非業務連絡

大谷翔平もジャンカルロ・スタントンも、思ってたより早く決着がつきました。
大谷は交渉期限を2週間も残しての早期決着で大丈夫でしょうか。「ほとんどのメジャー球団は『投手大谷』を獲得するために二刀流に門戸を開いているだけで、近い将来どう投手専念に収束させるか並行してプランを練っている」(豊浦彰太郎)という推測も出て当然で、そこらへんの確証というものが書類選考と渡米後の面談だけでクリアになったのか、心配です。今回は金銭面での交渉の余地がほぼなく、さらに多球団交渉ですから、売り手(大谷)の希望が通りやすい。確約を得るためにじっくり時間をかけてもよかったのではないかと。
ロサンゼルス・エンゼルスの方はCC・サバシア獲得も噂されていて、これは大谷を含めた6人ローテ実現に向けての布石と見られていますが、果たしてそうでしょうか。スーパー2回避やFA権獲得先送りのために、また球団側も二刀流運用ノウハウを蓄積するために、大谷には数か月間マイナーでじっくり育成期間をとり、その間メジャーではこれまで通りの5人ローテをサバシアを筆頭に回すのでは。もし大谷が1年目の序盤からメジャーで投げるようであれば、エンゼルスは勝負モードということでしょうから、大谷に求められるハードルは高くなります。
サンディエゴ・パドレスのような再建球団でじっくりじっくり二刀流を試してみる、というわけにはいかなさそうな今回の決断。しかしこれで成功すれば、二刀流といい6人ローテといい、MLBに大変革をもたらす存在となります。おそらく、1選手が起こす変革としてはトミー・ジョン以来最大となる。そしてそれこそ大谷が求めていたものでしょう。今はうまくいくことを祈るのみです。

えー、ここで同僚に非業務連絡です。
土屋さん土屋さん。ごめんなさい。「ゴルフ」を「ゴフル」と書き間違える件、ちょっと理解できません。「えーわからん」です。
以上、非業務連絡でした。

Continue Reading

業務中にケーキも買う。ケーキも。

最近、カレッジフットボールにハマりつつあります。MLBがオフ――特に今オフは大谷翔平とジャンカルロ・スタントンが決着しない限り膠着の気配です――というのもあるし、NFLは日本時間月曜だから見られないというのもあるんですけど、何より他のスポーツにはない独特なランキング制度、そのアヤを読み解く作業が面白いです。あっちの大学には縁もゆかりもありませんけどね。
「アメリカすげぇなぁ」と思うのは、10万人入るようなプロより大きいスタジアムを、大学が自前で持ってることです。スーパーボウルのハーフタイムショーとカレッジの巨大スタジアムは、見ていると「こんな国と戦争やっても勝てるわけねぇわ」と思ってしまうくらいに圧倒されます。日本の大学スポーツでも “日本版NCAA構想” があるそうですが、どうでしょう。早稲田や明治、帝京、同志社あたりがラグビー部専用の、Jリーグより大きなスタジアムをキャンパス内に作るわけでしょ? 想像がつかない。自分が生きている間にそんなことが起こりうるのか。
ただ宝くじも買わないと当たらないのと同じで、これもハナから諦めてたら当然に実現しないワケで。いつか母校の誇りとなるスタジアムで応援できる日を楽しみに、長~く待つことにします。

前回は業務中に日本酒を買ったわけですが、今度はケーキです。
img_0342.jpg

同フロアの山口が誕生日ということで、バースデイケーキを調達してきました。この会社唯一の同い年、しかしながら社歴では中途入社の僕よりずっと長い彼女。今後も助けてもらうことが多々あるかと思いますが、よろしくお願いいたします。

Continue Reading

業務中に酒を買う。酒を。

MLB.com Cut4の “Shohei Ohtani apparently studies video of Bryce Harper to help him with hitting”(大谷翔平はブライス・ハーパーのビデオを見て打撃の参考にしているらしい)という記事。FOX Sportsのジョン・モロシのTweetと、以前にも紹介した大谷の打球消失二塁打の動画が載っていました。


あー確かに。この体全体を使って力強く振り切る感じ、バットが体に巻き付かんばかりのフォロースルー。ものすごくかっこいいんだけど、自分みたいな一般人がヘタに真似したら絶対に体壊すやつ。言われてみれば似ている。
そういや、エイドリアン・ゴンザレスがボストン・レッドソックス時代に、イチローっぽさを取り入れたフォームでホームラン打ったこともありましたっけ。

やっぱり一流選手ともなると、他の一流選手を真似て結果を出すという、素人には出来ないことを平然とやってのけるんだなぁ。

先日、業務で銀行に行った帰り。橋本駅前のスーパーで日本酒を買ってきました。
img_0338.jpg

「仕事中に酒に手を出すなんて完全にアル中じゃないか」「会社にバレたら即刻クビものだろこれ」…という話ではありません。では何かといえば、これ。
img_0337.jpg

弊社2階に備え付けの神棚用です。神様どうか弊社を見守ってくだされ、と。しかし真っ昼間からスーツ姿で酒を買うって、周りの目がやっぱり気になってしまうものですね。

Continue Reading

喪失感

カルロス・ベルトランもとうとう引退ですか。3000安打まであと少しというところでしたが、40歳の今季、OPSが.184ポイントも下落していては致し方ないか。悲願のワールドシリーズ優勝も経験し、いい引き際だったんでしょう。お疲れさまでした。
稀代の万能選手、将来の殿堂入りはどうでしょう。Baseball-Reference.comのSimilarity Scoresでは、彼とよく似た成績の10選手中5人が殿堂入り、さらに2人が今後の殿堂入り濃厚。ただ、そのほとんどがMVP受賞経験者か3,000安打達成者なんですよね。両方ともないベルトランは、殿堂入りできるにしてもかなり待たされそうな。
左右で遜色のない成績を残すスイッチヒッターであり、走攻守すべてがハイレベルな5ツールプレイヤーであり、ポストシーズンに強く、ロベルト・クレメンテ賞も受賞した人格者。ぜひ殿堂入りしてほしいですけどね。
ところで、Players’ Tribuneでの引退発表文では「バリー・ボンズはオールスターでもひとりで5つのロッカーを占拠していた」というエピソードに笑ってしまいましたw さすが。

先日のピザパーティーは「行く者あれば来る者あり」ということで、行く者に対する餞のような意味があったわけです。
それが終わり今週も、またいつものように2階で仕事をしているんですが、どうにも落ち着かない。そりゃそうです。自分が総務に来てから1年強の間ずっと同じフロアにいた人が、もう昨日からいないんですから。
自分や後輩にいろいろと優しく教えてくれていたあの声が、もう聴こえてこない。一歩退いた位置からの的確で冷静なツッコミが、もう入ってこない。家族のことを話す時の嬉しそうな笑顔が、もう見られない。喪失感が半端じゃないです。
今、自分の頭のなかでH2O『想い出がいっぱい』のあの歌詞がエンドレス状態です。人は皆、この喪失感を乗り越えてまた大人になるんだろうな、と。階段登ってます、とにかく登ってます。これ以上書くとJ○SR○Cに怒られるかもしれないので自粛しますが。
ただ、今年も10か月はうちの会社にいたわけですし「もしよかったら忘年会に来てくださいよ」とお誘いはしています。都合があえば、新しい職場のことや家族のことなど、いろいろと話を聞けたらいいなと思います。
本人はここをご覧になっていないとは思います(もし読んでいたら「喪失感とか、死んだみたいな書き方するなー」とツッコまれそうです)が、新しい職場でのご活躍を心から祈念しています。

Continue Reading

ピザピザピザピザァ!

熱戦続きのワールドシリーズも終わってしまいました。結果はヒューストン・アストロズの初優勝。『スポーツ・イラストレイテッド』2014630日号の表紙が見事に予言となりました。しかも、ジョージ・スプリンガーがシリーズMVP受賞というおまけつきで。実際には、特集ページの見開き扉にでかでかと載っているのが、マーク・アペルとジョン・シングルトンだったりもするんですけどね。さすがにそこまで求めるのは酷か、もしこれがダラス・カイクルとホセ・アルトゥーベだったら「ベン・ライターさん、あなた未来からタイムスリップしてきた人ですか?」という話になってしまいますw それにしても「リリーフが弱い? んなことつべこべ言わずに打ち勝ちゃいいんだろ」とでも言わんばかりのあの打線、凄まじい破壊力でした。さすがOPS+2位に22差のぶっちぎりだっただけのことはある。
ロサンゼルス・ドジャースは残念でした。ダルビッシュ有が2試合連続2回途中KOだったのが痛い。元々ダルビッシュがMLB入りしたとき、テキサス・レンジャーズはワールドシリーズで「あと1ストライク」が決められずに敗れていました。レンジャーズはダルビッシュを世界一への切り札とみなしていたし、ダルビッシュも「今の僕なら抑えられる」と自信を見せていました。しかしその後のレンジャーズはシリーズ再進出を果たせず、今年7月にダルビッシュをドジャースへトレードします。ドジャースは独走状態で、補強などしなくても地区優勝は確実な情勢。それでもダルビッシュを獲得したのは、ドジャースもまたダルビッシュを世界一への切り札とみなしていたためです。そうした背景の物語があって、そして迎えた天下分け目の第7戦ダルビッシュ先発。結果は…現実というのは残酷なものです。
シーズンが終わり、目下の焦点はアレックス・ブレグマンがホワイトハウス表敬訪問に参加するかどうかです。

さて本日は、ピザパです。
img_0325.jpg
行く者あれば来る者あり。さらに誕生日を迎えた者もあり。歓迎送迎祝福と、なんだか動線こんがらがりまくりのピザパでした。

Continue Reading

蚤の心臓、仮設事務所でビクビク

今年のワールドシリーズは、もうめちゃくちゃですね。初戦がわずか2時間28分で3-1の投手戦だったのに、同じ先発投手マッチアップの第5戦が倍以上の5時間17分もかかって13x-12だっていうんですから。いくらすごい試合といえども、こんなん見てる方もしんどい。一から全て見直すには覚悟が要ります。第2戦は単純に「すげぇ」って思えましたが、第5戦レベルになっちゃうと「ちょっとやりすぎだろ」と。
わずか5試合で22本塁打が乱れ飛び、2002年(7試合)のシリーズ最多記録を1~2試合残して早くも更新。飛ぶボール説というのは陰謀論めいていてあまり好きではなかったのですが、もうこれは飛龍飛球革命だけで納得できるレベルではありません。また、出てくるリリーフがことごとく打たれ、9回の同点・逆転が5試合中3試合というのも、正直どうだか。終盤の逆転劇ほど劇的なものはないですが、あまり続くと食傷気味です。
残すは多くても2試合のみ。今シリーズは名勝負に数えられる部類だとは思いますが、もうちょっと1点の重みが感じられるヒリヒリした試合が観たいと思うのは贅沢でしょうか。それこそ2011年のロイ・ハラデイvs.クリス・カーペンターのような。

先日は座間市内の現場仮設事務所へ行ってきたんですが、今回はまた別の現場仮設事務所へ。場所は相模原市南区、こちらも工事は始まったばかりです。
IMG_0296

重機が入っていました。こういう大型工事のことはさっぱりなので(小さい工事も同じくさっぱりですが)よくわからないんですが、擁壁解体という工程みたいですね。
仮設事務所では、監督が使うパソコンのネットワーク設定作業をしてきました。小一時間の滞在で気付いたのは、重機が動いていると事務所にもその振動がちょっと伝わってくること。やはり仮設事務所の歩き心地、椅子への座り心地というのは普通の建物とは違います。
「床が抜けてしまうのではないか」と、不安に思う瞬間もありました。冷静に考えてみればわかるんですけど、監督や業者さんが何人も出入りする建物なので、いくら仮設といえども心配のあるはずがないんですが。
でかい図体して蚤の心臓、それが自分という人間です。

Continue Reading

さよなら旧携帯

アメリカンリーグのリーグ優勝決定シリーズは、ヒューストン・アストロズが土俵際のうっちゃりでニューヨーク・ヤンキースに逆転勝ち。ロサンゼルス・ドジャースとの対戦は、ほぼ半世紀ぶりの100勝対決シリーズとなりました。
あー観たい。観たすぎる。ホセ・アルトゥーベやカルロス・コレア、ジョージ・スプリンガーら右の強打者をずらりと並べたアストロズの強力打線に、左のクレイトン・カーショウとリッチ・ヒルはどう立ち向かうのか。アストロズのサイ・ヤング賞受賞コンビ、ダラス・カイクルとジャスティン・バーランダーは、若きコーリー・シーガーやコディ・ベリンジャーをどう攻めるのか。ケンリー・ジャンセンは7回から投げてくるのか、ケン・ジャイルズはセーブシチュエーションで投げさせてもらえるのか。ドジャー・スタジアムでの試合開始時間は、ワールドシリーズなのでいつもより2時間ほど早く、夕暮れ時の美しい光景も見どころのひとつとなるでしょう。
しかし、明日は毎月25日に作成→取引先へ提出必須の書類にかかりっきり、明後日も明後日で外せない仕事があり、有給休暇の取得は無理。あー。ああぁー。あぁー… 予想はドジャースの4勝2敗かな、希望としては7戦までもつれ込んでほしいですが。

さて、本社では会社支給スマホ入れ替えの時期を迎えました。僕自身、こうした業務は初めてで、新機種選定などではドタバタしてしまいました。しかし入れ替え当日は、そこまで大きな混乱は起きなかった…ような気がします。というか、そう思いたいです。
こちらは旧携帯。

221E13A4-79AE-4ED5-B1DB-541EAD18EDDB

実は以前、現場で落としてしまってこんな大きなヒビが入ってしまっていたんですね。携帯を見るたび、あるいは触るたび、あのときのことが思い出されます。そんなわけでちょっぴり思い入れのあるこちらの端末とは、これでお別れです。
これ、回収してもらったあとはどういう処理されるんでしょう。バラバラにしてリサイクルですかね? では、入社から2年弱連れ添った相棒よ、さらば。生まれ変わって綺麗な携帯になれよ~。

Continue Reading

仮設事務所初潜入

前回触れたワシントン・ナショナルズの地区シリーズ第4戦先発投手の件。どうやら穿った見方をし過ぎたようで、第4戦はインフルエンザのスティーブン・ストラスバーグが登板、圧巻の投球を披露しました。しかしナショナルズは第5戦で敗れ敗退。クリーブランド・インディアンスも敗れているので、予想は早くも撃沈です。
しかし野球の短期決戦というのは予想が難しいものです。ナショナルリーグでは大本命ロサンゼルス・ドジャースが順当に白星を重ねる一方、アメリカンリーグではインディアンスに続き、ヒューストン・アストロズもニューヨーク・ヤンキースに崖っぷちまで追い詰められてしまいました。ヤンキースのBaby Bombersは100勝チームを連破してしまうんでしょうか。
調べてみたら、100勝チーム同士のワールドシリーズって1970年のボルチモア・オリオールズvsシンシナティ・レッズ以来50年近く途絶えてるんですね。千秋楽横綱相星決戦、なんとかアストロズにがんばってもらって実現しないかなぁ~。以前にも触れましたが、ドジャースvsアストロズはほこ×たて対決でもあり、可能性が残る中では一番観たいカードです。
歴史的コンテクストをもうひとつ。100勝チームが3球団も出るシーズンはこれが史上6度目。99勝以下のチームがポストシーズンで100勝チームを3ラウンド連続撃破した例は今までに全くありません。ヤンキース歴史的快挙の瞬間を観てみたい気もします。Damn Yankees精神の持ち主としては複雑ですが。

先日、現場へ行ってきました。仮設事務所ネットワーク設定のため、座間市までプチ遠征です。
1年ちょっと前までは、自分も施工に携わっていました。あまりにポンコツすぎて全くモノにならなかったわけですが。そのことは自分が一番わかってまっせ。ただ、自分がいた部署は住宅のリフォーム・リノベーションがメインでした。仮設事務所を設営するような現場には、足を踏み入れたことがありません。というわけで今回、初めて仮設事務所に潜入しました。

KIMG0494

2階から現場を見下ろす。こんな景色が見えるんですね。
この日は雨模様。最近は晴れの日が本当に少ないです。個人的には雨のしとしと音が好きで、夜の暗闇の中で布団に入りながら雨音を聴くとき心が一番やすらぐんです。でも工事のことを考えたら、そんな呑気なこと言ってられません。
安全に、無事に工事が終わることを、本社から祈ります。

Continue Reading

続・焼き芋したい(ry

ポストシーズンでは雨天中止も大きなファクターとなります。今日、シカゴ・カブスとワシントン・ナショナルズの地区シリーズ第4戦が中止となり、両チームとも初戦の先発投手を中4日で投げさせることが可能になりました…が、どうやら両チームとも今日先発予定だったタナー・ロアークとジェイク・アリエッタをそのままスライドさせるようです。
ナショナルズの初戦先発はスティーブン・ストラスバーグ。後半戦防御率0.84(!)、地区シリーズ初戦も7回2失点(自責点0)と好投していました。負けたら終わりなのですから投げさせない手はないように思うのですが、どうやら体調があまりすぐれない様子で、それもロアークのスライドという決断に影響したようです。ただ、ダスティ・ベイカー監督が「今日ブルペンセッションさせちゃったし」と言うのを、球団広報が「ブルペンセッションは昨日でした。体調不良なんですよ体調不良」と打ち消しているので、本当のところはよくわかりません。
ナショナルズとしては「ストラスバーグは先発はしないけど明日はブルペン待機だよ、1点でもリードしたら躊躇なく投入するよ?」とカブスにプレッシャーをかけたいところだったのに、ベイカーがついうっかり口を滑らせてしまった感じでしょうか。それにしてもロアークは今春のWBC準決勝に続いてまたも大一番ですね。

昨日、綺麗に掃き掃除して

KIMG0491

一夜明けたらどうなった? 結果はこうでした。

KIMG0493

いやああああああああああああああああああああ勘弁してえええええええええええええええええええええええ

Continue Reading

焼き芋したいぜこの落ち葉

今年の本塁打激増という流れは、当然ながらポストシーズンでもあまり変わりはないようで、乱れ打ち状態です。「え、これがホームランになっちゃうの?」という当たりも決して少なくはありません。ただそれでも、緊迫した場面でホームの選手が打とうものなら、たまらない興奮を呼び起こします。打球が上がった瞬間に場内のボルテージも一気に上昇し、客席が波打つさまはまさに圧巻の一言。
たまたまこの3日間、それぞれに素晴らしい一発を観ることができました。これがあるからやめられない。

もう秋です。弊社の駐車場も、落ち葉が増えてきました。
季節の変わり目を感じさせる、それはそれで美しい落ち葉。しかし駐車場の掃除当番に当たってしまうと、急に見え方が変わってきてしまいます。…あ~、またこんなに落ちてるよ。ついついため息が出てしまいます。

KIMG0490

これを掃き集めて、

KIMG0492

よし、綺麗になった。

KIMG0491

しかし困るのは、翌朝出社するとまた落ち葉だらけの状態に戻っているという…キリがあらへんがな。

Continue Reading
1 2 3 7