はじめまして、1円切手さん

ワシントン・ナショナルズ、とうとうリーグ優勝してしまいました。NLCSの相手はセントルイス・カージナルス。ポストシーズンでのしぶとさに定評があり、ナショナルズ自体も2012年のNLDSで苦杯を舐めさせられています。だからナショナルズが勝ち抜けるとはあまり思えなかったんですが、まさかのスウィープ突破ですよ。
ここ数年来の懸案だったブルペンの弱さは相変わらずどころか、今年は例年以上にひどいような印象すらあります。が、今年は先発3本柱をリリーフにもつぎ込むという力技で解決してしまいました。リリーフで信頼できそうなのはダニエル・ハドソンとショーン・ドゥーリトルくらい。となると3本柱にかかる負担は大きくなります。LCS開幕がア・リーグより先でしかもスウィープとなると、ワールドシリーズに向けて休養はばっちり取れるでしょう。ただ、LCSスウィープ勝ち抜けのチームは試合勘が鈍るのか、ワールドシリーズでこてんぱんにやられてしまう傾向があります。2006年デトロイト・タイガース、2007年コロラド・ロッキーズ、2012年タイガース、2015年ニューヨーク・メッツ。これらは全てスウィープ勝ち抜けのあとワールドシリーズでは2勝も挙げられていません。今年のナショナルズはスウィープが吉と出るか凶と出るか。
もう一点。この先発総動員態勢は、おそらく3本柱でないと不可能です。去年のようなに2本柱では難しい。去年の2本柱マックス・シャーザーとスティーブン・ストラスバーグに、今年3本目として加わったのがパトリック・コービン。コービンの獲得は、元はと言えばブライス・ハーパーの引き留めが叶わなかったことで、その予算を振り向けたから実現したものです。ということは、球団史上最大級のスターに出ていってもらったことが、結果的にはチームの強化につながったわけです。なんという皮肉な結果でしょうか。
あと、ユニフォームは験担ぎなのか、ずっとあの紺のオルタネイト。あれどうも好きじゃないんだよなー。普通のホームユニフォームかっこいいのにもったいない。

五十嵐太郎『現代建築に関する16章<空間、時間、そして世界>』という本について、1年前にチラリと触れました。建築初心者向けに現代建築の潮流をいろいろと紹介している本なんですが、そのなかに“シュヴァルの理想宮”について触れている箇所もあります。フランスの郵便配達員フェルディナン・シュヴァルが、1879年から1912年にかけてひとりで作り上げた、世界に名だたる珍建築です。

郵便配達員の位置づけを考えると、十九世紀最初のころは、外の情報を届けてくれる人だから、その村のなかでは知的というか、偉い職業だった。しかし、鉄道などの交通や通信が発達するようになって、郵便配達夫の地位が落ちていく。シュヴァルが理想宮をつくりはじめたのは、そういう時期です。
折衷主義の時代とも重なりますが、いろいろな世界建築の情報が、こんな田舎まできていたのだという意味でもおもしろい。エジプトだとか、イスラムだとかアジアとか、いろいろな様式が混ざっている。当時、フランスの片田舎に、こうした断片的な情報が届いたことを確認しました。彼は、個人レベルで、建築がカタログ化した十九世紀の精神を反映させている。建築を情報の素材としてコピー&ペーストしたわけです。
世界各地の建築様式の情報を素人が知るような状況は、おそらく十八世紀ではありえなかった。やはり十九世紀には、それだけ情報が流れるようになった。つまり、彼を通して、当時の世界の知識がどのように伝達されたかも垣間見えます。

(56-57P)

19世紀、郵便というものがいかに重要な通信インフラだったことか。それが、時が経つにつれて電話やらメールやらLINEやら、新たなテクノロジーによる通信手段が続々と発明されてきて、郵便というものの相対的価値が薄れてきています。この流れは不可逆でしょうね。
かくいう自分も、業者さんとのやり取りは電話やメールが主。書類等を郵送することもありますが、その場合に使うのはだいたいが82円・92円・120円・140円とレターパックです。
それがこのたび、消費増税にともない切手価格も変更されてしまいました。62円→63円、82円→84円、92円→94円。というわけで、残った官製ハガキや切手を使い切るためには、差額分を埋めるために1円・2円切手を一緒に貼らなければなりません。これは注文せねば。
今までにも、2円切手は見たことがありました。かわいいウサギ。それから10円。こちらはトキでした。ですが、1円切手というのはお目にかかったことがありませんでした。見たことがないから図柄もわからない。1円切手の図柄はなんでしょうか。予想が膨らみます。ウザギやトキの流れから考えれば動物系なんだろうな。いの一番の1円ですから、国のシンボルか。そうなると国鳥のキジ、国魚のニシキゴイ、国蝶のオオムラサキあたりが候補となりうる。あるいは柴犬とか… 空想上の動物で鳳凰の線もあるか、1万円札にも使われてるし…
そんなこんなで注文翌日。郵便局の配達員の方が納品してくださいました。1円切手の図柄、いよいよ正解発表。
相模原・町田・八王子で自然素材の健康住宅を提供する相陽建設、1円切手を注文しました

動物の流れ関係なしに、前島密だったかー。それにしても世の中まだまだ知らないことだらけです。

You may also like