床下点検口 設置作業

現在、私が担当している現場では写真で撮ったように

床下点検口の設置作業を実施しています。

 

先ず仮設定規としてのアングルを置いて

そのアングルに床下点検口のフレームを仮付けし、

位置を調整しながら溶接にて固定していきます。

 

上記写真が施工が完了したところになります。

 

この後、床下点検口枠と躯体開口の間にモルタル詰め作業を実施し、

床下地の水平をとるため左官レベラー調整を行い、

床の仕上げ作業を実施する予定となる訳です。

 

You may also like