「暮らし」=「やりたいコト」

353

「---と暮らす家」

昨今の住宅業界ではトレンドワード。

しかし、本質的なコトバでもあるので、ある意味欠かせないかと。

菊池です。

僕らの家づくりの構成の中心は、「暮らし」。

この暮らしにフォーカスする事で、家そのものの価値が見えてくるような気がしています。

そして計画の段階で、そこでの「暮らし」が具体的になればなるほど、建物が完成しご入居後の満足度は高くなると言い切れます。

なので、僕らの家づくりの生命線は、そこに住まわれる方々の、今までの「暮らしぶり」を知り、これからの「暮らしのイメージ」を具体化する事。

これが出来ないと、そこはキッチンとテーブル、ソファと家電が置いてある空間に過ぎません。

「暮らし」=「やりたいコト」

人それぞれ、この「やりたいコト」は様々なので、一棟として同じ空間、同じ住宅はありません。

それが迷いなく提案できるのも、徹底的にこだわったハード(性能・素材)があってこそ。

これ無くして、光と風、敷地と四季を遠慮なく取り込む空間はできないと思います。

僕らがモデルハウスを所有する最大の理由は、この「暮らし」を体感・体験頂く事で、家づくりの理解や気付きを深めて頂くためです。

折角の家づくりという、人生の中でも重要なイベントを、失敗や後悔で終わらせない為にもこの「体感・体験」というプロセスは必要不可欠だと感じています。

それでは、また。

★幣社公式アプリのダウンロードは、こちらから★

     ↓ ↓ ↓

b

c

★過去ブログ記事はこちらです★

    ↓ ↓ ↓

%e6%97%a7%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0

You may also like