3分の2があっという間に

ラグビーワールドカップも開幕間近、日本代表スコッド31名が発表されました。が、その記者会見で随分ふざけた質問をした大馬鹿者がいるようで。韓国出身のプロップ具智元を入れたのは「日韓関係が荒れている中で(中略)政治的配慮か」と。選手が実力で、努力でその座を勝ち取ったにもかかわらず、それを認めようとしない。選手に対して、チームに対してこれほど礼を失した質問はないです。ひどすぎる。
これは極端な例でしょう(そうあってほしい)が、ラグビーにつきものの批判として「代表チームに外国人が多すぎるから応援できない」というものがあります。そうはいっても、ラグビーの代表チームはオリンピックやサッカーのような国籍保持選手代表ではなく、協会所属選手代表です。だから、そもそも「自国人」「外国人」という区別に意味がない。その考え方が未だに浸透していないんですね。これを乗り越えると、他のスポーツではあまり見られない、ラグビー独特の芳醇な代表チーム文化というものが楽しめるようになるんですが。
この問題、突き詰めていくと実はレイシズムかファシズムか、という問題に突き当たってしまう、なかなかに厄介な問題です。次の問題を考えてみましょう。片方に、日本民族だけで構成されているが、髪を金髪に染めて日本民族らしい見た目を自ら捨て去り、試合前の国歌演奏をボーッと聞き流しているだけの日本代表チームがある。もう片方に、外国人も何人もいるけれども、試合前の国歌演奏時にはチーム全員が肩を組んで歌い、中には感極まって涙を流す選手までいる、そんな日本代表チームがある。どちらを応援できるでしょうか? つまり、日本民族の血を引くという事実が重要か、それとも日本のために一生懸命働くという事実が重要か。
……そんなことを言っていると「じゃあ国際大会なんて見てたらレイシストかファシストかのどちらかになっちゃうのか」という話になり、そんなの見ていられなくなってしまいます。何でもかんでも思想に結びつけると窮屈になっちゃいますね。レイシズムにもファシズムにも流されないように気をつけつつも、ワールドカップでは小難しいことを考えず、日本代表の活躍と世界のラグビーを堪能したいと思います。sportって単語の語源がそもそも「気晴らし」ですから。アイルランド相手に金星、どうだろうなぁ。

このブログも半ば気晴らしみたいなもので、前半は趣味のスポーツについていろいろと書いているんですが、後半では会社のことをいろいろと紹介していこうという気があります。ただし今週は困った。ブログに書けるネタがない。それだけ(少なくとも庶務担当の自分にとっては)平和な一週間だったということもできそうです。
こうして8月の最終週も終わりを告げようとしています。8月が終わるということは、1年の3分の2が経過するということ。今年もあっという間にこんなに過ぎてしまいました。個人的なことを申せば、かわいい後輩の退職だとか、よく行ってた近くの大衆食堂の閉店が決まったりだとか、ちょっと悲し目のことが多かったような気がします。今、このブログを書いている時点で空は曇り気味ですが、まさにそんな感じ。ただ、業務の方ではそこまで大きなトラブルもなく、今のところは順調に来れたのではないかなと。
残り4か月が平和なまま進んでくれれば、これほどありがたいことはないです……って書くと何か他人事っぽさを感じてしまいますね。総務部の仕事は他事業部・他職種のサポート。ですから、自分が平和に進ませるんだ、という意識を持たないと。

Continue Reading

お褒めいただきました

ニューヨーク・メッツ、今年もミラクルを起こすんでしょうか。トレード・デッドラインでは借金状態にもかかわらずマーカス・ストローマンを補強し、来年以降を見据えた動きと見られていたのに、なんと8月15勝5敗。クリーブランド・インディアンスをスウィープし、とうとうワイルドカード圏内まで1.5差です。このあとは同地区首位アトランタ・ブレーブスをはじめ、シカゴ・カブスやワシントン・ナショナルズなどポストシーズン争い中の球団との対戦が続く正念場。ここを乗り切ったら、もしかしたらもしかするかもしれません。
一方のインディアンスはここにきて痛い3連敗。ホセ・ラミレスが完全に復調し、10日前にはミネソタ・ツインズと肩を並べていたのに、ここにきてまた3.5差に拡大。一度は追いつきひっくり返した相手にまた突き放されるというのは、精神的にしんどそうです。

このたび、相陽建設株式会社は、相模原市より表彰していただきました
相模原市で自然素材の健康住宅を提供する相陽建設が表彰をいただきました

表彰状
相陽建設株式会社殿

麻溝まちづくりセンター・公民館移転整備工事

貴社は本市発注工事の施工にあたり卓越した技術と誠意を
もって他の模範となる優れた工事を完成されました
よってここに表彰します

令和元年八月七日
相模原市長 本村賢太郎

弊社は自然素材の注文住宅“0宣言の家”だけでなく、ビル・大型施設の施工もやっております。ホームページでは手前味噌ながら「神奈川県下の建築コンクールで優秀賞を授与するなど、その高い技術力と豊富な経験で、地域社会に厚い信頼をいただいています」などと謳っています。今回、こうしてまたひとつ表彰を受けたことは、社員全員が誇りに思っております。
この表彰に恥じぬよう、今後も現場の安全とお客様の安心につながる良い建物を造ってまいる所存です。関係各位にこの場を借りて御礼申し上げます。このたびは誠にありがとうございました。

Continue Reading

鶴が立ち塞がる

ルルデス・グリエルJr. (25) 79試合 打率.279 19本塁打 47打点 OPS.879
ヨアン・モンカダ (24) 97試合 打率.301 20本塁打 59打点 OPS.893
ヨーダン・アルバレス (22) 50試合 打率.332 17本塁打 52打点 OPS1.093
ホルヘ・ソレア (27) 122試合 打率.259 35本塁打 87打点 OPS.901

そりゃこんな選手たちが揃いも揃って亡命するんだもん、キューバ代表も弱くなるはずだ。パンアメリカン競技大会では1勝3敗で8か国中6位。下にはアルゼンチンとペルーしかいない。寂しいもんですね。国際大会で謎の選手が打ちまくる往時のキューバには幻想がありましたが。
アメリカの政権が共和党である間は国交も事実上の再断絶でしょうから、亡命選手がWBCキューバ代表に合流する可能性も限りなく低い。キューバのドリームチーム、下手したら自分が生きている間に見られないかもしれないですね。う~ん。

5月黄金週に草むしりをしたあと3か月が経過、また青々とした草が繁ってきました。草むしりの好機は、電話もインターホンもめったに鳴らないとき。というわけで世間がお盆休みのうちに、令和2度目の草むしりをしたいところでしたが…
残念ながらノロノロ台風10号のせいで、相模原でも雨が降ったりやんだり、ということで断念。ちなみに台風10号の名前は Krosa 、カンボジア語で鶴。日本ではおめでたい印象のある鳥ですが、今回ばかりは恨めしや。

Continue Reading

重要なことなので2回言います。年中無休の弊社展示場、抜群の断熱性能

今年のPlayers Weekend、テキサス・レンジャーズのハンター・ペンスが「¯\_(ツ)_/¯」という背ネームを採用しました。自分が知る限り、今まで日本語の文字はひらがなもカタカナも漢字も使われていなかったかと。ということで、背ネームに日本語の文字が載るのは史上初と思われます。
韓国人選手は1年目からハングルを使ってました。今年も柳賢振は “류현진”。ここらへん韓国人選手は自国文化の対外宣伝に積極的です。これを最初見たときは「アルファベット以外もありなら、日本人選手も日本語使えばよかったのに」と思いましたが、3年目の今年までゼロのままです。”YU-SAN” “MA-KUN” より “ダルビッシュ有” “田中将大” の方が面白いと思うんですけどね。
それから昨年は当時アリゾナ・ダイヤモンドバックスのブラッド・ボックスバーガーが絵文字を初めて使いました。絵文字背ネームは増殖していて、今年は21人が使用予定。そのうちキリル文字とかアラビア文字とかも出てきたりするんでしょうか。アレックス・ウィルソンなんかサウジアラビア生まれだしアラビア文字を使うのにふさわしいですけど、まずPlayers Weekend期間にメジャーにいるという条件を満たせませんでした。残念。

重要なことなので2回言います。まず、弊社は8月10日()から18日()まで夏季休業とさせていただきます。ただし、相模原住宅公園内にあります弊社モデルハウス“屋根に集う家”は上記期間も休まず営業しております。というわけで夏真っ盛りの8月下旬、この時期だからこそ、弊社のクアトロ断熱効果を是非体感してみては、というご提案をさせていただきました。これが前回の投稿の要旨です。
では今回、なんで念を押そうかと思ったか。実は前回の投稿のあと、その展示場におります正村ブログにて、サーモグラフィカメラを用いた写真をあげておりました。断熱性能について一目瞭然だったので、それを紹介させていただきたいと。

まずはこちら
相陽建設が提供する自然素材の健康住宅は、断熱性能が抜群です
相模原住宅公園内で撮影した1枚。左が相陽建設モデルハウス、右が他社さんのモデルハウスです。サーモグラフィの画像は→白の順に温度が高くなっていることを示します。外気温34.6℃という条件下、弊社モデルハウスの外壁はほぼ水色という状態。外気温とほとんど変わりません。一方、他社さんのモデルハウスは真っ赤で、一部白くなっています。これだと外壁の温度は50℃ほど。触るとやけどしてしまうかもしれません。もちろん、中にいれば熱中症の危険が高まります。

続いてはこちら
相陽建設が提供する自然素材の健康住宅は、断熱性能が抜群です
こちらは8月4日に開催されました、体感バスツアー@八王子での1枚。築2年のお客様の家をご紹介させていただきました。
こちら、12帖用のエアコン1台で30坪の家全体を賄っているんだとか。「帖」とか「坪」とか、単位を統一してみましょう。1帖は1.65m2、1坪は3.3m2です。ということは12×1.65=19.8m2用のエアコンで30×3.3=99m2をカバーしていることになりますね。なんとエアコンの能力の5倍! これを可能にしているのも、優れた断熱性能です。

大事なことなので何度でも言います。相模原住宅公園内にあります弊社モデルハウス“屋根に集う家”は8月も休まず営業しています。これ、期末テストに出ますよ。

Continue Reading

夏季休業のお知らせ(ただし展示場は年中無休でやってますよ!)

今年のトレードデッドラインは、8月以降のウェーバー経由トレードがなくなったので7月31日に一本化。それがいいことなのか悪いことなのかを総合的に判断するだけの知識は持ち合わせていないのですが、今年のデッドラインは「どうせ8月でもトレードできないことはないし」というのがなくなったのと、どこが売り手でどこが買い手になるのかわからないということで、緊張感はあったように思います。それにしてもニューヨーク・メッツがマーカス・ストローマンを獲って、しかもノア・シンダーガードもザック・ウィーラーもキープとはね。
ヒューストン・アストロズは、ザック・グレインキーを獲っていよいよ完全体になりましたか。2017年はリーグトップのチームOPS.823(!)に対し規定投球回到達者ゼロの“打”のチーム、2018年はOPSが.754に落ちたかわりにチーム防御率が3.11でリーグトップの“投”のチーム、という印象が強いです。それが2019年は投打とも実にハイレベル。これで世界一になれなかったらいつなれるんだという…2017年になってるんですけど。グレインキーの活躍次第では歴史上最強チームの候補にすらなりそうです。
クリーブランド・インディアンスはいつの間にかミネソタ・ツインズの背中にピタリとつけた位置にいました。ここでトレバー・バウアーを放出してヤシエル・プイグとフランミル・レイエスを獲得し打線を強化。コーリー・クルーバーやダニー・サラザーの復活で十分穴埋めできると踏んだんでしょうね。ポストシーズンは今年も中3日ローテでクルーバー、シェーン・ビーバー、マイク・クレビンジャーのフル回転に託すんでしょうか。2016年は最後の1試合で力尽きてしまいましたが、さて今年はどうなるか。
ナショナルリーグでは、ロサンゼルス・ドジャースがほとんど動かなかったのが不気味です。2年連続ワールドシリーズ敗退、しかも本拠地で相手に優勝を決められるという屈辱。しかしここでリリーフの補強に動かないのは、ポストシーズンでは先発ローテの豊富な駒をブルペンに回して乗り切る戦略でしょうか。前田健太なんか、ほんと第2の上原浩治になれそうですし。

8月に突入しました。1か月前に「もう1年も半分過ぎたのか~あっという間だな~」と言っていたのが懐かしくなる、本格的な夏の到来です。
さて、相陽建設株式会社では、既にお知らせさせていただいているとおり、8月中旬に夏季休業をさせていただきます。期間は8月10日()から18日()まで。今年は土日が重なったとあって、例年より長い休業となります。お客様には大変なご不便をおかけしてしまいますが、何卒ご理解いただきますようよろしくお願い申し上げます。

相模原市で自然素材の健康住宅を提供する相陽建設のモデルハウス "屋根に集う家"
ただし、相模原住宅公園内にあります弊社モデルハウス“屋根に集う家”は上記期間も休まず営業しております。この湿気にうんざりする夏、屋外なのに蒸し風呂にいると錯覚してしまう夏、弊社モデルハウスのクアトロ断熱効果を是非体感してみてはいかがでしょうか?

Continue Reading