意思伝達

こんにちは。土屋です。こちらは手紙。

これは最近、私から、社員の一人へ渡したものなのですが。

面と向かって、改まって感謝を口に出して伝えるのは恥ずかしく、
真面目にいいたいことは考えれば考えるほど口ごもってしまうし、

この年々感じる口下手で語彙力足りなさすぎ体質はどうにか直していかねばならない
自分の課題点なのですが、それは置いときまして

上手く伝えられない時、大事なことを伝えたい時は、特に手紙を書きます。
いったりきたり、言い回しを考えつつ、
今その人に思っている率直な気持ちを、真剣に、ゆっくり紙の上におとします。

だから私の手紙は誰に宛てても仕上がりがラブレターみたいになる気持ち悪い特徴があります。
だけど、真剣になるのは、手紙を宛てるその人のことが自分にとって大切な人だからなんだと思います。

そうして昨日も手紙を書きました。
思いがきちんと伝わるように書いたので、またも気持ち悪いラブレターがひとつ世の中に排出されました。

大事な人に向けて、大事なことを直接伝えられる勇気がなくとも、
自分なりの伝え方で伝えていける、手書きの文化は大切にしていきたいと思う所存です。
でも直接伝える力ももう少し磨くよう努力します。

貰った手紙は宝箱行き派。

以上です。

You may also like