土地に住みますか、家に住みますか。

 

DSC02289_01

 

家を建てるためには、当然敷地が必要です。

 

親御さんや親族の方から土地を引き継げる幸運に恵まれる場合、この経済的な恩恵は、かなりのものと言えます。

反対に、東京や神奈川、またはその他の都市部に土地を求めようとする場合、敷地と優れた家とを両立させようとすると、その経済的負担は相当なものになります。

 

ここでひとつお伝えしたいのですが、「家を建てるには土地が必要」これは確かに正しい命題ですが、「家を考える前に土地を決める必要がある」は誤った命題です。

不動産屋さん的な視点から見れば、「良い土地」とは、交通等の利便性の条件、日照条件など、非常に一般的な、「分かりやすい」条件面が優れた土地のことです。

建築屋からするととても残念なお話なのですが、本来の目的である「そこに快適に暮らす」という目的は、多くの不動産屋さんにとっては認識されておらず、この視点が欠けていたばかりに、快適な暮らしを諦めざるを得ない、という方が多々いらっしゃいます。

 

今もどこかに、「条件の良い土地を買おうとすると、理想の家は建たないなぁ」と諦めムードに陥ってしまっている方も多いのではないかと思いますが、そんな皆様にこそお伝えしたい。

実は、「理想の暮らし」のための殆どの部分は、土地ではなく、設計(=家自体)によってもたらされます。

 

なので、「この土地は予算内なんだけど、不動産屋さんには「今一つ」って言われているんだよなぁ」という候補地をお持ちの方は、是非一度、弊社にお声掛け下さい。

そもそもからして、親御さんから土地を受け継ぐ幸運な方でも、非の打ち所が無い土地を持っていることなど、殆ど有り得ないのです。

どんな敷地をお持ち(お考え)の方でも、最高級の住宅スペックと設計力、コーディネート力を持って、きっと「理想の暮らし(=心豊かに健康に、ご家族が安心して、永く、心地よく暮らせる家)」をプランニングさせて頂きます。

 

土地、敷地関係の問題で「家造り苦戦中」の方、ぜひとも弊社までお問合せ下さいませ。

 

営業マンH

 

 

 

Continue Reading

末永く

DSC02796

 

本日は横浜市でS邸の上棟式。

 

とても良い天気で、爽やかな空気の中、滞りなく式を執り行うことができました。

むしろ、少々暑いくらいでしたが、さすがにもう、真夏の暑さはありませんね。

 

さて、式の中ではお施主様にも、弊社代表からも挨拶のお言葉を頂くのが通例なのですが、本日の双方のお言葉の中に共通していたフレーズは、「建てるまでもそうですが、建ってから、住んでからもお付き合いが続いていく」というものでした。

 

実はこれは、弊社のスタッフの誰もが、何度も繰り返し唱えているフレーズでもあります。

「お客様との本当のお付き合いは、お引渡しをしてから」と。

 

個人的には、日頃なかなかOBの皆様にはご挨拶に伺えておらず申し訳ない限りですが、チームとして、会社として、アフターフォローを通じたお付き合いを、今後も大切にして行きたいと考えております。

 

S様、まずは上棟、おめでとうございます。

引き続き完成まで、そして完成後も、よろしくお願い申し上げます。

 

営業マンH

 

 

 

Continue Reading

秋空

DSC02777

 

今朝は、中央区K邸の上棟式でした。

 

普段より少々早めの集合で、朝からシャキッとした気分になり、とても新鮮な気持ちでお祝いできた気がします。

 

記念写真のに写る空もとても爽やかで、きっと今後の工事のスムーズな運びを占うものと、思い込むことにしました。

 

ご夫婦とご両親、できましたら来年のお正月は、新しい、暖かい家で過ごして頂きたく。

皆様の幸せを願いながら施工させて頂きます。

 

K様、上棟、おめでとうございます。

今後とも、よろしくお願い申し上げます。

 

営業マンH

 

 

 

Continue Reading

夏の終わり

DSC02756

 

昨日は、藤沢市T邸の上棟日でした。

 

午前中の川崎から、午後は藤沢へ。

Google Mapでマニアックな下道ドライブを楽しみつつ、現場に伺いました。

 

現地に着いた際にはまだ明るかったものの、お施主様と棟梁の顔合わせ、その後棟上げの余韻に浸っているうちに、日はどんどんと落ちて参ります。

現場に程近い、海からの風もひんやりと心地よく、いよいよ夏の終わりを実感しておりました。

 

とか何とか言っておりますと、また夏日が戻って来そうな予感もありますが、ここから年末に向かっては、どの現場もガンガンとピッチを上げて工事が進む予感です。

やはり夏に比べますと、秋は仕事も捗りますし。

 

T様、まずは上棟、おめでとうございました。

お引越し予定の12月には、きっと気持ちの良い、ほっと暖かい家を、お引渡しさせて頂きます。

まだ、実感は湧きにくいかと思いますが、どうぞご期待下さいませ。

 

営業マンH

 

 

Continue Reading

緊張

DSC02743

 

本日は午前中は、川崎市Y邸の地鎮祭でした。

 

台風も何とか去って頂き、式の始まるころには曇り空に。

涼しい風も吹き、良い季節になってきました。

 

そんな気持ちの良い地鎮祭でしたが、Y様のお嬢さんはやや緊張気味?

私達としても、毎度このような式の際には身がシャキッと引き締まり、背筋も伸びるのですが、それを上回ってちょっと表情が強張っていたみたいです。

 

が、式が終わり、お日様も出てきたころには、お嬢さんの表情も晴れやかに。

最後の記念撮影の際には、きちんとポーズと笑顔を決めてくれました。

 

素直なお子さんの表情は、何事にもインジケーターになると思います。

今日の最後の笑顔が、出来上がった家でも永く続くよう、良い家造りに努めてまいります。

 

Y様、本日はおめでとうございました。

 

営業マンH

 

 

 

Continue Reading

連笑

DSC02733

 

本日は、町田市のT邸のお引渡しでした。

 

3人のお嬢さんの、まぁ~お元気なこと。

新しい家は、彼女達にとって、とてもテンションの上がる出来栄えのようです。

「奥様とお嬢様のための家」と公言しているご主人も終始笑顔でいらっしゃいましたし、恐らくご満足頂けたのではないか、と思っております。

 

しかしながら、毎度の事ながら、お引渡しこそが今後の長いお付き合いのスタート地点でもある訳でして、ふと、3人のお嬢さんが無邪気に私に絡んでくれるのも、いつまで続くことやら・・・と、お客様のお嬢さんの事ながら、少々寂しさも覚えてしまいました。

 

ともあれ、そんな感慨とはウラハラに、最後の記念撮影までご覧の笑顔でございます。

こんなお子さん達の笑顔が、いつまでも続く家であってくれたら良いな、と。

今後も、そんな思いと暮らしをカタチにする家造りを続けて参りたいと思います。

 

T様、この度は誠にありがとうございました。

 

営業マンH

 

 

Continue Reading

棟上げ

DSC02677

本日は、南区K邸の上棟式でした。

 

朝から気温が上がる中、大きな屋根の下はそれでも何とか涼しく、皆さん熱中症になることもなく、無事に式を行うことができました。

 

本日の写真では建物の全体像は見えませんが、周囲の家とは一線を画す、趣のある意匠となりそうです。

いずれご紹介する機会があれば、是非外観だけでもご覧頂きたい、そんな期待感が満載です。

 

K様、本日はお暑い中、ありがとうございました。

完成まで、そして完成後はアフターフォローでも、引き続きお付き合いの程、よろしくお願い申し上げます。

 

営業マンH

 

 

Continue Reading

慎ましく鎮めました

DSC02529

 

本日は、地鎮祭。

市内南区にて、C様の土地の神様にお祈りして参りました。

 

いつもは元気一杯に動き回る次男のT君も、今日は静かに、非常~にお行儀良く参加してくれまして、自分の息子にも見習わせたいと思ってしまった次第です。

 

雨続きの夏休みですが、本日は幸いに足元もぐずつかず。

いつも思いますが、これは一重にお施主様の日頃の行いによるものかと。

ご家族の、真摯な気持ちで静かにお祈りする、この気持ちに土地の神様も鎮まってくれたものと、そう考えようと思います。

 

C様、本日は地鎮祭、おめでとうございました。

今後とも、よろしくお願い申し上げます。

 

営業マンH

 

 

 

Continue Reading

地鎮祭4

DSC02358

 

本日は、今月最後の地鎮祭。

横浜市のS邸に行って参りました。

 

スタートは雨の中でしたが、建物の四方をお清めするころには小止みになり、S様の日頃の行いによるものかと。

 

無事に地鎮祭も終わりまして、近隣の皆様へのご挨拶も完了。

来週からいよいよ着工となります。

 

式の後にお話させて頂いた、ご長男M君、そしてご長女Hさん、なかなか実感が湧かないかも知れませんが、今の家よりとっても気持ちの良い、ゆったりと寛げる家を建てさせて頂きたいと思います。

乞うご期待です。

 

S様、本日はおめでとうございました。

 

営業マンH

 

 

 

Continue Reading

お引渡し2

DSC02337

 

本日は、鎌倉市のU邸のお引渡し。

古都鎌倉に相応しい、アンティーク調のインテリアの家が完成しました。

 

色調はアンティークで、素材もまた無垢の木材+漆喰と、昔ながらの本物の素材を用いる訳ですが、その住み心地は一昔前の住宅とは比べ物にならないほど快適で、省エネルギーでもあります。

 

エアコンはお施主様手配となるため、本日のお引渡しはエアコン無しの室内で行われましたが、弊社の外壁に備わった遮熱効果と、プラン上の通風計画のお陰で、前回に続き、気持ちの良い風を感じながらのお引渡しとなりました。

いずれ、きちんとしたインテリアの写真などもご覧頂く機会があるかとも思いますが、ご興味のある方は、お問合せ頂ければ幸いです。

 

U様、この度は、ご竣工おめでとうございます。

また、ありがとうございました。

今後とも、末永くお付き合いの程、よろしくお願い申し上げます。

 

営業マンH

 

 

 

Continue Reading
1 2 3 7