Fフォースターは信じられない?シックハウス症候群に陥らない建材を選ぼう

a275

『シックハウスの原因となる物質を避けよう』というように、シックハウス症候群は「家の中の空気の汚れ」により引き起こされてしまうもの。合板などの建材に使われる「接着剤」に、人体の健康を脅かすような物質が使われており、それが空気中に揮発してしまうのです。

まさかそんなことがあるとは考えられていなかった時代。有害物質を含んだ建材は安価で扱いやすいものとして、多くの建築物に、大量に使用されてしまいました。見かけはとても素敵なものが多く、人々は喜んでそれらの建材を迎え入れてしまったのです。

現在は健康を脅かす物質が判明し、建材や有害物質に対する知識さえあれば、家族を守ることができます。この記事では、「そもそも家の中の空気を汚さない」というポイントから、シックハウス対策を考えてみましょう。

 

「Fフォースター」は、空気を汚さない素材・・・とも言い切れない

ホルムアルデヒドを使用していない建材を見分ける方法に、「Fフォースター(F☆☆☆☆)」というマークがあります。建材だけでなく、家具にも使用されている等級です。F☆☆☆やF☆☆など、星が3つ、2つのものもありますが、4つの星がもっとも高い等級のもの。ホルムアルデヒドの量が少なく、建築の際にも使用制限がないものです。シックハウス症候群を引き起こさないために頼るべきひとつの指標とも言えます。

しかし、「Fフォースター」は少し注意すべきことがあります。それは、「ホルムアルデヒドがゼロではない」ということ。少ないというだけで、まったくゼロでなくともFフォースターに認定することができるのです。もし空気がこもる環境に使われたら、やはりそこにいる家族がホルムアルデヒドを吸いこんでしまうことになってしまいます。

また、Fフォースターはあくまでも「ホルムアルデヒド」だけに特化した等級です。『ホルムアルデヒドを発散する恐れのある建築材料である』と認定された建築材料がランク分けされるということですので、ホルムアルデヒド以外の物質に関してはなんら規制ができていません。「Fフォースターだから安心だ」と考えず、換気に気を付ける、「本当にその建材でいいのか?」と最後まで確認するということが必要です。

 

無垢材、天然素材を選ぶことで、「家が呼吸」する

シックハウスの原因となる建材を避けるには、「この建材はどのような接着剤を利用しているのか?」とメーカーに確認するなどの方法もありますが、いちばん確実なのは「そもそも接着剤を使わない建材を選ぶ」ということです。

無垢材、人工的なプリント板などを貼りつけていない自然素材などを利用しましょう。また、塗料などにも天然素材を使ったものが出てきました。壁は「珪藻土」などが採用されています。天然素材は、「健康被害を起こさない」というメリットがありますが、それでも少し使いにくい部分があるため、合板や人工的な建材に「負けて」、選ばれなかったとも言えます。たとえば無垢材はそれ自体が水分を含み、季節によってその水分量が変わることで「反り」、「むくれ」などが発生します。また、価格も高めです。

しかし、自然由来の建材に変化があるというのは当然のこと。それは決して人にとっての「デメリット」ではありません。季節に合わせて、住む人が過ごしやすい環境を作ってくれているのです。夏は水分を吸いこんで湿気を調整し、冬は水分を放出して室内の乾燥を防いでくれます。

断熱効果が高いのも特徴的です。家が生き物のように空気を通すということは、家の中の空気がこもってしまわないということ。悪い空気、汚れた空気も、上手に外に出ていきます。つまりは、家がきちんと「呼吸」しているということなのです。そのような家であれば、家族にとって過ごしやすく、健康を保ちやすい家だと言えるでしょう。

少しの「反り」や「むくみ」も、木の表情のひとつ。木の質感を味わいながら生活することの良さは、きっとすぐにご理解いただけると思います。

 

健康住宅についてのご興味ある方は
newbuilding_back

 

注文コラム資料請求バナ-01

 

関連記事