エビデンス医師が薦める健康住宅

医学的根拠に基づいたエビデンスを保有

0宣言の家

「1ミリも嘘のない家づくり」

合板や集成材、木工ボンドやビニールクロスなどの長持ちしない建材、化学物質を発する建材、健康に悪影響を与える建材を排除した家づくり。
健康に害を与えるものを「0」にする。それが、「0宣言の家」です。
目に見えない部分まで1ミリも妥協することなく嘘の無い家づくりをする。
家に住む家族が健やかに健康で長生きできる家づくりを目指しています。

0宣言の家

医師が薦める健康住宅

0宣言の家には、医師が認めたエビデンスを保有してます。
科学的なデータから導き出した客観的な事実を基にした家づくりです。
様々なデータから「住むと健康になる」という根拠が出ています。

CASBEE

CASBEEすまいの健康チェックリスト
CASBEE(建築環境総合性能評価システム)は、建築物の環境性能を評価し、格付けする手法。省エネルギーや環境負荷の少ない資機材の使用といった環境面はもとより、室内の快適性や景観への配慮なども含めた建物の品質を総合的に評価するシステムです。
参照 : 一般社団法人日本サステナブル建築協会ホームページ

0宣言の家はモデルハウスで体験できます

MODEL HOUSE

モデルハウスはこちらから 資料請求はこちらから

データで示された科学的な根拠

協働研究調査

住医学研究会・首都大学東京
協働研究(2014-2017)

一次調査二次調査を2014年11月より調査を開始し2015年7月までに回収できたデータを現在入力

比較する全国データ

CASBEE (キャスビー、建築環境総合性能評価システム)は、2001 年に国土交通省が主導し、(財)建築環境・省エネルギー機構内に設置された委員会によって開発された建築物の環境性能評価システムであり、常に改良を重ねている。

地球環境・周辺環境にいかに配慮しているか、ランニングコストに無駄がないか、利用者にとって快適か等の性能を客観的に評価・表示するために使われている。評価対象となるのは、日本国内の新築・既存建築物である。なお、建築物の環境性能を評価する制度はアメリカ・イギリスで従来から使われていた。 ~ウィキペディアより~

  • 全国5,497軒
  • 大手住宅メーカー111軒
  • 住医学ゼロ宣言

「0宣言の家」の特徴

1高血圧者の割合
高血圧
「0宣言の家」居住者には、高血圧者が少なく、血圧で見る限り12〜14年も若い!
2糖尿病者の割合
糖尿病
「0宣言の家」居住者には、糖尿病者が少ない!
3脂質異常症(高脂血症)の割合
脂質異常症
「0宣言の家」居住者には、脂質異常症が少ない!
4運動頻度が高い人の割合
運動頻度
「0宣言の家」居住者には、定期的に運動をしている人が多い!
5肥満者(BMI25.0以上)の割合
断熱性能
「0宣言の家」居住者には、肥満者が少ない!

気温の変化が少ない身体に優しい住宅

暖かい住宅は健康寿命を促進!

「暖かい住宅に住み替えると、心筋梗塞や脳卒中といった循環器疾患を予防することが可能」
「0宣言の家」は、断熱材による調湿効果で体感温度が一定に保たれ、
夏は涼しく冬は暖かく通年快適に過ごせるとされ、協働研究の結果がここに裏付けられる。

「0宣言の家」は、部屋間の温度・湿度の格差が
ほとんどなく、体に優しい

気温差

「0宣言の家」は、外気の変化に関係なく、
一日の室内温度の変動が少ない

外気の影響

住医学研究会の家に住む
お施主の健康面の特性など

比較・まとめ

  • CASBEEで見た得点は、ダントツ全国一
  • 高血圧有病割合は、全国に比べて、12~14年若い
  • 全国の最高血圧より、男性で6.6mmHg低く、女性で11.1mmHg低い
  • 高脂血症、糖尿病の有病割合も少ない
  • 温度と湿度の較差の少なく、快適な家に住んでいる
  • アレルギー鼻炎が少ない。
  • 運動を良くしている。