目的=GOAL

 

昨日はNPBのドラフト会議でした。

アマチュア野球界の才能溢れる若人が、人生の目標にしていた「プロ野球選手」というラインを超える権利を与えられる日です。

素直に羨ましい光景でした。

一昔前なら、プロ野球選手になれるという事実を羨んでいましたが、今は長年設定していた目標を、見事に超えたんだという事実が羨ましいなと。

僕のような凡人には想像のつかない、量と質の努力を積み上げてきたんだろうなと。

あるドラフト1位の選手がインタビューで、どんなプロ選手になりたいですか?という問いに対して、「息の長い選手になりたい」と。

確か、来春高校卒業予定の18歳だったかと。

彼は、「目標」と「目的」をキッチリ理解している子だなぁと、オジサンは感心しながらTVを観てました。

目的は、プロで活躍してご両親に孝行し、家族で幸せな暮らしを送る事。

そのための目標は、ドラフトで選択してもらえる選手になる事。

なので、その手段は、高校野球の名門校に入学し、活躍して甲子園に出場し実績を残す事。

そうなるまでに、様々な苦難があり、思う様にいかない日々もあったようですが、結果、見事に目標を成就させた訳です。

そういう事実を目の当たりにすると、「ブレない」という言葉を選択し、その人のメンタルや覚悟のようなものをフォーカスします。

確かにその通りですし、素晴らしい事だとも理解できます。

しかし、この「ブレない」で居られる最大の要因は、「目的」が明確である事。

この「目的」の旗の大きさと色が、より大きく、より鮮明であればあるほど、それに共感して頂ける人達が、自身以外にも、その目的の成就のために応援してくれる人や、声援を送ってくれる人が、増えるんだと思います。

アスリートに限らず、経営者は勿論、サラリーマンも同じ。

なので、その旗を決して諦める事無く、掲げ続けた事に、個人的には大拍手・大喝采です\(^_^)/

その番組を一緒に観ていた9歳のうちのチビは、「俺は広島か楽天に行く」と、手段も目的も考える事無く、ただひたすら「目標」を言い続けているので、誰でも「目標」だけなら語れるという事ですね σ(^_^;)

あらためて、ドラフトに掛かる人財は、技術も考え方も一流なんだと実感した夜でした。

それでは、また。

No.4868

★幣社公式アプリのダウンロードは、こちらから★

↓ ↓ ↓

b

c

★モデルハウスのご案内はこちらです★

↓ ↓ ↓

1

You may also like