大の晦日

dsc03396

2016年もクライマックス。

我が家も、今年最後の晩餐に向かって準備を整えております。

すでに何か食している者もおりますが、誰しも彼の腹時計によるスケジュール運行には介入できず。

ま、止むを得ますまい。

 

家を建て替えてから、2回目の年末年始。

総勢6名の会食用のレイアウト変更+テーブルセッティングも徐々に慣れて来ましたが、1歳4ヶ月児の行動予測は全く不能なまま。

 

そうした不確定要素さえも許容できるという点で、我が家のオープンなプランは手前味噌ですが、上手く機能していると感じます。

20年後、メンバーも年齢も変化しているであろうこのヒト達が、この家をどう暮らしに用いているのか、我が事ながらも設計者としては、ついメタな視点で見てしまいます。

 

そんな楽しみを抱きつつ、今年はこれまでにいたしとうございます。

 

営業マンH

 

 

You may also like