二世帯住宅の水道メーターは世帯ごとに分けられる?

二世帯住宅で親世帯と同居する場合、気になるのが光熱費の負担です。事前に決めた割合で毎月それぞれが負担するという方法もありますが、お互いになんとなく気を使ってしまって好きなだけ水や電気を使えないといったデメリットもありますね。

完全分離型の二世帯住宅であれば、電気のメーターは簡単に分けることが可能です。では水道のメーターを分けるためには、どのようなことに注意する必要があるでしょうか?

 

初期費用がかさむケースがある

例えば、親世帯がそれまで住んでいた土地に、古い家を壊して完全分離型の二世帯住宅を建てる場合を考えてみましょう。

このとき、その土地には1世帯分の水道管しか引き込まれていません。二世帯住宅でメーターを分けたい場合は、もう1世帯分契約をしなくてはなりませんので、新たにもう1本水道管を引き込む必要があります。前面道路に埋設されている水道本管からの引き込みになるため、その距離によって金額が変わってきますが、工事費用は数十万円から場合によっては100万円を超えることもあります。

おおよその目安ですが、引き込み管1mあたり最低でも3万円程度はかかるとみておいたほうがよいでしょう。6m引くのに35万円かかった例もあります。重機を動かす際のガードマンの費用も考慮しなくてはなりません。

また、契約が2世帯分になるということは、毎月の基本料金もそれぞれ別に支払うことになります。東京都の場合、水道口径20mmで基本料金が1,170円、これが二世帯分となると、2、340円の負担です。

 

子メーターをつけるという方法も

見積もりの結果、思ったよりも工事費がかかりそうだ、といった場合には、子メーターを設置してそれぞれ使用した量を把握するといった方法もあります。子メーターとはアパートなどの集合住宅でよく使用されるもので、前面道路からの水道管の引き込みは1本、親メーターで計測した分を水道局に支払います。この1本の水道管から来た水をそれぞれの世帯に分け、各戸で使用した分は子メーターで管理する方式です。

子メーターを設置するのにかかる費用は数万円程度で、この場合の水道代の基本料金は1世帯分の支払いとなります。しかし、水道代も電気代と同様に、使用した全体量で1㎥あたりの単価が決まる従量制で計算されるため、二世帯分が合算された量の単価が請求されて割高になります。

例:東京都で、親世帯が20㎥、子世帯が32㎥使用した場合の子世帯の水道料金
・メーターを分けた場合
(基本料金)1、170円+(使用料)32㎥×202円/㎥=7,634円
・子メーターを使用した場合(基本料金は折半)
(基本料金)1、170円/2+(使用料)32㎥×213円/㎥=7,401円

この例では子メーターを設置したほうがお得になりますが、実際には蛇口の取り付け数を増やすと水道メーターの口径も増やさなければならない場合があります。口径を増やすと基本料金も変わってきますので、水道局や工事業者とよく相談することをお勧めします。

可能であれば、普段から自分たちが使用している1世帯分の水の量と、基本料金および単価を把握しておきましょう。二世帯住宅になったときにどれぐらいの変化があるのか、イメージしやすくなります。

 

二世帯住宅についてのご相談は
newbuilding_back

 

注文コラム資料請求バナ-01

 

関連記事