まずは住宅展示場で!後悔しないキッチン設備の選び方

a254

家事のなかで最も時間がかかる料理と洗い物。キッチンの設備はどんどん新しいものが出ていますから、最新の設備でラクができたらいいな、と思いますよね。

でも、あれもこれも……と欲張っていたら、コストがかかり過ぎてしまいます。自分にとって必要な設備は何か、よく考えて選びたいものです。今回は、キッチンの設備の選び方についてご紹介します。

 

はじめに住宅展示場でキッチンをチェックしたほうがいい理由

キッチンの設備を確認するなら、ショールームでいいんじゃないか?と思うかもしれません。もちろんショールームもたくさんの設備が見られ、アドバイザーもいるので活用したいところ。でも、ショールームはメーカーごとに分かれているため、すべて回るのは大変なんです。

住宅展示場なら、さまざまなハウスメーカーのキッチンが見られます。複数メーカーのシステムキッチンがチェックできる可能性が高いでしょう。また、ハウスメーカーが取り扱っているメーカーが決まっているため、ハウスメーカーを決めた後では選択肢が狭まってしまいます。購入を決めてから「自分が欲しかった設備はこのメーカーのシステムキッチンにはない…」と後悔しても遅い、ということになってしまいます。

 

足を運ぶ前に事前準備をするとスムーズ

いきなり住宅展示場に行っても勿論いいのですが、少し事前準備をしておくのがオススメ。食器棚に入れたい食器やキッチンツールの分量を大体把握しておいたり、家事をしながら「ここが楽になったらいいな」と思う部分を考えておくと、チェックしやすいものです。

有名なシステムキッチンのメーカーのホームページを見て、軽く特徴をつかんでおくとなおいいでしょう。「この設備いいな!」といくつかピックアップしてから体感すると、「想像通りだった」「意外とそうでもない?」など判断がつきやすいものです。

 

生活スタイルや条件に合わせて要・不要を判断しよう

実際にモデルハウスに行ったら、家事をしているつもりで設備を触ってみましょう。自分のライフスタイルや条件に合わせて、必要かそうでないかを考えていきます。

例えば、食器洗い乾燥機はすべての食器を洗えるわけではありません。塗りのお椀や金箔入りの食器、クリスタルグラス、銀製のカトラリーなどは使用を避けたいもの。あれば便利なのですが、使えない食器を多く持っている人は、「食洗機をやめてむしろ収納を増やしたい」と思うかもしれません。

吊り戸棚が電動で降りてくるシステムを搭載しているメーカーもあります。こちらは、普段上のほうのものをとるのが億劫な人には最適!逆に身長が十分ある人には必要ないかもしれません。

シンクが3層構造になっている、コンロが3つとも横並びになっている、などの特徴を持つキッチンもあります。料理に手間と時間をかけている人にとっては嬉しい設備。でも、共働きで普段あまりお料理に時間をかけないなら、不要かもしれません。

こういった具合に設備をチェックしていき、一番欲しい設備をもつメーカーを決めましょう。メーカーを決めてからショールームに出かけていくと、より詳しくキッチンの設備を見ることができます。

 

 

また、これから何十年も住むことになる家の「住環境」によって「家族の健康」も大きく影響を受けることは想像に難くありません。

しかしながら、これまで健康と住宅を関連付けた「実証調査」はありませんでした。

このたび、慶応義塾大学並びに首都大学東京の調査と、我々で行った独自の調査(調査期間:2014年から2015年)で実証された住宅を体感・観覧できます。一度ぜひお越しください。

51_TOFU_article_bottom_to_MOFU

関連記事