これぞ近未来の家!住宅展示場で見られる最新のエコ住宅とは?

a174

めまぐるしく発展する住宅設備。なかでも、「エコ設備」の進化には世の注目が集まっています。

地球環境問題が叫ばれるなか、Co2削減は世界中の課題。日本政府も「省エネ住宅ポイント」や省エネ住宅への税金軽減措置などを実施しており、今後ますますエコの波が広がっていくはず。

住宅を購入する側としても、便利さ、おトクさをしっかりチェックしておきたいところです。エコ設備のなかで注目したいのは、やはり太陽光発電。最新の太陽光発電は、どれほど進化しているのでしょうか。

 

どんどん進化する!意外と知らない太陽光発電のメリット

太陽光発電は、屋根に置く太陽電池を使って、太陽の光エネルギーを直接電気に変換するという発電法です。太陽が出ていない夜間の電気が心配になりますが、蓄電池を設置すれば、電気をためておき、使いたいときに電気を使うことができます。

使い切れずに余った電気は、電力会社に売ることもできるのでおトクです。電力の「見える化」設備もとても便利。普段使っている電力、太陽光発電で作った電力、電力会社に売った電力がグラフなどでわかりやすく表示されるシステムがあります。これによって、節約意識が高まることはもちろん、何にどれくらいの電力を消費しているかがわかり、無駄を省くことができます。

実は、防災対策としても太陽光発電は有効です。停電が起きても、自立運転に切り替えれば、太陽光の電力で電化製品を使うことができます。同じ地域の他の家は停電しているのに、自分の家は困らず生活する、なんてことも可能な時代なんですね。

 

エコ住宅は、想像しづらい。住宅展示場で体感しよう!

このように、太陽光発電にはたくさんのメリットがあります。でも、エコ住宅を見たことがある人はまだ少なく、どうしても実際の生活に結びつけて想像しづらいもの。体感して実際の暮らしをイメージする必要があるのです。

効率的に最新のエコ住宅を体感するなら、まずは住宅展示場に足を運びましょう。住宅展示場は、複数のハウスメーカーがモデルハウスを建てて展示している場所。自分たちの住宅のすばらしさをわかってもらうために、最新技術をフルに使ってモデルハウスを建てています。結果、最新トレンド設備を備えた住宅が集合するというわけです。

例えば、さきほどご紹介した電力の「見える化」設備も様々。モニター付きインターフォンと一体型になっているケースもあれば、移動可能なタブレット型のケースもあります。また、「見える化」すると同時に、自動制御システムで自動的に節電をしてくれるという驚きのシステムを取り入れているところも。

ぜひ各モデルハウスの設備を比較してみてください。住宅展示場には営業マンが常駐しているので、すぐに質問できるのも嬉しいところ。「停電時にどうやって自立運転に切り替えればいいのかな」など、カタログだけでは想像しづらい部分をどんどん質問してみましょう。

最近は、各モデルハウスの太陽光発電と蓄電池をネットワークで接続し、住宅展示場全体で活用するといった新しい取り組みまで出ています。きっと「こんな設備があるんだ!」という新しい発見があるでしょう。

どんどん進化していくエコ住宅。ぜひその目で確かめてみてください。

 

 

これから何十年も住むことになる家の「住環境」によって「家族の健康」も大きく影響を受けることは想像に難くありません。

しかしながら、これまで健康と住宅を関連付けた「実証調査」はありませんでした。

このたび、慶応義塾大学並びに首都大学東京の調査と、我々で行った独自の調査(調査期間:2014年から2015年)で実証された住宅を体感・観覧できます。一度ぜひお越しください。

51_TOFU_article_bottom_to_MOFU

関連記事