体感×2でした。

464

空が急に暗くなり、現在土砂降り中の相模原σ(^_^;)

この雨模様も今晩までかと思うと、今月の雨模様は、実に多かったなと。

幸い、進行中の現場や着工予定の現場に影響は出ていないのが唯一の救いです(゚_゚i)

菊池です。

本日は、東京都八王子市のお客様のご自宅にお邪魔させて頂いた「体感バスツアー」でした。

2 3

1 4

1軒目のお宅は、昨年お引渡しさせて頂いた施主様宅。

こちらのお客様は、弊社で2棟目のご自宅を建築されたお客様。

良い所も、そうでない所も、実に良くご理解頂いているスペシャルゲストです:*:・( ̄∀ ̄)・:*

F様、ありがとうございましたm(_ _)m

6  5

2軒目は、今年で築7年の施主様宅。

抜群の空気環境と、この時期にして、この清々しさというコトバでは100%理解出来ない事を、ご体感頂けたと思います\(^_^)/

S様、いつもありがとうございますm(_ _)m

次回は、9月下旬を予定していますので、是非ご利用下さいませ。

それでは、また。

★幣社公式アプリのダウンロードは、こちらから★

     ↓ ↓ ↓

b

c

★過去ブログ記事はこちらです★

    ↓ ↓ ↓

%e6%97%a7%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0

★モデルハウスのご案内はこちらです★

    ↓ ↓ ↓

1

Continue Reading

心もカラダも豊かな暮らしを。

2

 

昨日は、相模原市南区で建築予定のC様ご家族の地鎮祭へ。

出逢いは、一年前に開催された「本当に良い家づくりセミナー」

「0宣言の家」の考え方に共感頂き、建築用地からお探しされたご家族です。

今のお住まいから、程近くに不動産物件との出逢いもあり、こうして工事に入れる段階になりましたので、後は、年内完成に向けて、現場管理を無事故無災害で完了させ、無事にお引渡しをさせて頂く事。

ここからが、超~本番です(-^□^-)

お子様たちも、式典中は終始笑顔が絶えず、敷地内を元気に走り回っていた様子を見ていると、やっぱり戸建はいいなと思います\(^_^)/

1軒の出をしっかりと取る事で、日本の代表的な風土でもある梅雨や台風等の被害を抑制し、また、夏の時期は直射的な強い日差しを、室内に必要以上に入る込む事も抑制できるので、室内環境は安定的に保たれます。

また、リビングに設けた吹抜け空間は、1Fと2Fを無条件に繋げる効果と、光と風を四季に関係なく存分に感じる事のできるアイテム。

敷地を利用できる事が、戸建住宅の最優位性ですので、お庭を作るだけではなく、使えるお庭にしないともったいない。

そんな思考も加えながら、内と外が一体に感じる事の出来るリビング空間にする事で、面積以上の広さと広がりが、体感できると思います。

まだまだ沢山の暮らしを豊かにするためのアイデアが詰まったお家ですので、完成を楽しみにして下さい♪

明日は、2軒のご入居済みのお宅を見学できる「体感バスツアー」。

お天気は曇りのようですので、移動のご苦労は半減しますが、体感的には、この季節の降雨時のジメジメ感が、室内の圧倒的な居心地の良さを感じて頂けるので、この日ばかりは、崩れたお天気は大歓迎なんです(≧∇≦)

という事ではありますが、ご予約を頂いたお客様には、心から感謝申しあげますm(_ _)m

それでは、また。

★幣社公式アプリのダウンロードは、こちらから★

     ↓ ↓ ↓

b

c

★過去ブログ記事はこちらです★

    ↓ ↓ ↓

%e6%97%a7%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0

★モデルハウスのご案内はこちらです★

    ↓ ↓ ↓

1

 

Continue Reading

総力=機能してこそ。

463

本日より、一部のスタッフを除いては通常業務。

年末までの全力疾走のはじめの一歩日です(-^□^-)

菊池です。

という事で、まずは夏季休暇中の来場者データや、お打ち合わせ頂いたお客様の状況共有等、今週末から来週に掛けての事業部の動きの確認作業から。

予想よりも、多くのご来場者、ご相談者の方々にお越し頂き、お盆のこの時期にしては、出展以来一番の多さでした。

内容的にも、具体的なご相談内容が多いのも、今年の特徴。

ご相談件数と、担当者数・キャパ等のバランスを考慮すると、やはり総力戦になり、営業や設計、施工管理という垣根を越えた顧客サービスを、積極的に展開していく事が、これから命題になろうかと思っています。

すでに、現在進行中の現場周辺への告知活動等、一見地味に感じる行動も、継続させる事で新しい結果に遭遇し、未だ見ぬお客様との出逢いに繋がる施策だと感じていますし、現在進行中のお客様への定期進捗報告は、僕らにとっては信頼という何よりも代えがたいものに繋がる施策ですので、地味な事ほどキッチリ実践し、それこそチーム力で徹底して行こうと。

そして今年は、残暑に負けない体力づくりは、お天気事情上、必須のようですので、各自ノルマですねσ(^_^;)

それでは、また。

★幣社公式アプリのダウンロードは、こちらから★

     ↓ ↓ ↓

b

c

★過去ブログ記事はこちらです★

    ↓ ↓ ↓

%e6%97%a7%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0

★モデルハウスのご案内はこちらです★

    ↓ ↓ ↓

1

Continue Reading

棟上。

2

着工から完成までの工程で、息の抜ける場面は皆無なんですが、あえて言えば、その場面で一瞬ホッとするのが棟上工事が無事に完了した段階。

所謂、上棟というフェーズです。

この棟上工事の段階になる現場が、8月、9月で5つの現場が迎えます。

まずは全ての現場が、無事故無災害で棟上工事を終える事が最大の目標です。

現場代理人の腕の見せ所です(-^□^-)

それでは、また。

★幣社公式アプリのダウンロードは、こちらから★

     ↓ ↓ ↓

b

c

★過去ブログ記事はこちらです★

    ↓ ↓ ↓

%e6%97%a7%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0

★モデルハウスのご案内はこちらです★

    ↓ ↓ ↓

1

 

Continue Reading

夏の展示場。

1

一般的に、この時期(お盆シーズン)に夏季休暇を取られてる方が多いと思います。

そして、この夏季休暇を利用して故郷へ帰省される方が多いと思います。

僕らが出展している住宅公園の、この時期の来場者数は、バラツキがありながらも、建築のご相談や情報収集等、目的は様々ではありますが、日々数件の方々に訪れて頂けています。

地域的に、夏季休暇を利用してご実家へ帰省されて来られる(相模原へ帰ってくる)方と、地方へ帰省される方の割合は、どっちもどっちなのかなというのが実感値。

実際に、11日から本日までのご来場された方々の内容は、具体的な家づくりのご相談の方が、今年は多いようです。

やはり、家づくりをお考えの方々の大半の方は、最初の一歩は住宅公園で、実際に気になるモデルハウスを訪れるというのがセオリーで、その方々の85%以上の方が、実際に家づくりを実行されているという事実があるので、大型連休中は弊社のモデルハウスも休館していません。

帰省されて、実家のご両親と一緒にご来場される方が多いのも、この時期の特徴であり、こういう時間を有意義にご利用頂ければ幸甚です。

それでは、また。

★幣社公式アプリのダウンロードは、こちらから★

     ↓ ↓ ↓

b

c

★過去ブログ記事はこちらです★

    ↓ ↓ ↓

%e6%97%a7%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0

★モデルハウスのご案内はこちらです★

    ↓ ↓ ↓

1

Continue Reading

お知らせです♪

1

 

下記の期間で、夏季休暇を頂きますので、ご案内させて頂きます。

<夏季休暇期間>

2017年8月11日(金)~ 2017年8月16日(水)

なお、夏季休暇期間中にお寄せ頂いたお問い合わせに関しましては、8月17日(木)より順次対応させて頂きます。

期間中は何かとご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご了承の程お願い申し上げます。

また、相模原展示場については、10:00~18:00の間で、毎日営業しておりますので、よろしければ是非お越し下さい♪

それでは、また。

★幣社公式アプリのダウンロードは、こちらから★

     ↓ ↓ ↓

b

c

★過去ブログ記事はこちらです★

    ↓ ↓ ↓

%e6%97%a7%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0

Continue Reading

ご契約でした(-^□^-)

459

昨日は、相模原市緑区でご計画のK様ご家族とのご契約でした。

地下1F/地上2Fのマイホームは、趣味とご家族のコミュニケーションを、存分に発揮できる空間です。

年内には着工して、来年の春先ぐらいには、完成できるかなと(-^□^-)

久しぶりの地下空間の施工になりますが、安全第一に無事故無災害で取組めればと思います。

数多くの工務店、ハウスメーカーを検討して頂いている中で、弊社をお選び頂いた理由をお聞きしたところ、

「全ての部分で、一番フィッティングがいいなと感じたので」と。

感無量でございます(T_T)

K様、ありがとうござしましたm(_ _)m

それでは、また。

★幣社公式アプリのダウンロードは、こちらから★

     ↓ ↓ ↓

b

c

★過去ブログ記事はこちらです★

    ↓ ↓ ↓

%e6%97%a7%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0

★モデルハウスのご案内はこちらです★

    ↓ ↓ ↓

1

 

Continue Reading

心晴れやかに、身、健やかに(-^□^-)

2

今日から4日間、うちのチビ達2人(小5&小1)で、僕の実家のある宮城県仙台市へ。

初の兄弟2人旅とは言っても、新幹線で片道2時間の往復程度ですが、本人たちはそこそこ緊張しているようで、これも夏休みアルアルですかねσ(^_^;)

菊池です。

昨日は、川崎市麻生区で建築されるS様ご家族の地鎮祭へ。

お天気が良すぎたせいか、気温もここ数日では最も暑い日でしたが、仲良し三姉妹は元気いっぱい(-^□^-)

笑顔が絶えない和やかな式典でした。

年内には完成できるように、無事故無災害で実行出来る様に細心の注意で。

光と風をふんだんに取り入れた空間と、住宅の生涯コストが限りなく掛からず、お住まい頂くご家族の健康寿命が延ばせる住宅を実現させて頂きますv(^-^)v

1我が家のチビッ子はメンズ2人ですが、女の子もやっぱり可愛いなと(*v.v)。

完成までのプロセスも楽しみながら、この機会を存分にご堪能頂ければと思います!

僕らも完成を楽しみにしておりますので、これからもヨロシクお願い致しますm(_ _ )m

それでは、また。

 

 

★幣社公式アプリのダウンロードは、こちらから★

     ↓ ↓ ↓

b

c

★過去ブログ記事はこちらです★

    ↓ ↓ ↓

%e6%97%a7%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0

 

Continue Reading

諦めない家づくりを。

458

住宅展示場へご来場されるお客様のご自宅計画は、まさに十人十色以上で、目的は大事な家族が住むための住宅を建築し、そこでの暮らしをより豊かにすること。

この目的は、全員が一致とは言いませんが、9割以上の方はこの目的のはずです。

この目的をお持ちの方々の環境を大きく2つに分けると、建築用地(土地)をお持ちの方と、お持ちでない方。

前者の方は計画地が決まっているので、その土地で将来に向かって暮らす上で、最良と思われる住宅と敷地利用を考えるというプロセスに進むわけですが、土地をお持ちでない方の多くは、まずは土地ありきで進めるために、不動産(土地)を探される方が多いというのが現状。

ここで、ますは土地だという事で、訪れた相談窓口の不動産会社の資金計画で打ち出された金額を基本に、土地を購入するというプロセスを踏み、または平行して、建築を依頼する住宅会社と打ち合わせをするというケースは、今も昔もスタンダード。

決して間違ったプロセスではありませんが、非常にリスクの高い手順かとも感じます。

この場合、前述した目的が住宅を取得するという事に終始するのであれば、特に問題ありませんが、数十年先の将来に渡って、心身ともに豊かな暮らしをするという具体的な目的の場合は、進める手順は、住宅会社の選定⇒不動産探索。

土地を購入することがゴールという家づくりは、基本存在していないと思います。

この場合、総予算の上限は、皆さん必ず存在し、掛かったら掛かった分の予算を用意するという非現実的な設定はないというケースで。

しかも、僕らが家づくりをお手伝いできる地域は、どんなに平たく言っても東京・神奈川。

恐らく、平均的にも日本一地価の高い地域。

限られた予算内で、住宅を建築しない不動産業者さんの計算した資金計画で購入した土地代の残予算で建築した住宅が、目的に沿った住宅建築が可能であれば問題ありませんが、実情はどうでしょう。

希望の土地は買えたけど、住宅はそこまで予算が出せないので諦めようという決断をされる方が多いのも事実。

その段階で、目的が変わってしまい、得られるはずの豊かな暮らしを、謂わば諦めるという現実です。

それでも、土地が欲しいと思った地域の理由が、時間軸を基本に考えた場合、恐らく手前の5年、10年ぐらいを基本にお考えの方は多く、その後の20年、30年は考えていないと言うのも事実です。

家族構成も変化し、そこにお住まいになられる方々も、歳を重ねます。

最も大事なのは、目の前の「事」と長い将来を見据えた上での「事」のバランスなんだと思います。

その辺りも踏まえたカタチでの勉強会の参加を、随時受け付けしておりますので、「諦めない家づくり」を実践するためにも、是非、ご活用下さい。

◆ファイナンシャルプランナーが教える!資金計画セミナー

◆土地選びセミナー

それでは、また。

★幣社公式アプリのダウンロードは、こちらから★

     ↓ ↓ ↓

b

c

★過去ブログ記事はこちらです★

    ↓ ↓ ↓

%e6%97%a7%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0

 

 

Continue Reading

SOYO風

1

 

毎月発行させて頂いていた無料ニュースレター「SOYO風」※そよかぜ

今号から、年間4回の季刊号に変わります。

菊池です。

これからも、ご愛顧頂ければ幸甚ですm(_ _ )m

次号は、秋号が11月下旬、冬号が1月下旬発行の予定です。

よろしければ、こちらからお申込頂ければ、定期郵送させて頂きますので、お気軽にお申込下さいませ♪

それでは、また。

★幣社公式アプリのダウンロードは、こちらから★

     ↓ ↓ ↓

b

c

★過去ブログ記事はこちらです★

    ↓ ↓ ↓

%e6%97%a7%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0

 

Continue Reading
1 2 3 16