インスペクション(建物状況調査)結果を重要事項へ

こんにちは、相陽建設 古橋です。

国土交通省は、建物の売買時などにされる重要事項にインスペクション(建物状況の調査)の結果を説明することを義務かしました。

日本の建築の課題の一つに、価値を正しく判断して良質な中古住宅の流通をさせる事があります。

現状はほぼ十把一絡げで、築年数〇〇年だからこのくらいではと、不動産屋さんの周辺取引事例から感覚判断です。

建築屋の目線だと、それはあまりにも建物を見ていない事であり、非常に得する方も損する方も運しだいと言う非常に不安定な環境であります。

そんな事もあり、数年前より弊社では インスペクター(建物診断士)の育成とインスペクション(建物診断)を推奨してきました。

さらに、最近は住宅の履歴管理 言い換えると住宅カルテを作成し管理することに着手しています。

今は、まだ不動産業界も慣例に従った商習慣ですが、10年後はどちらになっているかわかりません。

建設業の社会的使命とお客様の資産価値を守る。そのような思いからの備えです。

You may also like