HOME / 住宅維持管理

政府が後押しするフロー型社会からストック型社会へ

大量生産・大量消費をして、新築を作っては壊す「フロー型社会」から、良い住宅をつくり維持管理を行い、永く大切に使っていく「ストック型社会」へ向け、国が取り組みを始めています。
ストック型社会においては、住宅が長期にわたって価値の高いレベルで維持管理される必要があります。実際、このストック型社会に向けて、新しい法律や制度の整備も積極的に進められており、住宅業界の新しいニーズに対して、国として取り組んでいます。
more
事業イメージ

いえとまちネットワーク

(住生活産業地域密着ワントップサービスモデル)

いえとまちNETWORK

地元工務店や不動産会社、専門職の業務フォローを補うサービスを多数もっており、いえとまち登録店に対して、サービスの提供や研修等を行っています。
また、いえとまちサービスは「注文住宅住宅」「リフォーム」「不動産売買」「戸建住宅管理」「住宅検査」などを支援しており、長期優良住宅の規格住宅や戸建住宅管理のシステムなども提供しています。

more

住宅維持管理

いえかるて(住宅履歴情報)

いえとまちNETWORK

大切な住まいを守るいえかるて(住宅履歴情報)。
住宅履歴情報とは、住宅の設計・施工・維持管理・権利及び資産等に関する情報をいいます。住宅所有者であるあなたが、蓄積・活用していくためのものです。いつ、だれが、どのように新築や修繕・改修・リフォーム等を行ったかを記録し、あなたの住まいの「履歴書」となります。

more

どんどん(いえかるて+住まいの維持管理サービス)

いえとまちNETWORK

住まいの維持管理をサポートします。住宅管理会社が、住宅所有者に代わって、住まいの維持管理を行い、大切な資産価値を守るお手伝いをします。

more

あんしんくん(住宅調査サービス)

いえとまちNETWORK

あなたの家の健康診断を行います。
あんしんくん住宅診断は、一般社団法人住宅管理・ストック推進協会が実施しているホームインスペクター資格を有した者が行います。住宅診断の知識・技術を持っていますので、ご安心してお任せください。

more

ホームインスペクター(中古住宅診断)について

平成25年6月に、国土交通省より日本で初の『既存住宅インスペクション・ガイドライン』が発表されました。
これは消費者が中古住宅流通の上で、安心して中古住宅を購入できるように環境を整えるために、取りまとめられたガイドラインです。
この中には、検査についてだけではなく、ホームインスペクションというものが客観性や中立性等が確保された、公正な検査業務でなければならないという考えのもと、検査を行う事業者(検査事業者)や検査人(ホームインスペクター)が遵守すべきと考えられる事項も記載されています。
「検査を行う者(ホームインスペクター)は、住宅の劣化・不具合等に関する知識、検査の実施方法や判定に関する知識が求められる」と記載されており、「ホームインスペクター」資格はガイドラインに則り、検査人のスキルアップを目的としています。既存住宅流通において住宅の資産価値向上を図り、安心した取引を行うために今後重要な役割を果たす検査人の資格です。

more