0宣言

シロアリ駆除

健康に悪いから

「シロアリ」は体長わずか数ミリの昆虫。主に地下に巣を作って生活をします。
ミツバチやアリと同じように、高度に組織された集団(コロニー)を形成して生活している社会性昆虫です。
シロアリが生きていくには、「湿気」「木材などのエサ」「温度が安定している環境」が必要です。したがって、水を使用する浴室・台所・洗面所・トイレ、また、風通しが悪く湿気の多い床下等での被害が多くなります。
そんな白アリを防除する方法として、床下に防蟻剤を散布するのがいままでの防除工法でした。シロアリが家屋に侵入しないようバリアをつくる工法ですが、根本的な防除法にはなりません。
また、本当に住まい手の健康、環境を考えたら室内(家の中)に大量の薬剤を散布できません

何を使うのか?

シロアリ

【シロアリ】

カンザイシロアリ

【カンザイシロアリ】

Board Defense®は、木材処理剤として開発された商品で、アメリカ環境保護庁から認可されている防腐・防蟻・防虫製品です。白色粉末で簡単に水で溶くことができますので、木材への加圧注入、塗布、散布が可能で、施工の手間もかかりません。木材防腐・防虫に加え、近年ではシロアリ対策の防蟻剤として非常に注目されています。有害物質は一切含まれておらず、臭気もありません。

Board Defense®の活性(有効)成分は八ホウ酸二ナトリウム四水和物(通称DOT : Disodium Octaborate Tetrahydrate)と呼ばれるホウ酸系木材防腐剤で、その効果は低下しません。ホウ酸はもっとも安全有効な木材防腐剤として40年以上にわたって使用されています。

アメリカではホウ酸塩処理を土台部分だけでなくほぼ家全体に施しています。

米国では、イエシロアリ対策としてホウ酸塩処理が普及しています。ハワイでは、1980年代から木造住宅の構造材を防蟻処理する事が義務付けられていますが、DOT処理Jが90%前後のシェアを占めています。また、北米の土台(Sill Plate)の80ー90%は、DOT処理剤です。
日本では、ホウ酸塩処理は輸入ラワン材のヒラタキクイムシ対策に限定されていましたが、2008年2月、日本木材保存協会がDOTを優良木材保存材として認定したのを機にホウ酸塩処理に対する期待が高まっています。最近はカンザイシロアリによる被害が増えてきていますが、構造材のホウ酸塩処理はカンザイシロアリの有効な制御方法として認知されてきています。

活性成分: 八ホウ酸二ナトリウム四水和物  Disodium Octaborate Tetrahydrate:98.0%(重量比)
不活性成分:2.0%(重量比)
Total:100.0%(重量比)

【シロアリによる被害】
画像

掃除機の先が壁の幅木にあたり、その部分が壊れてシロアリの被害が偶然発見されました。
このように、シロアリの被害は目に見えない所で、蔓延して行きます。

画像

家屋におけるシロアリの被害は木材だけにとどまりません。シロアリはプラスターやメタルサイディングなどを通って家中の何処へでも到達することができます。

シロアリ:主に植物遺体を食べる社会性昆虫である。熱帯から亜寒帯まで、陸上のほとんどの地域に分布するが、熱帯に種類が多い。木造家屋などに棲みつき木材を食い荒らす昆虫として忌み嫌われるが、自然界においてはセルロースの分解に携わる重要な働きを持つ。とはいえ対象に好き嫌いがあり効率が悪く、自然界の全セルロース分解に占める割合は1%にも満たない。(ウキィペディア参照)

【腐朽菌による被害】

近年の気密性が高められた家での湿気による被害が多くなっています。
その湿気は、腐朽菌、シロアリやその他湿気を好む虫が一年中生き延びる環境を作り出しています。

画像
画像

構造材全てをホウ酸処理

ホウ酸処理は木材を薬剤で処理し、防蟻及び防腐効果を与えるものです。
ホウ酸処理には、吹付処理、塗布処理があり、施工はこの2つの処理方法を適宜組み合わせて行います。
通常は、床下及び1mまでしか行いませんが、相陽建設では、湿気がなくても木の中だけで生きられるカンザイシロアリ対策として、構造材全てにホウ酸処理をしています。

高性能騒音機にて測定します。

ホウ酸処理剤

【木材防腐・防蟻・防虫】Board Defense
(活性成分:八ホウ酸二ナトリウム四水和物)
容量:50ポンド(22.68kg)/袋

 

有害物質は一切含まれておらず、臭気もありません。
ホウ酸はもっとも安全で有効な木材腐敗剤として40年以上にわたって使用されています。

添加剤

添加剤

Board Defenseの浸透を高め、木材をより良く保護します。

 

容量:1ガロン(3.785㍑)缶