桜の木も寂しくなりました。冬ですね。

過去2年の厳冬オフから一転、今オフはFAビッグ3の去就がウインターミーティング中に決着しました。なんで急に懐が緩んだのかはわかりませんが、来季に向けてのワクワク感は高まります。
スティーブン・ストラスバーグはご祝儀残留でフランチャイズプレイヤーの座をライアン・ジマーマンから禅譲予定、ゲリット・コールはニューヨーク・ヤンキースと精神的にも金銭的にも相思相愛ということで、これは球団も選手も納得ではないかと思います。問題はアンソニー・レンドンを獲ったロサンゼルス・エンゼルス。ようやく不良債権アルバート・プホルスの契約に終わりが見えてきたというのに、そして大きな穴は先発ローテーションに空いているというのに、コールが獲れなかったからって内野手のレンドンにあそこまで張り込みますかね。
似た例は2010-11年のオフにもありました。テキサス・レンジャーズはエースのクリフ・リーが去り、代わりのエースに誰を獲るのかと思いきや、投手ではなく内野手のエイドリアン・ベルトレに行きました。これも当時は驚きましたが、レンジャーズは2011年、ワールドシリーズに進出しています。でもこれは、レンジャーズがもともと前の年にもリーグ優勝するほど地力のあるチームだったからでしょう。今のエンゼルスにレンドンが加わったところで、どうにもならないように思います。

4月には見事な花を咲かせてくれた弊社敷地内の桜の木
相模原市で自然素材の健康住宅を提供する相陽建設の桜、2本揃い踏み

時は流れ12月。見事に葉を全て落としました。
相模原市で自然素材の健康住宅を提供する相陽建設の桜の木、冬に入り見事に禿げました

人間の頭部が髪の毛ふっさふさの状態から8か月で一気につるっつるになり、そこから4か月でまたふっさふさに戻るという話は聞いたことがありません。植物の強靭さを感じますし、これからも居酒屋に飲みに行ったらわかめサラダ頼んどかなきゃな、と思うわけです。

You may also like