーワードに関連する動画は、YouTubeに沢山配信されているので、動画の方が効果がある方も多いのかなと。

僕もめっきり最近は動画派ですσ(^_^;)

それでは、また。

No.5300
★モデルハウスのご案内はこちらです★

1

Continue Reading

自社の弱み。

 

3月も最終日。

つい先日まで朝晩は冷え込む感じだったのも記憶にないぐらい暖かいというか、ほぼ暑いなと(T▽T;)

急にCOOL BIZが恋しくなるぐらい、ジャケットが邪魔ですよ ( ̄_ ̄ i)

菊池です。

今月の課題図書は、「リーダーの仮面」

自身も含めて、我が社の管理職の方々には刺さる部分も多かったかもしれません。

賛否両論あるかとは思いますが、本音と建て前的な内容を実行する事で、自社にとっては良くも悪くも組織としてプラスはありそうかなと。

帯に書かれている通り、「いい人」になるのはやめなさい・・・。

これがムズイんでしょうねσ(^_^;)

そりゃぁ、嫌われたくはないのが人情でしょうけど、結果から目を背ける事で、好結果に繋がった事例もありませんから、その通りという説も。

「いい人」と思われるのは、キッチリ目標に対して結果を出してからで充分だという翻訳かと(^ε^)♪

これもまたムズイですが、目的から視点をブラさなければ、自然とこういう順番になりそうです(;^_^A

明日は、2021年度入社の新卒者が入社予定。

楽しみです(^^♪

それでは、また。

No.5286
★モデルハウスのご案内はこちらです★

1

 

Continue Reading

必然

 

個人的な話ですが、意外と行った事が無い「ワークマン」。

僕らの地域にも随分と前から出店している職人専門のアパレルショップというイメージ。

職人さんが好んで使用される根拠は、「品質が良い」「価格が安い」「品数が多い」だろうか。

この3つは別に職人さんに限らず、色んな方々にハマる根拠なので、そりゃぁ、売り方が正しく展開されればあっという間なんでしょうねσ(^_^;)

という事で、今月の課題本「ワークマンはなぜ2倍売れたのか」

このコロナ禍において、アパレルの有名ブランド、名門ブランドが倒産や減益という実績が多い中、ワークマンは前年比増益。

色んな企業努力と経営判断の結果から、偶然ではなく必然的に前年比増の実績になっている最大の原因は、ワークマンという名の通り、「働く人」に真剣に寄り添った結果であるという事に、凄まじく納得感を感じた書籍でしたかね。

良い物は造れても、それを使用する人に寄り添えなければ、最終的に目指す結果には到達できないという翻訳かなと。

僕らの業界は製造業。

必ず建築した構築物を利用される方が居て、成り立つ世界です。

うちの施工管理者のユニフォームも、地元店舗のワークマンにしようかと思います (^ε^)♪

ストレッチが効いて、ゴアテックス仕様。

・・・僕も欲しいわσ(^_^;)

それでは、また。

No.5259
★モデルハウスのご案内はこちらです★

1

Continue Reading

困らないに越した事は無い

 

昨年あたりから手に取る事が多くなった「お金」に関する書籍シリーズ。

今回も自分の無知さ加減に、ある意味驚愕でしたよσ(^_^;)

菊池です。

「お金の大学」

それにしても、ここに書かれている事の半分以上は自身にとって「そうなんですか??」的な感じ \(゜□゜)/

視点を変えれば「学べてるなぁ~」という自己満ですが、逆に見れば過去の自分との答え合わせに「失敗したぁ~」という点もしばしばですよ(T▽T;)

まぁ、生きて行く為の目的が「お金」ではありませんが、ただ生きて行く為には「お金」は必要ですからね (;^_^A

野球をやるにはバットやボールが必要なように、生活するために必要なツールと捉えれば、扱いやすくする為にも性質は知っておいた方が、何かと便利かと。

また、ここで表現されている保険とか株式や債券投資等の内容については、それら金融商品に関わる方々の見解も、逆の立ち位置から聞いてみたいなと思いました(-^□^-)

取り敢えず一読したので、この先は知識の定着にYouTubeで理解があまりにも薄い箇所を復習ですかねσ(^_^;)

それでは、また。

No.5246
★幣社公アプリのダウンロードは、こちらから★

↓ ↓ ↓

b

c

★モデルハウスのご案内はこちらです★

↓ ↓ ↓

1

Continue Reading

ゴミ人間

 

どういう内容なのかが分かっていても読める本。

・・・あくまで個人的にですがσ(^_^;)

菊池です。

4年前から楽しみにしてた「映画えんとつ町のプペル」を観に行く準備としてこの書籍を読んでから、チビ2人連れで観に行こうと昨年末にチケットも用意しているにも関わらず、緊急事態宣言で近所の映画館も20時までのようで(T▽T;)

土日の昼に行けば良いのでしょうけど、映画の内容的にも観終わった後の夜空は星空が良いのではという勝手な解釈で、そこはあくまで夜にこだわりたいので、行くのは宣言解除後かなσ(^_^;)

長男は、渋々ですが観に行くことに承諾しましたが、次男は今も尚拒絶中(;^_^A

何か、教育系の映画だと勘違いしているようです(*^▽^*)

という事で、一緒に観た後のチビ達の反応が楽しみだなと(^^♪

それでは、また。

No.5286
★幣社公アプリのダウンロードは、こちらから★

↓ ↓ ↓

b

c

★モデルハウスのご案内はこちらです★

↓ ↓ ↓

1

Continue Reading

驚愕→反省→後悔

 

手の震えが止まらない書籍でした・・・。

菊池です(T▽T;)

というのも、基本的に、「こういうほめ方は〇」、「こういうほめ方は×」、また「こういうり方は〇」、「こういう叱り方は×」という解説が、分かりやすくまとめられています。

結果、その内容に自身の過去を照らし合わせると、ほとんど×ばっかりですよ(゚_゚i)

そりゃぁ、驚愕を通り越して震えますわな(T_T)

書籍の内容にはこうありました。

つながる7つの習慣とぶつかる7つの習慣と。

つながる方は、結果的にやってるつもりなだけで、やれてないという肌感になり、逆にぶつかる習慣は、ほぼ100%実施済み (x_x;)

反省を通り越して、自分を見失いそうです (*_*)

これらの内容は、対象が子供に限らず、また環境が家庭に限らずで、自身の立ち位置を俯瞰すれば、会社、家庭、少年野球という様々なコミュニティにおいて、リーダー的な立ち位置に居るのであれば、即是正すべき点は多いなと。

・・・そりゃぁ、後悔を通り越すので、もう一度やり直したいと思っちゃいますよσ(^_^;)

まずは、プチ反抗期の上のチビとのコミュニケーションを、野球以外の部分で信頼関係を築ける様にトライしますわ(;^_^A

それでは、また。

No.5284
★幣社公アプリのダウンロードは、こちらから★

↓ ↓ ↓

b

c

★モデルハウスのご案内はこちらです★

↓ ↓ ↓

1

Continue Reading
1 2 3 7