社内検査

相模原市にて施工中の公共現場。

まだ作業中ですが、お引渡しが近いので社内検査を行ってきました。

施工中に一度現場廻りで訪れた際も広さに驚きましたが、やっぱり広い。

気になる箇所はあれこれと質問しましたが、何の為にこうなったのかをすべて説明していただいたり。

小さな子どもが出入りする部屋に設置されていた収納は、扉が勢いよく閉まらないよう工夫がされていたり。

ここまで無事にきたのは現場監督をはじめ、協力業者の方々のおかげ。

 

こちらの現場、来月には竣工を迎えます。

地域の方々の憩いの場となる日も近づいてきています。完成をお楽しみに!

 

相陽建設株式会社

自然素材の注文住宅、リフォーム、リノベーションなどの家づくりをご検討中の方は弊社HPをご覧下さい

Continue Reading

申請手続き

まもなく竣工を迎えようとしている公共工事の現場。

こうした公共工事を行うには、まず入札に参加する必要があります。

その入札に参加する資格を得る為に、今現在、神奈川県や県内の市区町村へ提出する書類を準備中。

 

2年に1度の申請が必要でして、異動して業務の引継ぎを受け今回で2度目。

初めての申請は、こんな大事なことをもし間違えたらどうしようとプレッシャーに襲われ、手引きを読んでも理解できず何度も上司に確認していました。

2度目の今回。前回との変更点もあり、やっぱり調べてばかりですが、確認の回数は減ったはず。

自分の為にも、担当が代わったときの為にも、ある程度の作業内容をまとめる時間を作っておかないとですね。

前回は必死すぎて控えをとることしか余裕がなかったので、今回はきっちりまとめる予定です。

 

相陽建設株式会社

自然素材の注文住宅、リフォーム、リノベーションなどの家づくりをご検討中の方は弊社HPをご覧下さい

Continue Reading

【入居者募集中】スタジオ・ピルエット

橋本駅より徒歩約20分(相原駅より徒歩17分)

自転車なら橋本駅まで10分ちょっとで着きそうですが、運動不足を感じている方は過ごしやすい時期に徒歩での通勤・通学はいかがでしょうか。

最寄りのバス停から橋本駅までのバスも通っているので、雨天時や徒歩で来たものの疲れた日の帰りも安心です。

気になる方はコチラをご覧下さい。

 

相陽建設株式会社

自然素材の注文住宅、リフォーム、リノベーションなどの家づくりをご検討中の方は弊社HPをご覧下さい

Continue Reading

現場サポート

現場監督に代わって、仮設足場用の看板シート発注を行いました。

↓ 建築現場でよく見かける、足場に結ばれている社名の入った看板シートです。

看板シート

今回は、設計会社さん用の看板シートでしたので、デザインデータをいただき、作成会社へ依頼。

とても簡単な発注業務。

そう、とても簡単な発注なのですが、私も担当監督も初めてのこと。

①まずはどこへ発注するのか、社名・担当者名の聞き取り調査

②次に担当者へ連絡を取り何が必要なのかを確認

③設計会社さんからもらったデータを確認‥したかったのですが、私のパソコンにはイラストレーターが入っていないので、他の社員に確認依頼

④納品先や納品予定日の確認など、何度かやりとりの末、無事に発注完了

⑤正式な納品日の連絡待ち

 

初めての作業には時間がかかってしまいますが、これで次回はスムーズに発注できるはず。

 

相陽建設株式会社

自然素材の注文住宅、リフォーム、リノベーションなどの家づくりをご検討中の方は弊社HPをご覧下さい

Continue Reading

法令看板

建築現場に掲示する法令看板。

法令看板

この「建設業の許可票」の他にも、「労災保険関係成立票」「建築基準法による確認済」など、現場に掲示しないといけない標識が数種類あります。

この画像は未記入の状態ですが、印刷済みの看板在庫が少なくなったので、久しぶりに見積りをお願いしました。

すぐに返答をいただきましたが、印刷技術を持つ職人さんの減少もあり、従来の印刷方式から別の印刷方式へとシフトしているのだそうです。というわけで、今までの看板とは製作方法が違いますよ、ということでした。

 

テレビを見ていても、職人さんたちの跡継ぎがいないために自分たちの代で終わりという状況になっていたり、逆にそうした家系で育ったわけでなくても、若い人材が職人の世界に弟子入りして繋げようとしていたり。

新しい技術が次々生まれ、便利さやお手軽さはもちろん嬉しいのですが、それで日本の伝統が追いやられてしまうのは少し悲しい気もします。

 

相陽建設株式会社

自然素材の注文住宅、リフォーム、リノベーションなどの家づくりをご検討中の方は弊社HPをご覧下さい

Continue Reading

新築住宅の現場廻り

現場ショールーム化の活動として、今回は2現場を廻ってきました。

まずは、八王子市にて施工中のT様邸。

ちょうど発砲ウレタンという断熱材の吹きつけ作業中でしたので、どれどれ‥と見て見ると

発砲ウレタン

ピンク色のもくもくした雲のようなわたあめのような発砲ウレタン。

外の専用車では、ドラム缶の上で上下にガッコンガッコンとテンポ良く動く棒がありましたが、後から調べたところ、2種類の発砲ウレタンの薬剤を撹拌させていたようです。そこから伸びたホースを手に職人さんが吹きつけ作業をしていたということです。

そして、こちらの現場は敷地が広いこともあり、前回雑草の指摘がありましたが、暑い中除草に対応してくれました。

除草

職人さんの協力や現場の整理整頓に来ていた新人監督の力もあり、ごみはきっちりと分別され、資材もまとまり、きれいな印象の現場でした。

 

続いては相模原市にて施工中のY様邸。

左官作業の休憩中にお邪魔し、壁塗りたてでしたので細心の注意を払い室内へ。

左官

画像ではわかりづらいと思いますが、とてもきれいなゆったりと流れるような塗り模様。

以前、一度だけ壁塗り体験をしたことがありますが、分厚くべちゃっと付いてしまったり、きちんと塗れずスカスカになったりと、全くイメージ通りに進まず壁塗りの難しさを痛感しました。

やはり職人さんは違います。

 

というわけで、今回は塗りたて・吹きつけほやほやの現場を初めて見ることができました。

 

相陽建設株式会社

自然素材の注文住宅、リフォーム、リノベーションなどの家づくりをご検討中の方は弊社HPをご覧下さい

 

Continue Reading

本日より通常業務再開しています

夏季休暇初日、所用で田名事務所に行くと、現在JV(共同企業体)現場に携わっている2名がちょうど事務所に来ていました。

同じ事業部とはいえ、それぞれ藤沢・横浜への直行直帰のため、お久しぶりですといった状態。

現場のことを聞いてみると、「予想外に広範囲で任せてくれる(弊社はサブ企業(子の立場)です)」「色々な最新機器が導入されてる(ドローン撮影や高性能機器があるようです)」「スポンサー企業(親会社)はグループ会社があって設備も自分たちでできるんだよ」などなど。

現場が始まる前、上司より「たくさん経験して学んできてください」と送り出されていましたが、暑さもあって疲れた様子も見受けられましたが、どことなく活き活きしてるようにも思えました。

それぞれ来年の夏・秋頃まで工事は続きますが、体調に気をつけてがんばってください!

 

横浜の現場の様子はこちらのブログより

 

相陽建設株式会社

自然素材の注文住宅、リフォーム、リノベーションなどの家づくりをご検討中の方は弊社HPをご覧下さい

Continue Reading

全国労働衛生週間

2018年10月1日~10月7日まで「第69回 全国労働衛生週間」となっています。

9月1日~9月30日まではその準備期間ということで、現場に掲示する幕を購入予定です。

ちなみに、今年のスローガンは

“ こころと体の健康づくり みんなで進める働き方改革 ”

仕事に対する強い不安や悩み、ストレスを感じる労働者は半数を超えているものの、そうしたメンタルヘルス対策に取り組む事業場の割合は少ない。また、職場での対応は個々の労働者の状況に応じて進めなければならず、支援の方法や医療機関等との連携について悩む事業場の担当者も少なくない。とあります(中災防HPより

スローガンの入った幕を掲げることで、建設業に携わる者として何ができるのか、自分のこころと体の健康のために何をするのか、少しでも意識するきっかけになればと思います。

業務内容に違いがあるとはいえ、この暑さの中現場で作業する大変さを、まだ十分理解できていないような気がするので、今回のブログをきっかけに今一度考えてみることにします。

 

相陽建設株式会社

自然素材の注文住宅、リフォーム、リノベーションなどの家づくりをご検討中の方は弊社HPをご覧下さい

Continue Reading

新築住宅の現場を廻る

本日は新築住宅の現場廻りへ行ってきました。

1件目は相模原市緑区にて施工中のH様邸。

現場にて作業中の大工さんも、隣の敷地で解体作業をしていた他社の職人さんも気持ちの良い挨拶を返してくれました。実はちょっと緊張しながらの現場廻りなので緊張がほぐれる瞬間です。

安全表示

2Fへ上がると開口部注意の安全ポスターと、安全の為の囲いが設置されていました。現場に不慣れな私のような人はもちろんのこと、慣れた職人さんでもいつなにが起こるかわかりません。

もし注意喚起もなく囲いもない状態でつまづいてしまったら‥、万が一のことを考えると危険予知としてとても大切な対策です。

分別

作業中の室内ではきっちりとごみの分別がされていました。ここまできれいに仕分けていただいている職人さんに感謝です^^

 

そして2件目は同じく相模原市緑区にて施工中のY様邸。

大工さんが忙しく作業をしていましたが、せっかく来てくれたから休憩にするよとキンキンに冷えた飲み物をいただいてしまいました。

話を聞いていると、ひとつの現場だけでなく、大工仲間のところで上棟があればそっちを手伝ったりもするようです。そういえば、自社での上棟の際にも大工さんが大集合していますが、もしかするとあっちこっちから手伝いにきてくれているのかもしれません。

電線防護

現場で上を見上げると電線に防護管が装着されていました。クレーンでの作業や高いところまで足場が組まれるので、いざというときのための備えですね。

化粧柱

化粧柱はきっちり養生がされていました。大事な柱なので完成まできれいに守ってもらいましょう。

 

どちらの現場も安全のための対策がとられていましたが、足場の上に荷物が置かれていたり、敷地内の雑草が目立つ等指摘も見つかりました。

指摘は社内で共有し、現場で作業する職人さんだけでなく、家が出来上がるのを楽しみに見学に来るお客様も、確認や打合せで出入りする担当者も、誰もが安全であるよう、さらには魅せる現場のショールーム化を目指してこれからも活動していきます。

 

相陽建設株式会社

自然素材の注文住宅、リフォーム、リノベーションなどの家づくりをご検討中の方は弊社HPをご覧下さい

Continue Reading

建築現場の安全点検

現場ショールーム化文化会(委員会のようなもの)の活動で現場廻りへ行ってきました。

まずは、相模原市にて施工中の公共工事現場。

外観

仮囲いの中に入っても防音パネルに囲まれていたので建物の外観を見ることはできませんでした。近隣への騒音対策としてのパネルですが、この日は暑さ厳しかったものの光を遮ってくれるので職人さんにとっての暑さ軽減にもなっていたように思います。外観はパネルが外れるまでのお楽しみ^^

s_7B3BEABE-9C84-4271-9A60-C2B4E21109E6

s_E1E8C2D6-38A2-4B68-A729-AF17F648DC2F

中に入ると‥広い!!現場廻りで住宅を廻る機会はあったものの、なかなか公共工事の現場や大規模の現場へ行く機会がなかったので広さに圧倒されてしまいました。

規模が違えばそこで作業する人も多くなり、打合せをする人、資材を運ぶ人、あちこちで職人さんが作業中。

今はコンクリートむき出しの広いスペースですが、壁ができて窓や扉が付き、図書室や和室になり、子どもの憩いの場になったり、サークル活動の場になったりと地域の方々の交流の場として変わっていきます。

安全点検としては、いくつか指摘をあげましたが、可能ならこうした方がもっと良くなるのでは?と改善案を文化会として提案させてもらいました。

次回は住宅現場を廻ります。

 

相陽建設株式会社

自然素材の注文住宅、リフォーム、リノベーションなどの家づくりをご検討中の方は弊社HPをご覧下さい

Continue Reading
1 2 3 8