木工事・左官工事中です!

こんにちは。

相陽建設、現場監督の稲崎絵梨香です。

 

玄関の顔となる、レッドシダーの羽目板が袖壁・軒下へ施工されました。

無塗装の仕上がりなので、外の部分は屋根、サッシに続く仕上がり部分となります。

 

また、断熱工事が内・外ともに施されました。

最近寒さが和らぎ、日中は初夏のような厚さを感じるようになりました。

特に熱気は下から上へと上昇してきますので、中の断熱工事は天井に近付く程、熱さを増していきました。

天井近くの作業から降りてくると、業者さんが必ず汗だくになっている状況です。

今年の夏が今から恐ろしいです・・・

 

中の断熱工事より少々先行して、外の断熱工事を大工さんが施してくれました。

ワッシャーという断熱材を留める材料があるのですが、こちらは約3000個ほどあり、これらを等間隔に施工していきます。

 

そして現在は、引き続き木工事、新たに外部左官工事中です。

外部左官では、まずワッシャーを埋め、施工面を平らにする作業から入ります。

休み明けより、外部左官工事の仕上げも始まるので、外部では最も大きい仕上げ面ができあがっていきます。

左官工事では、天候が何よりも心配なので、天気予報は逐一確認です・・・!

 

さらに、内部では2階天井下地を施工しています。

天井には、基礎部分と同じウレタン工事が入るので、最後の断熱工事となります。

仕上げとなる内部左官工事の下地である、石膏ボード張りも進行しています。

内部も着々と進んでおり、仕上がりが楽しみです!

Continue Reading

屋根工事完了・木工事中です!

こんにちは。

相陽建設、現場監督の稲崎絵梨香です。

 

前回の投稿より一ヶ月が経とうとしているほど、久しぶりの投稿となってしまいました・・・

現在、F様邸では木工事中です。

作業が素晴らしい速さの大工さんなので、私の段取りが追いつかなくなる!と確認の毎日です。

 

前回の上棟から、すぐに屋根工事が始まりました。

屋根はざらざらとした仕上がりの板金で、雪止めの効果があるものを使用しています。

同時に進んでいる木工事では、始めに雨風を早急に凌ぐ為、外部の施工に入ります。

耐力面材を張り、サッシを取付、防水シートを張ります。

軒下の下地を組み終えたら、ケイカル板の施工です。

写真1枚ずつの紹介となってしまいますが、それぞれの工程に数日かかることもあり、大工さんの負担は計り知れません。

耐力面材の重さは30kgのものであったり、仕上げとなるサッシは傷をつけないよう気を付け、ケイカル板では尾だれという雨が軒下に入ってこないようにする少しの出を設けるなど、作業ひとつひとつに細やかな気配り・体力が必要になってきます。

また、サッシや軒には下地も必要で、温度差の激しい中、素早く動いてくださいました。

本当に大工さんは頭がよく、現場を見ながら、同時に勉強させていただいてます。

外部がひと段落すると、内部の作業となります。

屋根には通気材という、棟換気・軒下換気の通り道をつくる材料を屋根一面に施工します。

同時に、電気・ガス・水道工事も入り、基礎部分に先行で配線や配管を通します。

 

通し終えれば、基礎断熱工事です。

ピンク色のモコモコしたものがウレタンフォームという断熱材で、触ってみると意外と硬いです。

馴染みがあるものでいうと、発砲スチロールと似た者なので、カッターでも切ることができます。

 

基礎が出来上がれば、床材を敷きます。

内部の仕上がりとして、一番初めに大きい面として出てくるので、養生は欠かせません。

施工後はすぐに養生を施します。

先日、配線確認、というお施主様に実際に現場を見ていただき、主に配線・下地の位置・高さを確認していただきました。

仕上がりをイメージし、どのように見えてくるか、壁に断熱材を入れる前である段階での最終チェックとなります。

 

配線確認で確定した変更事項を訂正し、いよいよ断熱工事です。

断熱工事が終わると、間取りや仕上げ部分が増えていくので、完成のイメージがより膨らみます。

今後の工程が楽しみです!

Continue Reading

上棟しました!

こんにちは。

相陽建設の稲崎絵梨香です。

 

F様邸が、このたび上棟しました!

上棟とは、建物の骨組みとなる木材を、土台から屋根まで一気に組み上げる工事です。

大工さん6人での作業は、迫力があり、非常にかっこいいです。

監督として、安全面や整合性の確認もありますが、立ち会っていて惚れ惚れする場面もあります。

 

棟梁の声掛けによる上棟は、大工さんのお互いの助け合いであり、顔なじみの大工さんが揃う場はわき合い合いとしています。

以前は重機無し、全て手作業でのおおがかりな作業でした。

安全面の指摘がある前は、大工さん以外の関わる職人さん全てでの作業だったようです。

皆で協力しての「上棟」は、長い大工さんであればあるほど、思い入れのある大事な工事です。

大工さんの関係があってこその「上棟」だと思うと、本当に有り難く感じます。

  

 

Continue Reading

基礎工事 コンクリート打設です。

こんにちは。

相陽建設、現場監督の稲崎です。

 

F様邸にて、コンクリート打設を行いました。

ベースとなる耐圧コンクリートを打つ為、型枠を組みます。

耐圧コンクリート打設後、立ち上がりのコンクリートを打つ為、再度型枠を組みます。

今回は、ガレージがある為、通常の型枠では高さが合わない為、基礎やさんが木枠で型枠を施工してくれました。

そして、立ち上がりコンクリート打設後、犬走りコンクリートや、玄関、勝手口の段差部分の型枠を組み、コンクリートをさらに打設します。

寒さも弱まり、陽射しが照りつける中、コンクリートは重量があるため、汗を流しながら施工してくれました。

基礎やさんはもちろん、設備やさん、ガスやさんも施工してくれています。

業者の皆さん、いつもありがとうございます。

Continue Reading

基礎工事中です。

この度、相模原市 F様邸の現場監督を担当することとなりました、稲崎です。

初めての現場レポートとなります。

何卒宜しくお願い致します。

 

F様邸は、既に着工をしており、只今基礎工事中です。

こちらは着工前の写真です。

地縄張りを終えた直後にて、残す予定の大きなゆずの木をどのように残すか検討致しました。

その後、着工前に植木職人の方にゆずの木を伐採していただきました。

お忙しい中、来てくださったそうです。

ありがとうございました。

 

いよいよ着工となり、基礎工事に入りました。

根伐により、土を出していきます。

さらに、今回は地盤改良を施す為、材料を施工していきます。

 

工事では雨が降ってしまうと、現場に入ることも難しいときがあります。

このごろ、天候が怪しいので、晴れのうちに雲行きを見計らいつつ、安全に進めてまいります。

Continue Reading