重要なことなので2回言います。年中無休の弊社展示場、抜群の断熱性能

今年のPlayers Weekend、テキサス・レンジャーズのハンター・ペンスが「¯\_(ツ)_/¯」という背ネームを採用しました。自分が知る限り、今まで日本語の文字はひらがなもカタカナも漢字も使われていなかったかと。ということで、背ネームに日本語の文字が載るのは史上初と思われます。
韓国人選手は1年目からハングルを使ってました。今年も柳賢振は “류현진”。ここらへん韓国人選手は自国文化の対外宣伝に積極的です。これを最初見たときは「アルファベット以外もありなら、日本人選手も日本語使えばよかったのに」と思いましたが、3年目の今年までゼロのままです。”YU-SAN” “MA-KUN” より “ダルビッシュ有” “田中将大” の方が面白いと思うんですけどね。
それから昨年は当時アリゾナ・ダイヤモンドバックスのブラッド・ボックスバーガーが絵文字を初めて使いました。絵文字背ネームは増殖していて、今年は21人が使用予定。そのうちキリル文字とかアラビア文字とかも出てきたりするんでしょうか。アレックス・ウィルソンなんかサウジアラビア生まれだしアラビア文字を使うのにふさわしいですけど、まずPlayers Weekend期間にメジャーにいるという条件を満たせませんでした。残念。

重要なことなので2回言います。まず、弊社は8月10日()から18日()まで夏季休業とさせていただきます。ただし、相模原住宅公園内にあります弊社モデルハウス“屋根に集う家”は上記期間も休まず営業しております。というわけで夏真っ盛りの8月下旬、この時期だからこそ、弊社のクアトロ断熱効果を是非体感してみては、というご提案をさせていただきました。これが前回の投稿の要旨です。
では今回、なんで念を押そうかと思ったか。実は前回の投稿のあと、その展示場におります正村ブログにて、サーモグラフィカメラを用いた写真をあげておりました。断熱性能について一目瞭然だったので、それを紹介させていただきたいと。

まずはこちら
相陽建設が提供する自然素材の健康住宅は、断熱性能が抜群です
相模原住宅公園内で撮影した1枚。左が相陽建設モデルハウス、右が他社さんのモデルハウスです。サーモグラフィの画像は→白の順に温度が高くなっていることを示します。外気温34.6℃という条件下、弊社モデルハウスの外壁はほぼ水色という状態。外気温とほとんど変わりません。一方、他社さんのモデルハウスは真っ赤で、一部白くなっています。これだと外壁の温度は50℃ほど。触るとやけどしてしまうかもしれません。もちろん、中にいれば熱中症の危険が高まります。

続いてはこちら
相陽建設が提供する自然素材の健康住宅は、断熱性能が抜群です
こちらは8月4日に開催されました、体感バスツアー@八王子での1枚。築2年のお客様の家をご紹介させていただきました。
こちら、12帖用のエアコン1台で30坪の家全体を賄っているんだとか。「帖」とか「坪」とか、単位を統一してみましょう。1帖は1.65m2、1坪は3.3m2です。ということは12×1.65=19.8m2用のエアコンで30×3.3=99m2をカバーしていることになりますね。なんとエアコンの能力の5倍! これを可能にしているのも、優れた断熱性能です。

大事なことなので何度でも言います。相模原住宅公園内にあります弊社モデルハウス“屋根に集う家”は8月も休まず営業しています。これ、期末テストに出ますよ。

You may also like