腰を守るロバ

ラグビーワールドカップは南アフリカ共和国の優勝で幕を閉じました。ゴリゴリのフィジカルで押し切りましたね。準々決勝の日本戦で見せたあのドライビングモールはなんなんですか。あれは衝撃でした。
このチームが勝ったという結果が、果たして日本のラグビー界にとって良かったのか悪かったのか。「日本に勝ったチームがそのまま優勝してくれてよかった」という感情論ではなく、考えてみましょう。
ラグビーに限らず日本のスポーツ界に蔓延るのが、フィジカル軽視というか技術過信だと思います。「柔よく剛を制す」という言葉が独り歩きしているし、「心技体」では体が最後に来る。野球でも「身体能力ではMLBに勝てないが、技術は日本の方が上」という言い分をよく耳にします。
いやいやちょっと待て。いくら身体能力が高くても、それを生かせなかったら意味がないんです。ラグビーのフォワードがいくら体を鍛えても、タックルを透かされたら意味がない。バックスがいくら速く走れても、ボールをこぼしたら意味がない。野球の打者がいくら体を鍛えても、バットがボールに当たらなければ意味がない。走者がいくら速く走れても、暴走してアウトになれば意味がない。
「身体能力は外国の方が上」というのは、彼らはそのパワーやスピードを持て余すことなく、競技に上手く生かす術を身に着けているということです。だから彼らの技術というのは「日本の方が上」などと言い切れるほどバカにできるものではない。日本語は「心技体」という順番でいいますが、土台となる「体」を軽視して「技」だけで上回れるというのは夢の見すぎです。
ここの認識を正したのがエディー・ジョーンズだと思います。当時の日本は「フィジカルでは勝てない」という先入観から、端からフィジカル軽視で小手先の技術に走りがちだった。そこをエディーさんは、フィジカルを徹底的に鍛え直した。その結果が前回大会でのスプリングボクス撃破であり、それを新HCジェイミー・ジョセフの下でも続けたからこそ、今大会でのプール全勝という結果につながった。
スプリングボクスが準々決勝で日本を蹂躙し、そのまま頂点に上り詰めた。これを日本は「やはりフィジカルでは勝てない、限界がある」と見るのか、それとも「やはり勝つチームには強固なフィジカルという土台があるのだ」と見るのか。ひとつ言えるのは、「柔よく剛を制す」には「剛よく柔を断つ」という続きがあるということです。

弊社では月に一度、お世話になっている地元への恩返しの一環として朝の清掃活動をおこなっています。弊社の拠点は現状、本社と田名事業所と相模原住宅公園内モデルハウスの3つ。このうち、僕も勤務する本社組は、目の前にある国道16号横断用の地下道を清掃しています。
この清掃時に使う掃除用具なんですが、本社1階倉庫にしまわれています。…いや、「しまわれている」というより「押し込まれている」と書いたほうが正しいかもしれません。

相模原市で自然素材の健康住宅を提供する相陽建設の1階倉庫

写真だとわかりにくいですが、これがまた天井が低くて低くて。というのも、この倉庫は階段下にあるんです。だからそんなに背の高くない女性社員ですら、屈まないと清掃用具まで届かない。ここで月に一度、ほうきやちりとりを2~3本ずつ持っては外に出て、出したらまた中に入って屈んで、またほうきやちりとりを2~3本ずつ持っては外に出て、出したらまた中に入って屈んで…の繰り返しです。それを10回くらいやる。あるいは、一人が屈みっぱなしで次から次へとほうきやちりとりを手に取り、バケツリレー方式で渡していく。あかん、これ絶対に腰痛めるやつや。
というわけで、改善策としてこれを導入してみました。

相模原市で自然素材の健康住宅を提供する相陽建設、カートを購入しました

これに清掃用具一式をまとめて入れておけば、カートを1回出し入れするだけでOKだろうと。このカート、その名も“ドンキーカート”というらしいですが、なぜドンキー(ロバ)なのかはわかりません。ロバでもコングでもなんでもいいです。腰を守ってくれるなら。

You may also like