変化の実践

 

現在、弊社は夏季休暇期間を頂いておりまして、一部の現場を除いては、ほぼ休止させて頂いております。

しかし、この企業としての夏季休暇期間と、各社員・個人の夏季休暇期間は、イコールとしておらず、各個人については、各個人のスケジュールにお任せしております。

以前は、企業としての休暇期間と各個人の休暇期間は同じ期間としておりましたが、3年前に就業規則の変更に伴って、僕のようにお盆のど真ん中に出勤させて頂いている社員もいる訳です。

自社も含めて、世の中の一般的な夏休み期間に合わせて、主に各工事現場の原価の支払いや、施工させて頂いた工事代金のご入金業務等を、夏休み理由に延期させる訳には、これまでも当然に行われるはずもない訳で、以前までも、この時期に被る各現場の請求業務や入金処理等のために、お休みを返上して出社されていた社員が居たんだろうなと、渦中に入って初めて気付くわけで。

そう思うと、さっさと個人スケジュールで休暇を取得するという考え方は、正常だなと今更感じたりしていますσ(^_^;)

ちなみに、本社への今日の出社は僕一人ですけどσ(^_^;)

色々と、従来選択していた習慣に変化を加える事は、自社の場合、多くの方の顔が曇るケースをよく目にします。

しかし、例えがどうかとは思いますが、変化を選択した勝率を、主観で示すとすれば、10戦6勝4敗で勝ち越してるかなと(-^□^-)

恐らく・・・保守的な数字ですが  (^_^)v

画像は、弊社の業務終了後の机上状態。

退社時に机上にあって承認されるものは、「パソコン」と「電話機」のみとなったのは数年前。

種類や電卓、その他の事務用品、置き時計や机上カレンダー等もご法度と。

当時は、毎回毎回片付けるのが・・・等々で、不満の声もあったと記憶しておりますが、今となってはそういう声を出す社員もいないかなと。

明らかに、業務効率が良くなったと感じているからだと思いますから\(^_^)/

数字でも、体感でも。

変化は行動してこそ、価値が理解できる唯一の手段ですね。

という事で、僕は明日から21日まで、夏季休暇第2弾を取得させて頂きますので、どうぞ、よろしくお願い致しますm(_ _)m

それでは、また。

No.4807

★幣社公式アプリのダウンロードは、こちらから★

↓ ↓ ↓

b

c

★モデルハウスのご案内はこちらです★

↓ ↓ ↓

1

You may also like