鶴が立ち塞がる

ルルデス・グリエルJr. (25) 79試合 打率.279 19本塁打 47打点 OPS.879
ヨアン・モンカダ (24) 97試合 打率.301 20本塁打 59打点 OPS.893
ヨーダン・アルバレス (22) 50試合 打率.332 17本塁打 52打点 OPS1.093
ホルヘ・ソレア (27) 122試合 打率.259 35本塁打 87打点 OPS.901

そりゃこんな選手たちが揃いも揃って亡命するんだもん、キューバ代表も弱くなるはずだ。パンアメリカン競技大会では1勝3敗で8か国中6位。下にはアルゼンチンとペルーしかいない。寂しいもんですね。国際大会で謎の選手が打ちまくる往時のキューバには幻想がありましたが。
アメリカの政権が共和党である間は国交も事実上の再断絶でしょうから、亡命選手がWBCキューバ代表に合流する可能性も限りなく低い。キューバのドリームチーム、下手したら自分が生きている間に見られないかもしれないですね。う~ん。

5月黄金週に草むしりをしたあと3か月が経過、また青々とした草が繁ってきました。草むしりの好機は、電話もインターホンもめったに鳴らないとき。というわけで世間がお盆休みのうちに、令和2度目の草むしりをしたいところでしたが…
残念ながらノロノロ台風10号のせいで、相模原でも雨が降ったりやんだり、ということで断念。ちなみに台風10号の名前は Krosa 、カンボジア語で鶴。日本ではおめでたい印象のある鳥ですが、今回ばかりは恨めしや。

You may also like