2022年5月26日

広さと使いやすさを考えたリノベーションで収納不足を解消!

リノベーションのご要望の中でも多い「収納」に関するお悩み…
今回は特に収納スペースが足りないというお声が多いマンションのリノベーション事例とともに、
「玄関」と「キッチン」の収納のポイントをご紹介いたします。

玄関収納

靴類をはじめ、雨具やアウトドア用品を収納される方が多い玄関。
お子様がいらっしゃるご家庭ではベビーカーや自転車などの大物を置いたりも。
家族全員がほぼ毎日使う玄関は散らかりがち…
いつお客様が来られても慌てることなく、すっきりとした玄関にしておきたいですね。

シューズラックの追加設置

玄関収納を増やす方法として、靴箱を新たに設置するという方法があります。
収納量はもちろん、玄関空間のスタイルに合わせてお好みの形をお選びいただけます。
見せる収納として、お気に入りの靴を飾るのも素敵ですね。

シューズインクローゼットの新設

更に収納力を上げたい、大物も収納したい、という方には「シューズインクローゼット」がおすすめです。
靴を履いたまま入ることの出来る収納スペースなので、収納力は抜群!!
部屋型で風通しもよく、防カビ対策にもなります。

マンションリノベの施工事例(シューズインクローゼット)

もともとは収納のない玄関でしたが、
隣接していたキッチンの一部をシューズインクローゼットに!
狭い玄関だから収納スペースは広げられない…というマンションでも、
間取りを変えられる場合があります。
ご要望に合わせたご提案をさせていただきますのでぜひご相談下さい。

キッチン収納

玄関と共に収納力に不満が多い場所がキッチンです。
日常生活の中で使用頻度の高いキッチンスペース。
吊り戸棚のような高い位置の収納を増やすと、収納力は上がりますが使い勝手はどうでしょう。
よく使う食器や重いものは不向きですし、賞味期限のある食品ストックは管理しきれず無駄になってしまう可能性も。
収納力だけでなく使いやすさを考えたプランニングが大事です。

そんなキッチン収納のおすすめが「パントリー」です。
パントリーには、壁面収納タイプとウォークインタイプの2種類があるので、
ご希望の収納量や生活スタイルに合わせてお選び下さい。

パントリー(壁面収納タイプ)

「壁面収納タイプ」は比較的省スペースで費用が抑えられます。
奥行が狭いため入っているものを一目で見渡すことができ、出し入れが簡単です。
限られた収納スペースを効率良く使うために取手付きの収納ボックスを使用したり、
中身が分かるようラベルを付けても良いですね。
収納する場所も使いやすさに関わってくるので、ぜひ参考にしてみてください。

収納のコツ

収納場所 収納するもの
上段 軽いもの、たまに使うもの、消費期限がないor長いもの
(例…行事用の食器、塩や砂糖のストック)
中段 使用頻度の高いもの
(例…メインの食器棚に入らない食器類、パスタや出汁類のストック)
下段 重いもの、大きいもの
(例…お酒やミネラルウォーターのストック)

パントリー(ウォークインタイプ)

もう1種類が「ウォークインタイプ」のパントリー。
納戸のようにひとつの部屋になっているため、食品だけでなく大きな家電の収納も可能です。
収納のコツは壁面収納タイプ同様、目線の高さに使用頻度の高いものを置くのが基本です。
広いスペースなので、ゴミの分別に必要な数のゴミ箱を置くことも出来ますし、
冷蔵庫を入れてしまえば生活感をなくしてすっきりしたキッチンにもなります。

マンションリノベの施工事例(ウォークインパントリー)

もともとのキッチンは半個室型。
そのスペースの半分は玄関収納にし、もう半分をウォークインタイプのパントリーにしました。
大きめのストックや、使用頻度の低い食器や家電などをパントリーに収納することで、
リビングから見えるキッチンがとてもすっきりしています。

最後に

収納スペースは広ければ良いというわけではありません。
何がどこにあるのかがすぐ分かり、少ない動作で必要なものを出し入れできる収納が望ましいですね。
その家に住む方のライフスタイルに合わせた収納をご提案させていただきます。
お気軽にご相談下さい。

ABOUTこの記事をかいた人

リフォーム事業部

お引渡しをしてから何かトラブルがあった時、ご自宅の主治医として出来る限り素早く駆けつけたい、 そんな想いから施工エリアを半径15kmと定めアフターフォローの充実を大切にしております。 耐震診断士等の有資格者も在籍しており、小規模なリフォームからインスペクションが必要な増改築・リノベーション工事を展開しております。