9Z万札おじさん

『スポーツ・イラストレイテッド』の「野球で最もエキサイティングなプレイは何か」という記事、楽しく読みました。「内野手のファインプレイ」「ホーム上でのクロスプレイ」というベタなものから、「暴投での得点(サヨナラであればなおよし)」とか「3点差逆転のサヨナラ満塁本塁打」といったレアなものまで。
僕はこれなんですけど、挙げてる人はいなかったなぁ。「捕手が投球を受けた直後の一塁or三塁への牽制」です。このプレイの現役第一人者といえるヤディアー・モリーナのを3つどうぞ。


うちの社員の中に、これを集めている人がいます。
相模原・町田・八王子で自然素材の健康住宅を提供する相陽建設には、これを集めている人がいます

写真は、お札の「記番号」というものです。日本銀行によると

6桁のアラビア数字をはさんで、アルファベットが頭に1ないし2文字、末尾に1文字組み合わされ、「A123456B」や「CD777777E」というように表されます。アルファベットは全部で26文字ありますが、I(アイ)とO(オー)は数字の1、0に間違いやすいため、これらを除く24文字が使われています。また、数字は「000001」から「900000」までの90万通りが使われています。これらの組み合わせにより、記番号は129億6千万枚で一巡します。

とのこと。
で、これの何がコレクションの対象になるような特別なものなのかというと、末尾が “9Z” なんですね。0~9の最後の9と、A~Zの最後のZ。最後の文字が2つ並んでいるこのお札を財布に入れておけば、金運アップの効果があるんだとか。129億6千万枚のうち、数字の最後が9で終わるものは10枚に1枚、アルファベットのZで終わるものは24枚に1枚の割合です。ということは129億6千万÷10÷24=5400万枚、すべてのお札のうちの0.0042%ということですか。5400万枚と聞くと多く感じるし、0.0042%と聞くと少なく感じる、なんだかよくわかりません。
とにかく、弊社の現金の中にこれがあった場合は「ありましたよ!」とメールでお知らせし、普通の10,000円札と交換。しかし本当に金運アップの効果はあるんでしょうか? つーか手放したら金運が下がるわけだからずっと持っていることになるわけで、使わないお金というものに価値があるのかどうかもちょっと疑問ではありますが。

Continue Reading

ファミQフォトアルバム公開しました

ミネソタ・ツインズが1試合8本塁打だの、本塁打数リーグトップだの、一昔前までは考えられなかったことが起きています。一昔=10年前のツインズはジョー・マウアーを筆頭に20発以上の選手が4人いましたが、チーム総本塁打数は172でア・リーグ9位。犠打数は51でリーグ3位。そのさらにちょっと前の、ニック・プントやジェイソン・バートレットらが “ピラニア軍団” と呼ばれていた時代のこともあり、どうしても小技を得意とするイメージが拭えません。それが今では本塁打でドッカンドッカン。しかもミゲル・サノが出遅れていてこれだというんだから、時代は変わったものです。
あとは “ポストシーズン1回戦で勝てない病” もどうにかしてくれればいいんですが。2003年以降は6度のポストシーズンすべて1回戦で敗退。しかもそのうち5度がニューヨーク・ヤンキースで、合計2勝13敗とケチョンケチョンにやられています。

前回、毎年恒例となっている弊社のお客様感謝イベント “ファミQフェスタ” が今年も無事に開催されたことをご報告させていただきました。そのファミQフェスタの模様ですが、参加されたお客様限定でフォトアルバムを公開しております。
参加されたお客様には、弊社よりアンケートを送付させていただきます。その中に、パスワードの文字列も同封されています。上記リンク先ページの下部にパスワード入力欄がございまして、そこから写真を見ることができます。初夏の思い出、こちらで振り返ってみてください。

Continue Reading

2019年もファミQフェスタは無事に終わりました

エドウィン・ジャクソンが14球団目での登板、とうとう史上最高のジャーニーマンになりました。Transactionsのボリュームがすごいすごいw 同一球団に最長でも3年しかいなかったというのは実にアメスポ的。
ジャーニーマンにありがちなのが、数合わせのイニング消化要員として弱小球団を渡り歩くという流れ。ジャクソンも今でこそこれに入っていますが、2008年にはタンパベイ・レイズでリーグ優勝、2011年にはセントルイス・カージナルスで世界一と、めぐり合わせにも恵まれました。そういやジャクソンに抜かれたオクタビオ・ドーテルも2011年カージナルス世界一のメンバーでした。このときは実質的な三角トレードで、ジャクソンはまずシカゴ・ホワイトソックスからブルージェイズへトレードされ、登板がないまま即日、元々ブルージェイズにいたドーテルらとともにカージナルスへトレードされています。というわけでジャクソンにとってブルージェイズは、初登板ながら形式上は2度目の在籍となります。
残るはボストン・レッドソックス、ニューヨーク・ヤンキース、クリーブランド・インディアンス、カンザスシティ・ロイヤルズ、ミネソタ・ツインズ、ヒューストン・アストロズ、ロサンゼルス・エンゼルス、シアトル・マリナーズ、テキサス・レンジャーズ、ニューヨーク・メッツ、フィラデルフィア・フィリーズ、シンシナティ・レッズ、ミルウォーキー・ブルワーズ、ピッツバーグ・パイレーツ、コロラド・ロッキーズ、サンフランシスコ・ジャイアンツ…で合ってますか? このリストからあといくつ減っていくでしょう。

5月12日()、毎年恒例のファミQフェスタを実施しました! 2019年も500名近いお客様にお越しいただき、バーベキューと様々なイベントでおもてなしさせていただきました。
僕の担当は前年に引き続き “魚のつかみ取り大会” でした。今年も活きのいいイワナを放流し、お子様につかみ取りに挑戦していただきました。今年のは例年以上に活きがよかったのか、制限時間内にお子様の手から逃げ切ったのが2~3匹いて驚愕でした。

今回、ファミQフェスタ実行部隊のリーダーを務めたのは、注文住宅事業部の光枝でした。
相模原・町田・八王子で自然素材の健康住宅を提供する相陽建設のファミQフェスタ

光枝率いる実行部隊の提案で、今回導入してみたのがこちら。
相模原・町田・八王子で自然素材の健康住宅を提供する相陽建設のファミQフェスタ

めっちゃいい笑顔w たい焼きです! 出店コーナーでは、昨年も焼きそばや豚汁、ポップコーンなどを出していたんですが、今回はさらに一歩進んで、専用焼き機が必要な高度なものに挑戦してみようと。僕もいただいたんですが、あんこのもカスタードクリームのも “ザ・出店” という感じでなかなか美味しかったですよ。
毎年恒例のこのイベント、2020年はイベント開始10周年の記念大会です。今回お越しいただけたお客様も、残念ながらお越しいただけなかったお客様も、来年のファミQをお楽しみに!

Continue Reading

ゴールデンウィーク明けの相陽建設イベント情報

シンシナティ・レッズのジェシー・ウィンカー、まだ3年目の25歳ながらなかなかいいキャラをしています。
4月29日、同点の9回に勝ち越しホームランを打ち、勝利を決めたあとに敵地ファンを「バイバーイ」と煽る。5月1日、最後の打者の左邪飛をスライディングキャッチし、勝利を決めたあとに敵地ファンを「バイバーイ」と煽る。

5月2日、球審の判定に文句をつけて退場。敵地ファンから「バイバーイ」と煽られるw

ファンもよくわかってますねw こういうのは傍から観てる分には最高に面白い。ここからウィンカーとメッツファンのTen-Year Warが始まらないか期待してます。

相陽建設では、ゴールデンウィーク10連休が明けてから、立て続けにイベントを実施します。
まず、5月11日(5月19日(住宅展示場では教えてくれない、家づくりの真髄とは?@町田市”です!
2019年5月11日&19日 住宅展示場では教えてくれない家づくりの真髄とは?@町田市

こちら、3月には多摩市で開催したイベントですね。今回は町田駅ターミナル口から徒歩2分のところにあるベストウェスタン レンブラントホテル東京町田で、2週連続の開催です。講師はもちろん、『神様が宿る家』シリーズや『ハウスメーカーと官僚がダメにした日本の住宅』、『住宅展示場では教えてくれない本当のこと。』など、家づくりに関する数々の著作で知られる澤田升男さん。そして今回も、ご希望者には無料個別相談を実施させていただきます。詳しくはこちら(5月11日 / 5月19日からご確認ください。

続いては5月26日(風水・健康セミナー@相陽建設モデルハウス”です!
2019年5月26日 風水・健康セミナー@相陽建設モデルハウス

こちらも3月に開催しているイベントです。風水セミナーは定員が10名様とちょっと少なめ。ですので、もしかしたら「前回は参加しようか迷ってたうちに定員オーバーとなってしまった」という方も、もしかしたらおられるかもしれません。そのような方はぜひ今回こそ応募してみてください。会場は弊社モデルハウス、まだ0宣言の家を体感したことがないという方にもオススメです。こちらのセミナーにつきましては、詳しくはこちらをどうぞ。

いずれのイベントも参加費・受講料は無料です。予約制ですので、こちらの予約フォームから、必要事項を記入しお申し込みください。皆様のお越しを、お待ちしております!

Continue Reading

令和最初の投稿で、平成を通り越して昭和の一発屋の歌に思いを馳せる

ちょっと前にサンディエゴ・パドレスのことを「プロスペクト育成能力に著しく欠けいつまで経っても浮上できない」と書きましたが、少し風向きが変わってきましたか? 野手ではフェルナンド・タティスJr.が前評判通りの活躍、投手ではクリス・パダックやニック・マーガビチュス(でいいんですか? Margeviciusとは難読…)に加え、カル・クアントリルもこのたびデビュー。若手がどんどん芽吹いてきています。
前述の記事で、パドレスとともに腐したのがマイアミ・マーリンズでした。パダックって、実はマーリンズの出身なんですね。フェルナンド・ロドニーとのトレードで2016年7月にパドレス入り。ちょうどこのトレードが成立した時点で、マーリンズは56勝48敗の地区2位だったので、勝負に出たトレードです。しかしながらマーリンズはその後失速、ポストシーズンを逃した上に9月にはホセ・フェルナンデスまで喪ってしまいました
2017年1月、マーリンズはフェルナンデスが抜けた先発ローテーションの穴を埋めるため、シンシナティ・レッズとのトレードでダン・ストレイリーを獲得します。このとき放出したのが、ルイス・カスティーヨでした。2019年4月終了時点では、パダックが6試合33.0イニングで防御率1.91、カスティーヨが7試合43.1イニングで防御率1.45。故フェルナンデスも含め、マーリンズの投手プロスペクトを見極める目の確かさ、そして上の迷走ぶり。いろいろと考えさせられます。

いよいよ令和です。平成の30年ちょっとが終わってしまいました。昭和に生まれたとはいえ物心ついたときには時代は平成、やはり一抹の寂しさは感じます。しかしそこは令和への期待というものもあります。平成の初めには、あなたが今その眼に映しているまさにこれ、ブログなんていうものも存在していなかったわけです。令和の時代にも、現時点では想像もできないものができているのでしょうね。
これから紹介するのも、平成になってから一気に世に広まったものです。何かというと、ドローンです。

普段はこんな箱にしまわれております。

相模原市で自然素材の健康住宅を提供する相陽建設は、建物の定期診断にドローンを活用します

開けると…

相模原市で自然素材の健康住宅を提供する相陽建設は、建物の定期診断にドローンを活用します

そして足(?)を開くと…

相模原市で自然素材の健康住宅を提供する相陽建設は、建物の定期診断にドローンを活用します

これにカメラを搭載し、建物を上から撮影することで、屋上や屋根の状態がひと目でわかりです。「建って何年も経つのにきれいな状態が維持されてますね」とか「ここにちょっと劣化が見られますね、このままだと危ないので対策したほうがいいですよ」とか。今までだったら「超」が付くほどなが~く伸びる自撮り棒みたいなもので見ていたものも、これだとよりお手軽に見ることができます。
相陽建設株式会社では、お引き渡し済みの建物の状態を確認する“建物の定期診断”を行っています。平成が幕を閉じる直前に駆け込み導入したこのドローンを使うことで、より目の届きにくい場所にも目配せができるようになりました。平成に世に出た強力な味方です。

ところで、今回のブログのタイトルは何かといいますと、ドローンから思い浮かんだあの歌の一節。♪飛んで飛んで飛んで飛んで飛んで飛んで飛んで飛んで飛んで回って回って回って回る~ぅ~、っていうあの歌ですね。よくよく考えたらドローンの場合 ♪回って回って回って回って回って回って回って回って回って飛んで飛んで飛んで飛ぶ~ぅ~、なわけですが。
僕世代だとこの歌は蚊取り線香CMのイメージなんですけど、そのCMが流れていた年にすらまだ生まれていなかった現社会人も、今ではもう(もちろん弊社にも)いるんですよね。昭和は遠くなりにけり。そのうち「平成も遠くなりにけり」なんて言い出したら俺ももう完全におっさんですわ、注意しなきゃ。「令和も遠くなりにけり」と言い出す頃にはもう手の施しようがないほど死期が近づいていると思います。

Continue Reading