区画壁 納まり

消防的な問題等で建物内の間仕切り壁を区画壁と呼ばれる仕様で造作しないといけない場合があり、

その区画壁とは通常、最終的に見える仕上げ壁・天井の中にある

構造体のコンクリートの壁・天井・梁まで、間仕切り壁を作成しなければいけません。

 

会社の仲間から資料が欲しいと頼まれましたので、

写真で撮ったように構造体である梁との納まりなどの資料と過去の工事写真を送ってあげました。

 

天井裏などにあるこの区画壁に配管などを貫通する場合は、

区画処理として貫通した配管周りに防火処理も行わないといけないため手間が掛かる場合もある訳です。

 

You may also like