独り立ち。

221

 

彼女が入社したのが今年の桜の季節。

無事に社会人1年生として半年が経過しました (^ε^)♪

菊池です。

僕らの事業部の新卒社員には、職種毎に、3ヶ月・半年・1年という時間軸で、その時点での到達目標(あるべき姿)が設定されています。

彼女の職種は営業職。

家づくりの最前線で、お客様の想いや願いを実現するための最初の窓口。

求められるスキルや成果はもちろんですが、その目標に向かってやりがいを持ってコトに当たれるかが、成否を分ける最大の要因だと思います。

彼女の入社当時の将来の夢は、設計職に就く事でした。

3ヶ月経過した時点で面談を行った際、彼女は、「今は設計職に就くという目標より、営業職としてしっかりと成果を出し、2年後には営業職として、部下に指導ができる人財になりたい」と。

正直、意外な答えでしたが、そう思える環境は、彼女にとって必ず良い経験値として財産になるだろうなと(-^□^-)

半年経過後の面談日は、26日。

テーマは、「独り立ち」出来たか、否か。

その前の週末に、完成住まいの見学会があり、その現場には彼女が立ちます。

この半年で自らが学び、経験した事を、確実に実践し、家づくりを真剣にお考えの方々のお役立ちが出来たか、どうかを、自身が客観的に判断できればいいかなと。

結果が全ては、やってきた事の正否です。

新垣頑張れ (^_^)v

それでは、また。

■過去ブログ記事はこちらです

    ↓ ↓ ↓

%e6%97%a7%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b0

 

★幣社公式アプリのダウンロードは、こちらから★

     ↓ ↓ ↓

b

c

 

You may also like