「やりたい」 ≒ 「やらなければいけない」

image1

今朝は、弊社の代表と、来期以降の計画についての打合せを。

「やりたいコト」と「やらなければいけないコト」の優先順位と内容の精査を、時間軸に沿った整理で。

簡単にまとめると、「やりたいコト」の全ては、「やらなければいけないコト」に弊社の場合なっちゃう訳ですが、その一つ、一つを、今から何時間後、何日後、何ヶ月後、何年後という、時間軸に落として可視化すると、かなりの確度の高さで、実現出来そうに感じられる項目が増えたなと感じる事ができるようになったのは、今年一番の進化なような気がします。

個人的にも、組織的にも。

そして、「やらなければいけないコト」が最優先だった感覚も、「やりたいコト」がその前に割り込んでスケジューリングできるという感覚も、昨年の今時点ではゼロだった感覚。

その割り込み事が出来たという事で、次のステップアップも加速するだろうなと(^_^)v

状況や環境が、より健全であるが故の実感値だと思いますので、基本はやはり基礎・基盤の確立なんだと今更(T▽T;)

目先のやりたいコトは、結構価値のある大事な事だという事に、気付けたという結論ですσ(^_^;)

画像は、今朝のAM05:30の自宅付近から見上げた空。

何となく、幻想的な雲の流れに目を奪われ、スマホのシャッターを切った結果、意外と好みの雰囲気に遭遇。

昨夜突然、上のチビが野球のピッチャーの所作と投げ方を教えてくれと。

言われた瞬間は、「えぇ~、その前にお前はやる事あるだろ!?」と、父は心の中で。

チビ曰く、その代わり朝練30分前に投げ込みをし、30分後にいつもの朝練をやるから教えてくれとσ(^_^;)

毎朝の30分の朝練は、彼にとって「やらなければいけないコト」。

そこに無理やり自分の「やりたいコト」をぶち込んで来たわけで\(゜□゜)/

結果、それに付き合う父は、いつもの朝RUNの時間は奪われ、もう30分の早起きを強いられる。

その代償は、幻想的な朝空と遭遇できたという解釈だったが、ひょっとすると質の違う価値になるかもと思うと、何事も、時間で解決できるTRYは、やった方がいいですね(^∇^)

それでは、また。

No.4581

幣社公式アプリのダウンロードは、こちらから★

     ↓ ↓ ↓

b

c

★モデルハウスのご案内はこちらです★

    ↓ ↓ ↓

1

You may also like