新築で注文住宅を建てたい方へ|「失敗しない家づくり」の手順

新築の注文住宅を建てたい!とお考え中のかた。
「何から始めたらいいの?」「何を決めたらいいの?」
と悩まれていませんか?

・土地をもっていないし、まずは土地から探そう!
・住宅展示場に行って話を聞いてみよう!
・不動産会社に聞いてみよう!
・自分で探してみよう!
様々な探し方があると思います。

もちろん、「これが正解」は無いのですが、「このような考えで家を建てると理想が叶いやすい」というポイントやコツみたいなものは、実はあるんです。
家づくりをしていると失敗談もたくさん聞く機会があります。
その辺の話も交えながら、「理想の家づくり」を実現するための方法をテーマに書いていこうと思います。

新築の注文住宅を建てるために必要な準備

さて、ここからが本題です。
家を建てるためにまず決めないといけないことですが、実はそこまで多くありません。

「土地」「予算」「住宅会社」などは条件面で決定しなければいけない内容です。
しかし、実は、この条件に関しては決めなければいけませんが最重要ではありません。

何よりも重要なことは、
「どんな家を建てたいのか?」、もっと言うと、家を建てた後に「どんな暮らしが送りたいか?」
といった具体的な暮らしを考えることにあります。

そこが明確であればあるほど、希望の暮らしに近づけられますし、土地や住宅会社は自然に決まっていきます。
もう少し詳しく述べていきます。

住まいは、「建てた先にある快適な生活」のためにある

注文住宅を建てる時、絶対に間違ってはいけないことがあります。
それは、家を建てる目的です。
特に新築の注文住宅を建てる目的は、「建てた後の暮らしのためにある。」ということです。

建てた後に快適な暮らしを送るために住まいはある。

一読すると当たり前に思えますが、いざ、家を建てる方に話を聞くと、

・おしゃれな家が建てたい
・この地域に建てたい
・二世帯住宅が建てたい
と、

建てたいイメージはあるものの、「その先の暮らし」まで考えている人は少数です。

暮らしから考えると他のものは自ずと決まる

暮らしから家づくりを考えていくと、他は自然に決まっていきます。
「こんな暮らしがしたいから、場所はここらへんだよね。」
「こんな暮らしを実現するためには、間取りはこうだよね。」
「そのために、現実的な予算は、0000円だから、この予算で実現するにはどうしたらいいかな?」
と、進みます。

そして、皆様の思い描く理想の暮らしを実現するための「現実的手段」を考える役割が「住宅会社」や「工務店」です。
ですので、「ただ、建てれればいい」という考えで選ぶものではありませんし、しっかりと暮らしの相談にのってくれる会社を選ぶべきです。

暮らしを追求すると土地は後から決めても良い

もし、土地が決まっていないと住宅会社へ伝え、「土地から探しましょう」とアドバイスをされたら、この記事を思い出してください。
家づくりは、決して土地が無いと始まらない訳ではありません。
土地が決まっていない段階で、まずは住宅会社へ相談に行き、理想の家を建てるために必要な予算を把握する。
その次に土地を探すことも可能です。
特に、まだ何も決まっていない段階の方にはこの順番をオススメします。

「まずは土地ありき」と考え土地から探し出すのではなく、「理想の暮らし」を考え、それを実現できる予算を知り、その次に実現するための具体的な方法を探していってください。

まとめると

ここまでの話をまとめます。
1:失敗しない家づくりのためには、「家を建てた後の暮らし」を考えることが何よりも大切
2:土地は後から決めても良い
3:特に、まだ何も決まっていない段階の方は、まずは相談に行き理想の暮らしを実現するための費用を把握する。

このようなポイントに気をつけながら、家づくりを考えていくと、理想の家・失敗しない家づくりが実現できるのではないでしょうか。
繰り返しになりますが、何よりも大切なことは、「家を建てた後の暮らし」です。
どれだけ建てる前に満足しても、建てた後の暮らしが快適に送れなければその家づくりは失敗です。
こんなはずじゃなかった。
もっとこうしとけばよかったと後悔しないためにも、家づくりを考える時には参考にしてください。