区切り。

349

 

弊社は毎月20日〆なので3月期も終了し、四半期毎の第1期も同時に終了です。

菊池です。

この3ヶ月の振り返りと、これからの事など、四半期毎の成果に対する客観的な評価を、事業部スタッフ全員で行う事で、色々と変化や気付きも産まれます。

昨年から各責任者だけで共有するのではなく、全員で行う事での効果の方が、より良いかなと感じる一つは、温度差の解消。

以前の体質は、営業は営業、施工は施工、設計は設計という分野内での思考と行動が強かったものが、そうではなくなった事で、次への行動も俊敏になって来たかなと。

以前と言っても、10年近く前の環境との差ですが。

俊敏に成れて来ている事で、次への準備・計画の実行という部分の時間取りも、まだまだ個人差はありますが、全体的には底上げされてきている感があります。

これらの結果が、明確に成果へ繋がっているという事実を、客観的に理解できるためにも、やってきた事の計測は必須で、明確な目標値も必要。

今年の第1期は、各項目に対して達成できている部分と、そうでない部分を、来週の四半期会議でキッチリ共有できるようにしようと思います。

それでは、また。

★幣社公式アプリのダウンロードは、こちらから★

     ↓ ↓ ↓

b

c

★過去ブログ記事はこちらです★

    ↓ ↓ ↓

%e6%97%a7%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0

You may also like