発進をする事

こんにちは、相陽建設 古橋です。

セブンヒッツ理論と言うのがあります。人にものを伝えたり、印象を付けるために必要な回数をしめした理論です。

経営者にとって自分の考えを社員は当然の事、社内外に広く知ってもらう事は大切であるし、知ってもらう為にする努力こそが社長の仕事、そんな風にも考えています。

そのような意味でも、自分の考え方や会社の方向性を常に発信する努力はしていたのですが、

結果から推察するとやっぱり足りていないと言わざるを得ません。

子育てでも同じことを感じるのですが、こちらが伝えたいことが伝わらないもどかしさ

伝えたいことに興味がない、理解をしようとしない人に伝える事の難しさ心底感じます。

発信者として、伝える技術 それも興味が無い人にその人が興味を持っている事から上手に理解されるように伝える技術 憧れます。

コミュニケーションのとれた状態、ちゃんと伝わったと言える状態と言うのは、相手の行動が自分の理想と重なったり、もしくはリンクしている事

理解されただけでは、まだ伝わっていない状態、そこを目指し日々チャレンジです。

You may also like