コーヒーの好みは人それぞれ。

bbc今さらですが、遅ればせながらブルーボトルコーヒー 新宿カフェに行ってきましたーー。

記憶にも新しい2015年2月、アメリカで大人気のコーヒーブランド『ブルーボトルコーヒー』が日本に初上陸。

挽きたてのドリップコーヒーやエスプレッソを店員さんが目の前で一杯ずつ淹れてくれるというスタイルのお店でとっても注目されていました。

第1店舗目となる清澄白河店のオープン当初は200人以上の行列ができ、4時間待ちも出るほど。

ちょっと行ってみたかったですが、そんなに待つのかぁ・・・と躊躇しているうちにずいぶん経過してしまいました。

私が訪れたのは新宿南口のNEWoManの1階にある新宿カフェです。平日ということもあって、数人並んでいるだけですぐに購入できました。

お店で飲んだコーヒーは店員さんおすすめの(オリジナルブレンドの)ドリップコーヒーでしたが、酸味が強くあまり好みの味ではありませんでした。

それで店員さんに好み(酸味少なめ、重量感あり深煎り)を伝え、お店で一番それに近い豆を買って帰りましたが、よくよく見ると豆の賞味期限が14日と短い!!

img_7482早く飲まねば・・・と焦りながら早速、翌日の朝食時に直前に豆を挽きハンドドリップ(ペーパー)で淹れてみました。

(ちなみにメニューはドライカレーサンドと厚切りハムとアボカドエッグとサラダ)

スッキリとさわやかでお上品なあと味。でもお店で飲んだ時同様、私にはちょっと物足りなさを感じました。

その後、コーヒーオイルも豆本来の味も全て楽しめるようプレスで飲んでみましたが、やはり物足りない。

アメリカ発症のコーヒーチェーン店だから、ブレンドの豆は全体的にあっさりしているのかもしれません。

これは好みだと思いますが、スッキリとフルーティーな味わいが好きな方にはおすすめできます。

何より、話題性がすごかったので一度飲んでみる価値はあるのかと。

私のように重めで深煎りが好きという方には、猿田彦珈琲や、すっごーく濃いのが好きという方にはセガフレードなんかもおすすめです♪

そんな私、一番飲む機会が多いのは何を隠そうセブンイレブンの100円コーヒーだったりします(笑)

You may also like