お疲れ様でした♪

今週は長かったなぁ・・・(T▽T;)

菊池です。

単純に、脳みそに汗を掻く仕事が多かったというだけですがσ(^_^;)

明日、明後日の週末は、当初雨予報、雪予報と、結構最悪モードな感じでしたが、今は降水確率0%

いい感じです\(^_^)/

予定よりも前倒しで、ある業務の着地が見えたので、そんな夜は週末BAR TIMEが理想ですが、そんな夜じゃなくても呑むんですけどねσ(^_^;)

画像は、「ギムレットハイボール」

魅力的ですね————―(≧∇≦)

・・・呑んでみたい (;^_^A

それでは、また。

No.4955
★幣社公アプリのダウンロードは、こちらから★

↓ ↓ ↓

b

c

★モデルハウスのご案内はこちらです★

↓ ↓ ↓

1

Continue Reading

人材は「人財」

画像は、米国のギャラップ社の「エンゲージメント・サーベイ」という調査結果。

テーマは、「2017年の世界企業の熱意溢れる社員」の割合だそうだ。

世界の平均は、15%-67%-18%

日本は、6%-71%-23%

世界の平均値をベースに見れば、あまり良いとは思えない数値。

「熱意溢れる・・・」という指標が微妙だが、単に従業員満足度(ES)にほぼ類似する指標と見れば、理解もしやすい。

自社も、少し設問は異なるが、年末に弊社の代表が社員にアンケートを取り、一人一人のアンケート用紙に書いて頂いた意見をデータ化し、全社員に配信している。

この時に、この行動の意味が理解できていない組織と、理解できている組織では、その後の結果も異なるはず。

我が社の過去3年のデータは、それほど変化はしていない。

環境の部分で言えば、労働時間制度、休日取得日数、賃金制度改定。

この要素に大きな要因があると見えがちだが、果たしてそうだろうか。

この3要素は、年毎にそれぞれ見直しされ、外部機関の意見をもらいながら改定を実施している。

まだ足りないという結論は別として、本質的な考え方やオペレーション等に、まだまだ修正すべき点が多いという結論が肌感。

ですが、今年の自身のスタンスは決めているので、あとは実践だけ。

今年の年末アンケート結果が、今から楽しみです♪

それでは、また。

No.4951
★幣社公アプリのダウンロードは、こちらから★

↓ ↓ ↓

b

c

★モデルハウスのご案内はこちらです★

↓ ↓ ↓

1

Continue Reading

謹賀新年

新年、おめでとうございます。

本年も、どうぞヨロシクお願い致しますm(_ )m

今年の初詣は、世田谷区の豪徳寺へ。

お天気も良く、参拝される方々の行列もそこそこだったので、今年はストレスなく気持ちよく (-^□^-)

2020年は、昨年着地できなかったあれこれに、キッチリ着地してやろうと思います!

今年こそ、公私ともに「必笑」で (^_^)v

それでは、また。

No.4932
★幣社公式アプリのダウンロードは、こちらから★

↓ ↓ ↓

b

c

★モデルハウスのご案内はこちらです★

↓ ↓ ↓

1

Continue Reading

2019.12.31

2019年も本日でLAST.

冬・バケ4日目。

5年ぶりに大晦日は、山へ行かずに相方の実家でのんびりとさせて頂いたので、年明けにご父兄の説明会に使用する少年野球の資料作りに没頭。

山へ行く大晦日は、朝から夕方までアクティブに動き、夕方から大晦日ならではの家族で宴というのが定番でしたので、時間がゆっくり過ぎていく大晦日も新鮮でした\(゜□゜)/

・・・という事で、来年の大晦日は山へ行こうと思いますσ(^_^;)

今年も大変お世話になりましたm(_ _)M

2020年は、年間通じてカラダとマインドをキッチリ仕上げ、公私ともに結果にこだわる1年にしようかと思いますので、どうぞ、ヨロシクお願い致します\(^_^)/

それでは、また。

良いお年をお迎えくださいませ♪

No.4931
★幣社公式アプリのダウンロードは、こちらから★

↓ ↓ ↓

b

c

★モデルハウスのご案内はこちらです★

↓ ↓ ↓

1

Continue Reading

聖夜

 

今宵は聖なる夜なんでしょうけど、我が家には微塵もない雰囲気ですσ(^_^;)

ただ単純に、「チビ達がケーキを食べない」という理由だけですが。

ケーキの存在は、X’masには欠かせないようですね (;^_^A

まぁ、男3人はそれでもOKなんですが、母には辛い話のようです(T▽T;)

来年は、男3人で母に喜んでもらうX’masを考えまーすσ(^_^;)

それでは、また。

No.4924
★幣社公式アプリのダウンロードは、こちらから★

↓ ↓ ↓

b

c

★モデルハウスのご案内はこちらです★

↓ ↓ ↓

1

Continue Reading

年末感は、「紅白」より「有馬」

 

今週は、いよいよ「有馬week」 (^_^)v

22日までは、全てのスポーツ紙の1面が「有馬記念」になる・・・はずσ(^_^;)

意外と認識されていない事実ですが、日本のプロスポーツ競技で、10万人以上を収容できる競技は「競馬」だけ。

ちなみに、過去の有馬記念での最多入場数は、1990年の17万7779人。

有馬記念に限らず、過去最多入場数は、こちらも1990年東京競馬場での「ダービー」で196,517人。

約20万人をLIVEで熱狂させる事が出来るスポーツは、競馬しかありません。

まさに、この年から「競馬」は、老若男女問わず身近になったと思います (^ε^)♪

自身も、この年から28年連続で有馬記念に色んな環境で参加中。

実績は、4勝24敗、勝率0.166

・・・まぁまぁですσ(^_^;)

馬券を買っての実績は、4勝ですが、ロマンを買ってる訳ですので、そこは全戦貫き通せているかなと  (;^_^A

・・・そんな屁理屈は、どうでもいいですねσ(^_^;)

何はともあれ、年末は色々とバタバタと忙しい時間をお過ごしでしょうが、ちょっとした息抜きに是非。

今年は、[アーモンドアイ] × [スワーヴリチャード] × [シュヴァルグラン]の3連複で(^_^)v

それでは、また。

No.4916
★幣社公式アプリのダウンロードは、こちらから★

↓ ↓ ↓

b

c

★モデルハウスのご案内はこちらです★

↓ ↓ ↓

1

 

 

 

 

Continue Reading

Time is money.

 

道具があると、とても便利だが、ある事につい甘える事も、しばしば。

住宅展示場に出展すると、いつでも観れるモデルハウスになるので、外部での展示活動がおろそかになったりする。

無意識のうちに。

なので、恐らくこれまで継続的に行ってきた、個々のトレーニングも、企画イベントの回数の減少と比例して、やらなくなったりする。

あくまで仮説ですが、弊社の場合ですσ(^_^;)

これは、さも便利な環境が故に、そのような負の連鎖になっているかのような表現だが、それとは全くの別問題。

永ちゃんこと、矢沢永吉さんに言わせれば、「どんな環境でも、やる奴はやる、やらない奴はやらない」という部分もあるかもしれない。

または、日々の業務に追われて、そういう時間さえも作れない・・・かもしれない。

どの理由を選択しても、自グループが決めたKPIの実態を理解すれば、トレーニングの無い日常は異常だという事に気付く。

人数やツール、環境が用意されなくても、自身で出来るスキルアップの時間は、作らなくてはいけないと、強く思う今日この頃です。

それでは、また。

No.4911
★幣社公式アプリのダウンロードは、こちらから★

↓ ↓ ↓

b

c

★モデルハウスのご案内はこちらです★

↓ ↓ ↓

1

Continue Reading

継続はチカラなり

危うく、スルーするところでした(T▽T;)

運だめし・・・という感覚はなく、キッチリ気持ちは毎年狙いに行ってるつもりです。

菊池です。

自身の周りの環境も、歳末感がチラホラ出てきてます。

いよいよ年越しするための、各種イベント事が多くなってきているので、ようやく年末モードですねσ(^_^;)

本日は、内定を出させて頂いていた、2020年春卒業予定の学生から、入社の承諾書が届きました。

素直に嬉しいトピックです キタ━━━(゚∀゚)━━━!!!

人とのご縁が、また一つ増えた事に、今夜も迷わず乾杯ですよ\(^_^)/

この流れだと、ジャンボも有馬も行けそうな気がします(^ε^)♪

それでは、また。

No.4910
★幣社公式アプリのダウンロードは、こちらから★

↓ ↓ ↓

b

c

★モデルハウスのご案内はこちらです★

↓ ↓ ↓

1

 

Continue Reading

メモなぁ・・・σ(^_^;)

自身のスケジュール管理目的でのツールとしては、所謂手帳は不要というのが、約10年前から習慣化しているが、その場で書き留める「メモ」目的では、やっぱり「紙」の方が使い勝手はいい。

しかし、その場の利用は便利だが、その後の管理が苦手で、「あれ!?どこに書いたっけ???」状態は、中々改善しないσ(^_^;)

そういう部分ではデジタルは優れもんだが、入口の相性が悪いので、未だにその後の管理は棚の上状態です(T▽T;)

・・・2020年の大きな課題です (;^_^A

それでは、また。

No.4893

★幣社公式アプリのダウンロードは、こちらから★

↓ ↓ ↓

b

c

★モデルハウスのご案内はこちらです★

↓ ↓ ↓

1

Continue Reading

常識を疑う

反抗期&思春期の真っ只中の上のチビ。

そんなある意味、情緒不安定的な時期の男子なのですが、僕的にはあまり気にしておりませんσ(^_^;)

そんな愚息とある種偏った考えもある父親は、野球という共通言語を通じて、よく出てくるワードは、「ライバルは自分」

人と比べる前に、過去の自分と比較しろという我が家の野球少年たちへ送る父からの助言です。

そんなチビが、ある夜に「お父ちゃん、やっぱり敵は己の中にいるんだね!」と。

・・・最近、早起きが出来ずに、自身の朝練もままならない、ただの言い訳ですよ ( ̄_ ̄ i)

しかしながら、こういう屁理屈も言えるようになったという理解の甘い父親です(T▽T;)

菊池です。

業界の常識は、世の中の非常識に該当するトピックも多くあるかなと感じる住宅業界。

それでは社内は?というと、そんな偉そうな事は到底語れず、結構、「マジで!?」という、こちらもトピック満載だったりσ(^_^;)

入社数年というキャリアなら未だしも、役職の着いたキャリア人財になればなるほど、周りからの助言やアドバイスは減ります。

なので、自身で決断する事の量が急激に増え、自分の想いとスキルが着いて来れない状況のスタッフもチラホラと。

そういう時こそ、マネージャーが渦中に入り、目線を現場と同じラインに落としながら、トップダウンで決断するというのが有事のセオリー。

確かにそうだと思います。

なので、決裁権を持つ立場になればなるほど、自身の身を固定概念と偏見でまとまっている環境とは真逆の場所に時には立つ事で、バランスさせないと有事の判断は滑る可能性も。

事によっては、真逆が本質という事も多くあると感じているので、コツはやっぱり行動しかなく。

「楽に走って、脂肪を燃やす」

そんなうまい話がある訳ないじゃん!という感情は、全く持って無意味な世の中です(^ε^)♪

「楽に」・・・という言葉の翻訳は、「徹底的に研究し、その結果を習慣化させた後の感情」だと思います (^_^)v

それでは、また。

No.4881

★幣社公式アプリのダウンロードは、こちらから★

↓ ↓ ↓

b

c

★モデルハウスのご案内はこちらです★

↓ ↓ ↓

1

Continue Reading
1 2 3 16