Open-air Bath

dsc03469

 

本日から、振替正月休みの3連休。

世間のお休みの裏を張るのが、営業マンの悲しき性です。

 

まずは初日、箱根の温泉へ。

日帰りでもゆっくりとその気になれる、とある温泉施設に行くのが恒例になりつつあります。

 

「屋外で過ごす」というのはなかなか気持ちの良いことで、いわゆる「オープンエアー」という言葉が日本に定着した走りは、カフェだったんじゃないかと思います。

ヨーロッパなんか行きますと、広場の文化が根付いているためか、「敷地境界」みたいなものを意識することなく、自由にテーブルセッティングが広げられていますし、当たり前に食事やお茶を楽しんでます。

 

但し、日本ではこうしたシーンは「非日常」の部類に入ります。

狭いところにひしめき合って暮らしているからですかね?

この非日常的な開放感を暮らしに溶け込ませる家を造ってみたい、都市部でものびのび暮らせる家に住んでみたい、という方、是非是非弊社展示場にて、そのヒントをつかんでみて下さい。

 

営業マンH

 

 

 

You may also like