住宅展示場見学ビギナーのための「センターハウス活用のススメ」

a178

住宅展示場の主役と言えば、ハウスメーカーが技術の粋を結集して作りあげたぴっかぴかのモデルハウスたちです。住宅展示場を訪れる人の多くは、モデルハウス見学を目的にしているのではないでしょうか。だけど住宅展示場にはモデルハウス以外にも見るべきところがあります。

それは「センターハウス」。ついついセンターハウスをスル―してモデルハウスに直行してしまいがちですが、センターハウスには住宅に関する情報がたくさん揃っています。住宅展示場見学ビギナーこそ、センターハウスを活用しましょう。

 

センターハウスは必ず行かなきゃならない!わけではない

住宅展示場に行ったら、モデルハウスを見学する前にまずセンターハウスに行くべきなのだろうか?と疑問を持たれる方もいらっしゃるかもしれません。基本的に、「センターハウスで見学のための許可をもらう」といった事をする必要ありません。直接モデルハウスに行って見学、でOKです。

ところが、住宅展示場見学の初心者にとって「どのモデルハウスを見学するか」を選ぶのはなかなか難しいこと。展示場見学のテクニックに「見たいハウスメーカーをピックアップして、優先順位を決めておく」というのがありますが、ハウスメーカーや展示場のHPで確認して優先順位を決めておいたとしても、実際にモデルハウスが何棟も並んでいる姿を見ると、あの家もこの家もと色々見たくなってしまいます。

そんな時は、まず場内を一周して気になる家をチェックしましょう。この時に便利なのが、センターハウスでもらえる場内マップ。見たい家をチェックしたり、まわるルートを決めたり、メモを書き込んだりして活用します。

 

パンフレットやカタログ、資金相談会や住宅セミナーも

センターハウスには場内マップだけでなく、展示場内にあるモデルハウスのパンフレットや家具・インテリアのカタログなどが置かれており、土地や建て替え中の仮住まいについての情報も入手できます。またセンターハウスでは、資金相談会や税について勉強会、それに住宅関係のセミナーなどが開催されることもあります。

賢く家づくりをするには、家や土地についてのたくさんの情報が必要になります。「知らなかった!」で後悔することにならないように、センターハウスで開催されるイベントやセミナーにどんどん参加して、気になる資料や情報をできるだけたくさん集めましょう。

 

ちょっと休憩、にも使える

モデルハウス見学には意外と時間がかかるし、あちこち歩き回ったりするので、だんだんと疲れてきます。そんな疲れた状態でモデルハウスを見学しても、営業の話しが頭に入らず、チェックしたい項目を忘れてしまうこともあります。

そんな時は、センターハウスでちょっと休憩してみてはいかがでしょうか。センターハウス内に休憩スペースを設けていることもありますので、ここを有効活用しましょう。疲れたら休憩スペースで一息ついて、見学プランを練りなおしたり、見学したモデルハウスの内容を見直してみたりしてもいいですね。疲れてぼんやりしたままの状態では、色々なことを見落としがちになってしまいますから。

すでに触れたように、住宅展示場でモデルハウス見学をする際に「必ずセンターハウスに行かなければならない」ということはありません。でも住宅展示場に行ったらまずはセンターハウスに行って、休憩スペースはあるか?住宅に関する情報は仕入れられるか?をチェックしてみてはいかがでしょうか。

そうしてセンターハウスを活用して、賢く、楽に、モデルハウス見学をしましょう。

 

 

これから何十年も住むことになる家の「住環境」によって「家族の健康」も大きく影響を受けることは想像に難くありません。

しかしながら、これまで健康と住宅を関連付けた「実証調査」はありませんでした。

このたび、慶応義塾大学並びに首都大学東京の調査と、我々で行った独自の調査(調査期間:2014年から2015年)で実証された住宅を体感・観覧できます。一度ぜひお越しください。

51_TOFU_article_bottom_to_MOFU

関連記事