プランが決まる前の静けさ。

ずいぶんと久しぶりの更新になってしまいました。

設計のまっちゃんです。

本日は、先日暮らしインタビューをさせていただいたS様邸のデザインレビュー02でした。

S様邸を担当させていただく営業と設計とインテリアコーディネーターによるプロジェクトチームで、ああでもないこうでもないとミーティングするのです。

第1回目のミーティング(デザインレビュー01)ではおおまかなプランの方向性を確認します。

・敷地に対して建物の配置の確認(日当たり、風通し、アプローチや駐車スペースの位置はよいか)

・建物のデザインの確認(周辺の環境に適しているか)

・プランの確認(暮らしインタビューの内容に沿っているかどうか)

などなどです。

そして、第1回目で出た内容をプランに反映し再度検討するのが、本日行いましたデザインレビュー02でした。

第2回目はプランの確定がメインとなりますが、それに加え外観パースや内観パースの見せる方向はどの角度がよいか、断面図はどの位置で各とわかりやすいか、設備や仕様はこれでよいかなどなど検討していきます。

本来はここでほぼプランが確定し、プレゼンに向けての製作にとりかかるのですが、今日は自分でプランを提出しておきながらそれがなんだかしっくりこない。

ひとつを改善させると別の問題点が出てくる。やっぱり最初に出したプランの方がこの土地に適している。そんな風に思ってしまったので、急遽「やっぱりこの部分は前の案がいいんだけど」とレビューをしながらプランを修正し、なんとか進められる形になりました。

本日のデザインレビュー02の所要時間は、ざっと2時間半。

IMG_0660↑写真はレビュー途中の様子。次々と修正プランを出していたので、3.2mもある長いデスクが図面で埋まりそうなくらい散らかっています。

(けどなんとか形になってよかった)

ひとつのプランにまとめあげるまでに、数々の項目の検証とプロジェクトに関わる人の意見が反映されプレゼン当日を迎えます。

プレゼン前にはもちろんプレゼンのロープレも行うわけで、プレゼンが終わるとそれはもうみんな魂抜けたみたいになっています。

お客様に期待以上にすばらしいプランでした!と満足していただけるよう、ただただそれだけを願ってプロジェクトメンバーは今夜もがんばるのでした。

You may also like