経営計画発表会

殿堂入り投票、時代委員会の方の発表が迫ってきています。テッド・シモンズは前回も殿堂入りにあと1票足りないだけだったので、今回で入ってもおかしくなさそう。ルー・ウィテカーは通算成績では二遊間コンビのアラン・トランメルとあまり遜色ないように思うんですが、前回はトランメルが殿堂入りの一方でウィテカーは候補入りすら見送り。この差はなんなんでしょう?
そしてトミー・ジョン。確かに投手タイトルの獲得はないし、オールスター選出も4回だけというのは寂しいですが、にしてもちょっと辛すぎやしませんか? この人に対する評価はBBWAAも時代委員会(旧ベテランズ委員会)ももうちょっと上げてもいいんじゃないか、と常々思っています。前回なんて16票中7票未満、過半数も超えないのは理解できません。
…と現役時代を知らない人間がワーワー喚いていますけども、どういう結果が出るのか楽しみです。

12月4日は、現社長・古橋裕一が弊社の社長に就任した日です。ということで、弊社では毎年、曜日に関係なくこの12月4日に、経営計画発表会というものを開催しています。
内容はといえばその名の通り、社長および各事業部・各部門の責任者が、翌年の経営計画を発表するというもの。今までは取引させていただいている協力業者様をお呼びしての開催でした。ですが今回、初めての試みとして、弊社のアフターメンテナンスサービス“応援団”会員の皆様にも、出席をお呼びかけさせていただきました。その結果、4組ご来場いただきました。この場を借りて御礼申し上げます。ありがとうございました。
発表内容は細かい数字など諸々があるんですが、とりあえずここではこれを公開しようかと。

相模原市で自然素材の健康住宅を提供する相陽建設の経営計画発表会

2020年の相陽建設株式会社スローガンは全力前進!!です。 「前力全進!!」みたいな誤字をやらかしてなくてよかった。 2019年大きな話題になったラグビーの、明治大学ラグビー部の哲学「前へ」を思い出すのは僕だけでしょうか。一歩一歩前へ進むのみです。

You may also like