メッセージ

DSC01682

本日は、上棟式。

町田市のT様邸、天候にも恵まれ、気持の良い式となりました。

 

残念ながら、地鎮祭にはご都合が悪くてご参加頂けなかった3人のお嬢さんも、本日はフルメンバーでご出席頂きました。

 

縁起物の幣束にも、それぞれの想いや願いを一言づつ皆様に書いて頂いておりますが、2人のお姉さんは、ちゃんと一番下の妹さんの面倒を見てあげています。

「ゆくゆくはこの中の誰かが、きっとこの家を継いで、豊かに暮らしを楽しんで頂けるんじゃないか?」、「そのとき、私はどんな形でT様ご家族のお役に立てるのだろうか?」と、お嬢様方よりも一足早く将来に想いを馳せてしまうような、そんな微笑ましい光景でした。

 

T様、本日は上棟おめでとうございます。

まずは、「ご家族の今」を豊かで快適にできる家造りを、全力で進めて参ります。

少し気が早いですが、出来上がりました後も、末永くお付き合い下さいますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

営業マンH

 

 

 

Continue Reading

ご契約2

DSC01664

相模原市のK様邸、ご契約頂きました。

 

実は、奥様の妹さんご家族も数年前に弊社で家を建てて頂いており、その伝で弊社展示場にお越し頂けたという、何ともありがたいご縁のお客様です。

 

妹さんの家と同様に、快適で、暮らしやすい家をご提供できるよう、引き続き努力して参ります。

 

K様、本日はありがとうございました。

今後とも末永く、お付き合いのほど、よろしくお願い申し上げます。

 

営業マンH

 

 

Continue Reading

ご契約1

DSC00809

横浜市にお住まいになるS様の家を、弊社で建てさせて頂くこととなりました。

長いこと土地を探しつつ、並行して家についても勉強を重ねて、ようやくご納得頂けるものを造れる目処が立った、というところかと思います。

 

最後まで他のメーカーさんとも迷われてはおりましたが、最終的に弊社に決めて頂けた理由は、ご提案させて頂いたプランの肌理細かさと、一年を通じての快適さ、そしてできるだけ自然に生きようとする暮らし方を大切にするという、弊社ならではのこだわりにあるとの事。

ここまで、「まさに私たちが家造りにおいて大切にしている部分」をきちんとご理解頂けて、しかも言葉にして頂けると、心の底から感謝の気持ちが湧いて来ます。

 

今日の写真は、現在では誰も使わなくなっている、今は亡きお父様の懐中時計。

今後もどなたも使う予定が無いが、それでも「何となく」ケースに入って取ってある、とのこと。

少なくとも、この時計と同じ位には、我々の建てる家もS様のご家族に寄り添っていたいと、切に願う次第です。

 

S様、本日はご契約頂きまして、誠にありがとうございました。

M君やHちゃんの代になっても、ずっと大事に使って頂けるような、そんな家を造れるよう、励んで参ります。

 

営業マンH

 

 

 

Continue Reading

山野草

ブログ用

一昨年お引渡しさせて頂いたお客様のお宅に、新しいお客様の見学のために伺いました。

 

到着して、挨拶もそこそこに、奥様に「見せたいものがあるの。」と連れられて行った先は、駐車場脇の庭。

お引渡し以来コツコツと植えていた草花が、大分根付いて花咲かせるようになったとのことでした。

 

「あまり造り込んだり、手を入れるような庭より、自然な山の中のような雰囲気が良い」と、建築当時から仰っていましたが、なるほど確かに草木が「生い茂っている」という印象が強い庭でした。

心なしか、花としてもその中に自由に咲いている、という感があり、何となく奥様の仰っていたことが理解された気がします。

 

そう考えてみると、弊社の展示場の植栽も、山野の趣きを醸し出していると思えて来ます。

同じレベルで語るとお施主様にも怒られてしまいそうですが、いずれにしてもこの季節、生命力に溢れている感じがして、緑を愛でるには良いのではないかと。

少しだけ、展示場の緑にも手を入れてみようと思います。

 

営業マンH

 

 

 

Continue Reading

最後のお引渡し

0428U邸引渡し

本日は、今月3件目のお引渡し。

ここのところ続いていたお引渡しラッシュも、取り敢えずひと段落です。

 

こちらは、私の地元、町田市のU邸。

3層を縦断するコミュニケーションシャフトが特徴の、開放感たっぷりの家です。

 

いわゆる延べ床面積は26坪と、さほど大きくはない家ですが、ダイニングに着席したときの体感面積は、ズバリ「豪邸」の広がりを覚えてしまいます。自ら狭小住宅に暮らす私の感覚では、結構な割合で「豪邸感」を感じてしまうのかも知れませんが。

 

ただ、U様には完成見学会にもご協力頂いたのですが、ご見学に来られたお客様も、皆一様に数値上の面積と体感するイメージの、良い意味でのギャップには驚かれておりました。

なので、決して私だけがこの空間の広がりを満喫していたのではないと思います。

 

という訳で、「規模は小さくても、心の底からゆったりと寛げる家が欲しい」という皆様には、是非、弊社までご相談頂ければ、と思います。

 

営業マンH

 

 

Continue Reading

ご家族一緒に

0423K邸契約

本日は、相模原市のK邸のご契約でした。

 

今回建替えることになったK様の家は、私が現場監督時代に管理させて頂いた建物の近く。

僅か4~5年前のお話ですが、営業マンにジョブチェンジしてからの記憶が濃いため、随分と昔に馴染んだ土地のように、ノスタルジーを覚えてしまいました。

 

ご両親に加えて、ネコちゃん、姪御さんと、いろいろな方々で暮らす家ですが、皆様の暮らしを一つ一つ、時には組み合わせてコーディネートする設計手法は、弊社の最も得意とするところ。

じっくりお話を伺って、スタッフ一丸となって考え、ご提案させて頂いたプランは、K様にもお気に召して頂けました。

 

とは言え、設計作業はどこまでも紙面上の作業。

実際に暮らして頂く空間をちゃんと実現する「建設」というのは、これまた大変な作業でもあります。

 

まずは竣工まで、そして出来上がってからのメンテナンスに関しても、きちんとしたお付き合いを続けさせて頂きたいと思います。

K様、本日は誠にありがとうございました。

今後とも、何卒よろしくお願い申し上げます。

 

営業マンH

 

 

Continue Reading

上棟

0408U邸上棟式

本日は、上棟式。

鎌倉市のU邸が、無事に上棟しました。

 

コチラを皮切りに、4月はイベントラッシュの予定です。

 

人生にそう何度も無いはずの、家造りにまつわるイベントの数々。

皆様の良き思い出となるよう、ささやかながら尽力して参ります。

 

U様、この度はおめでとうございます。

協力業者の皆様、引き続き、良い家造りをよろしくお願い致します。

 

営業マンH

 

 

Continue Reading

ねこ

DSC00390

本日は、T様の家の新築工事をご契約頂きました。

 

お施主様のT様と、背景に潜む猫が2匹。

都心のマンションの8階、水戸の後楽園を見渡すロケーションから、今度は海の近くにお引越しです。

 

このRCのマンションが持つ、暖かさや開放感に劣らない性能を持った住空間を、木造の戸建てで実現させて頂きます。

さらに、この住み慣れたマンションにも劣らない、暮らしへのフィット感もプラスさせて頂きます。

これが、注文住宅の使命と心得ておりますゆえ。

 

T様、この度はありがとうございます。

まずは、お引渡しまで。続いて、この先数十年。

お付き合いのほど、よろしくお願い申し上げます。

 

営業マンH

 

 

Continue Reading

伊達巻

DSC00360

ちょっと季節感の外れたお話ですが、私は伊達巻が大好きです。

私に限らず、息子も大好きで、我が家のお節に伊達巻は欠かせません。

 

今日訪れたお施主様の家では、この伊達巻をなんと、写真のオーブンで焼くのだそうで。

「そうか、伊達巻って焼くものなのか」というところから気付かされた訳ですが、言われてみれば外と渦は茶色で、間は黄色。

なるほど、カステラと同じです。

 

同時に「最近はお煮しめも人気がないのよねぇ・・・。」と仰ってますが、いやいや、私はお煮しめ+日本酒の組合せが好きです。

言われてみれば、息子は煮物はガンモドキと人参くらいしか箸をつけていないか、とも思いますが。

 

となれば、お施主様にはぜひとも来年のお正月には、新しい家の新しいオーブンに慣れて頂いて、伊達巻を焼いて頂きたい。

そしてご家族の皆様で味わって頂きたい。

家を建てるのが何のため、と問われれば、きっとこういう「シーン」のためだと思います。

「部屋」という名のハコの並べ替えでは物足りない方、是非弊社スタッフまで、暮らしのイメージを聞かせてください。

 

営業マンH

 

 

Continue Reading

山間

DSC00224

本日は、ちょっと遠出して葉山町へ。

 

2年前からお付き合いをさせて頂いているお客様の下へ、現地の調査に伺いました。

 

直感的に、相模原とは町のでき方が異なるな、と感じるのがこういった風景です。

私にとっては「海の近く」といった印象が強い町ですが、ともすると箱根の温泉街のような町並みです。

 

お客様の家も建築後かなりの年数が経過しており、正直申し上げますと、寒くもあります。

加えてこのロケーションですと、風も抜けやすいのではないかと。

 

建替え、リノベーションなど、色々な道で迷っては居られますが、いずれにしてもこの気候・環境に対して、快適な住空間をご提供させて頂きたいと思います。

その快適さの中で、どんな暮らしをされたいのか、これからお話を伺ってまいります。

I様、引き続き、よろしくお願い申し上げます。

 

営業マンH

 

 

 

Continue Reading
1 2 3 5