暮らしにフィッティングさせる。

311

毎週末は、家づくりのご依頼を頂いたご家族へのプランニングの提案が重なります。

この提案に至るまでに、ご計画地の調査から計画、お客様ご家族全員の現在の暮らしぶりから、趣味や新居でやりたいコトなどなど、多岐に渡って情報をまとめるので、初回の提案時点で多くのお客様から合意を頂ける様になりました。

何度か繰り返し提案するコトで、よりフィッティングの良いプランに成って行くかというと、それは絶対ではないというのが現在の僕らの結論。

そもそも初回で遠からず近からずの提案自体、事前準備の精度の低さを露呈しているという価値観です。

結果的に最終判断をして頂くお客様も、複数回のスケジュールを組んで頂くより、初回で決断できた方がより良いはず。

なので、「取り敢えずプランを作成してみましょうか?」というプロセスも現実的にありえませんし、注文住宅というカテゴリーからも逸脱しちゃいます。

目的は「箱」に価値を見出すのではなく、「暮らし」に価値を見出すということ。

ですので、提案する担当者も毎回いい緊張感の中で、その日の準備に当たっています。

毎週末は、痺れるような手応えを感じつつ、結果的にお客様のお役立ちになれてこそを目指してです。

この緊張感で、2017年も(-^□^-)

それでは、また。

★幣社公式アプリのダウンロードは、こちらから★

     ↓ ↓ ↓

b

c

★過去ブログ記事はこちらです★

    ↓ ↓ ↓

%e6%97%a7%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0

 

You may also like