夢見ました。悪ス○ィッチがはしもとハロウィンに参加していました。

ワシントン・ナショナルズが勝った! 第7戦は昼休みにMLB.comの速報をチェックしていただけですが、それでも少しドキドキしました。ワイルドカードのナショナルズが、レギュラーシーズン106勝のロサンゼルス・ドジャースを地区シリーズで、そして107勝のヒューストン・アストロズをワールドシリーズで撃破。これはMLB史に残る大番狂わせのポストシーズンと言ってもいいんじゃないでしょうか。
マックス・シャーザーは第1戦に続き第7戦も毎回のように得点圏に走者を背負い、5回を投げ切るのが精一杯で2失点。それでもなんとか踏ん張って、アストロズに3点目を許しません。そして打線がそれに応えるように、中盤から終盤にかけて試合をひっくり返し、得点を重ねていきます。なんという第1戦のデジャブでしょうか。
第1戦と違ったのは、この日はナショナルズの継投がハマったこと。第1戦ではタナー・レイニーが重圧に押し潰され、クローザーのダニエル・ハドソンも1失点。なんとか1点差で逃げ切りました。それがこの日は、第4戦先発のパトリック・コービンが中3日で救援登板、6回裏からの3イニングを危なげなく投げてハドソンへバトンを繋いだようです。
先発をリリーフで起用し、それも3イニング以上投げさせる。どこかで見覚えあるなと思ったら、2年前のアストロズでした。あの年のアストロズは、ア・リーグのチャンピオンシップシリーズ第7戦ではランス・マッカラーズJr.、ワールドシリーズ第7戦ではチャーリー・モートン、と先発投手を中3日で4イニング投げさせて試合を締めました。それが2年後の今回、アストロズはゲリット・コールを温存したまま。ナショナルズがお株を奪ったわけですね。
あまり名勝負とは言えなさそうなシリーズではありましたが、それでも記憶に残るものになった、とも言えそうです。

本日10月31日はハロウィンの日ですね。弊社が加盟している橋本商店街協同組合でも、毎年10月最終土曜日にはしもとハロウィンフェスティバルを開催しています。2019年も26日に開催され、弊社もスタンプラリーのブースを出展してきました。スタンプラリーというのは、お子さんが商店街のいろいろなお店を回ってスタンプとお菓子をゲットし、指定の店を全部回り終えると最後に記念品がもらえる、という催しです。例年同様、場所は橋本2丁目のエンゼルハウス保育園をお借りしてきました。
今回の仮装はこんな感じでした。

相模原市で自然素材の健康住宅を提供する相陽建設がはしもとハロウィンに参加しました

左から平田、自分、そして小黒です。……なんなんでしょうか、この華の無さは。自分以外の3人が下に作業着を着ているせいで「しょっぱい」という感想しか浮かんできません。来年は作業着は禁止にせねば。
自分は某○ィズニーキャラクターのス○ィッチです。ただ自分は○ィズニーに疎いのでよくわからないんですが、ス○ィッチって本来はこんな黒基調のキャラクターではないらしいですね。ちょっとワルめなんでしょうか。そこに照れ隠しでサングラスを着けてます。
このあと弊社のブース出展時間が終わり、撤収のためこの格好のままいったん本社へ戻りました。ハロウィンに関係なく出社していた社員の一部が、自分を見て「それ子供怖がるだろ~」と口々に言いますが、実はそんなことないんですよ。笑顔で手を振ると向こうも笑顔で返してくれます。サングラスで目線を隠しても、やっぱり人の良さというのが滲み出てて、お子さんは皆それを感じ取ってくれるんでしょうね。
ハロウィンフェスティバルにご参加くださいましたお子さんとその保護者の皆様、本当にありがとうございました。このハロウィンフェスティバルは弊社や商店街の人たちも楽しんでやっているので、おそらく来年2020年も開催されるでしょう。そのときは是非またご参加いただければと思います。そして、ハロウィンバッグを購入できず今回のスタンプラリーに参加できなかった方も、もちろん次回の参加を歓迎しております。

You may also like